白土城/福島県いわき市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
白土城は岩城氏諸流白土氏の城でした。
訪問日は2016年7月30日です。

【1】白土城

平城から東へ走り、橋を渡って山の中へ。
細い道は勾配もカーブも急で怖かったです。
そんな山道を登る途中で、赤い鳥居が現れます。
その後ろには、細い尾根が階段状に連なっています。
この上に花地稲荷神社があります。
登っていませんがあせる
神社が主郭北側の見張り台があった所です。

【2】白土城

怖い山道が一変し、パッと開ける場所に出ます。
この切通になっている所が、堀切の跡です。
左側の綺麗な擁壁は、お寺の敷地となっています。
この辺り一帯は平地が段々になっています。
その1つ1つが白土城の曲輪だったそうです。

【3】白土城

この切通の綺麗じゃない方に入っていく道があります。
はじめはそのまま載せようとしましたが・・・
地味すぎて文章だけでは表現出来ませんでした。
ということで、補助線入れてますw

【4】白土城

はい、いつもの風景ですクローバー
もともと草深いとの評判ですが、さらに真夏でしたのでw

【5】白土城

ちょっと進むと、ウワッと見上げる所があります。
確か、この上が主郭、だった気がします。

【6】白土城

草いっぱいですが、かなり広いことだけはわかります。
真夏なのでこれ以上深入りは出来ず。
このずっと奥に、最初に見た神社があるそうです。


◆歴史◆

長友館の岩城隆忠が移り居城としました。

築城年代は不明です。
元々は岩城清胤の居城でした。
長友館の諸流・岩城隆忠が攻め落とし、こちらに移ったそうです。
これは、岩城清胤が建てた龍門寺の寺伝にあります。

大館城を調べた時は、岩城隆忠は白土隆弘の孫と出てきたのですが・・・
岩城氏では鎌倉時代にも惣領の入れ替わりがありました。
そのため系図に混乱があるそうです。

岩城氏惣領としては岩城常朝(=白土孝弘)→岩城清胤→岩城隆忠です。
そのままつなげると、孫ということになります。
もしかしたら、岩城隆忠の父親が、岩城清胤と兄弟だったかもしれません。
・・・と、いろいろ想像するしかありませんあせる

岩城隆忠は伊賀氏を傘下に収め、同族の岩崎氏を滅ぼしました。
勢力を拡大した岩城氏は、白川結城氏や石川氏の領地も蚕食しました。
常陸の雄・佐竹氏とも争うなど、この頃が全盛期でした。

岩城隆忠の子・親隆か孫・常隆の代に、大館に居城を移しています。
その後、1602年に岩城氏が改易された時に廃城となりました。


所在地:福島県いわき市平北白土古宿

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ