平城/福島県いわき市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
平城跡はいわき駅の前にありますが、大部分が私有地です。
訪問日は2016年7月30日です。

【1】平城

平城の北側を馬蹄形に囲む堀跡です。
私は1つ道を曲がり損ね、なかなか曲がれませんでした。
ようやく右折して住宅街を走り、辿り着いたのがココでした。
iPhone様で現在地を確認していたら、地元の方に声を掛けられました。
城跡を見に来たと言うと、丁寧に道を教えて下さりました。
「超高速参勤交代の舞台だよ」とも。
帰宅してから見ましたが、とても面白い映画でした^^

【2】平城

ちょっと高い所から見た堀跡です。
地形をそのまま使ったのか、それとも掘ったのか。
水戸城の堀に匹敵する規模の水堀です。
10万石で?と冷静に考えれば、地形を利用したと考えるのが自然かも。

【3】平城

北から下り、南側のこの階段を上がりました。
この通路が無ければ、かなり遠回りさせられたと思います。

【4】平城

長い階段を上がった所です。
左側がちょっと高いなぁなんて思っていると、大きな石がゴロゴロ。
ここは元々は石垣があった所ですが、大地震で崩れてしまった所です。

【5】平城

ここに来て初めての石垣様ですラブラブ
しかし、事前に見てきた写真の半分程の高さしかありませんでした。

【6】平城

階段を上がって左に曲がると、それっぽい門が見えました。
この門の中が本丸跡の広場です。
わぁ、開いてるラブラブと、灯に蛾が吸い寄せられるように入りました。

【7】平城

入ってすぐの所に案内図がありました。
「ご案内」の下に「磐城平城本丸跡地」と書かれています。

【図】平城
拡大表示

お約束どおり、いただきます!
図は北が上です。
私は当日、最後の最後まで自分の位置を把握出来ていませんでした。
図の設置されている位置は西側なので、方角を考えないと迷います。
ただ、じっくり考える間も無く、近くに居た方に声を掛けられました。
何かの準備中らしく、関係者以外は入っちゃダメだったそうで・・・
名残を惜しみつつ、大人しく出ました。
後から案内図の写真をよく見たら「私有地です」と書かれていましたあせる
改めてググってみると、イベントの時だけ入れそうな感じです。

【8】平城

とりあえず周りを見ようと、広場の外に沿って進みました。
東側へ進むと広場があり、駐車場となっていました。

【9】平城

その端っこに、足元が石垣の土塁がありました。
外側は道が下っているので、どうやら門跡の内側のようです。

【10】平城

その外側です。
門跡っぽかったので、道を挟んで両側を写しています。
右側がブロック塀だったので、真っ白にすっ飛んでしまいましたがあせる
ここが平城跡の石垣で一番の見所だったようです。
事前に見てきた写真は、ここの石垣もこの倍の高さがありました。
ということで、門脇の櫓台の石垣だったようです。
先ほどの案内図で「塗師櫓石垣」と書かれているのがココです。

最後まで自分の位置を把握しておらず・・・
めぼしい石垣を見た所で満足して、次の城跡へ飛んで行きました。
今こうやって改めて図を見ると、東側の堀を全く見ていませんあせる
これから訪ねる方は、しっかり堀跡を堪能して来て下さいw


◆歴史◆

1603年に鳥居忠政により築城が開始されました。

鳥居氏というと山形城を思い出すのですが、その前に居たのがココです。
関ヶ原の戦が終わると岩城氏が追放され、鳥居忠政が配置されました。
鳥居忠政は徳川四天王・鳥居元忠のあとを継いだ武将です。
岩城氏の居城には入らず、新たに城を築きました。
また、地名を「岩城」から「磐城」に改めました。
12年の歳月を費やして、平城は完成しました。
1622年、鳥居忠政は最上氏が改易された山形22万石へ移りました。

内藤政長が磐城平藩主となりました。

内藤政長の父・内藤家長は、鳥居元忠とともに伏見城で戦死しています。
そういう意味で、鳥居氏とは深い縁のある徳川譜代の家柄です。
某映画の湯長谷藩は、2代藩主が1670年に次男に分与した1万石の支藩です。
内藤家は1738年の元文百姓一揆が原因で、1747年に日向延岡へ移りました。

1747年~58年は井上正経が藩主でした。

時期が短いため、史料が殆ど残っていないそうですあせる

1758年、安藤信成が藩主となりました。

美濃加納藩から安藤信成が移って来ました。
以後、明治維新まで安藤氏が藩主を務めました。
5代藩主・安藤信正は老中まで昇進しましたが・・・
1862年の坂下門外の変で失脚し、領地も4万石まで減らされました。
しかし、戊辰戦争では奥羽越列藩同盟につき、新政府軍に抵抗しました。
そのため、1868年に平城は戦火で焼失しました。


所在地:福島県いわき市平

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ