住吉館/福島県いわき市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
住吉館は遍照院というお寺の背後の台地上にありました。
訪問日は2016年7月30日です。

【1】住吉館

お寺の東側に広い空き地があり、車はそこに停められます。
この空き地の台地側に、朱い鳥居の社があります。

【2】住吉館

小さな神社の背後から、木々の間へと入っていく道があります。
この道から住吉館跡の台地上に登ることが出来ます。

【3】住吉館

登って来る道は、この台地を東西に分ける堀の跡です。
左側の広い方が主郭、右の細長い方が二郭です。

【4】住吉館

普通に歩いて入る感じなのが、左側の主郭です。
上がってすぐの光景です。

【5】住吉館

この広い曲輪の真ん中に、石碑と説明板があります。
石碑は大きく撮ってなかったので拡大したら、忠魂碑でした。
説明板は、住吉館について簡単に書かれています。

【6】住吉館

北側には、分厚い土塁が巡っています。
古い時代の館跡なので、構造は至ってシンプルです。


◆歴史◆

磐城判官・平政氏の居館だったと伝わります。

平将門の子孫・平政氏が、賊討伐の恩賞として領地を与えられました。
そこで居住したのが、ここ住吉館と伝わります。
平政氏の跡を子の平政道が継ぎましたが・・・
桜狩りの帰りに姉の婿・村岡重頼に殺されてしまいました。
そこから平政道の子、安寿姫と厨子王の逃避行、仇討へと話が続きます。

これは森鴎外の『山椒太夫』で広く伝わった話だそうです。
読んでませんけどあせる
江戸時代の「さんせう太夫」を元に書かれたものだそうです。
この話をマジで追っかけた方が居たようで・・・
『岩磐史料叢書』で「岩城判官政氏は国史に見えず」としています。
「小説に陸奥国の太守なりと云えリ」とも。
小説上の人物で実在はかなり疑わしい、という事のようですw

住吉館の構造自体はシンプルで、かなり古い感じがします。
年代的には磐城判官の頃と合致しているのかもしれません。


所在地:福島県いわき市小名浜住吉

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ