中崎城/宮崎県日之影町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
中崎城は三田井家の重臣・甲斐宗摂の居城でした。
訪問日は2018年12月30日です。

【1】中崎城

県道209号から城跡へ上がる道がココです。
現在この県道は、ココから西が「当面の間」通行止めとなっています。
東側にも通行止めと書かれていましたが、ココまでは通れました。
これから訪ねる方は、東側から行かれることをお勧めします。

【2】中崎城

道端には、小さく「中崎城址600m先」の案内があります。
しかし、目立たない茶色な上に、葉っぱに囲まれています。
冬以外は見えない、ステルス案内っぽいですあせる

【3】中崎城

林道を登って行くと、城跡の前に説明板があります。
登る側からは木陰で見えづらく、振り返るとこんな感じに見えます。

【4】中崎城

ここから城内に向かって道があります。
幅も広く、傾斜も緩やかで、4WDなら車でも通れそうです。
私見ですが、この道は後世に通されたものと思います。
通りやすい道がいきなり主郭につながっていますからw

【5】中崎城

道を登ったピークがココです。
ここで道が分岐して、左が城跡です。
城の入口なのに、まったくそんな感じには見えません。

【6】中崎城

入口から入った平坦面が主郭です。
狭く見えますが、手前1/3が杉林だからです。



『宮崎県中近世城館跡緊急分布調査報告書』の縄張図を見ながら散策。
東側の腰曲輪は、木が茂っていて見晴らしは×ですクローバー
小さな曲輪が段になっているような気がします。

【7】中崎城

主郭奥はススキ伸び放題ですが、この先にも平坦面が続いています。
城跡を整備しようと木を伐り、そのまま放置?といった感じです。

【8】中崎城

この草原の真ん中に、甲斐宗攝居城の標柱があります。

【9】中崎城

反時計回りに主郭外周を回ると、北側にも腰曲輪があります。
こちらは木陰なので、下草が無くとてもよく見えます。
手前右が1段目で、その下にもう1段あります。

【10】中崎城

上の段の腰曲輪です。
そこそこの広さがあり、綺麗に削平されています。

【12】中崎城

北側の腰曲輪から主郭へ。
さらに半時計回りに進むと土塁があります。

【13】中崎城

さらに進み、南側には下りていく道があります。
ここが本来の虎口のようです。

【14】中崎城

ここから細い道を下ると途中で折れ、下の広い道へ。
しかし、道は途中で切れていて、下りることは出来ません。

【15】中崎城

下の広い道から見ると、先ほどの道の下側は削れて無くなっています。
そのため、ここから城内へ行くことは出来ません。
たぶんですが、広い道を通した時に削ってしまったんだと思います。


◆歴史◆

甲斐宗摂の城でした。

甲斐宗摂は高千穂の領主・三田井氏の家老でした。
元亀~天正(1570~90年代)に中崎城を築いたとされます。
元々は大人城主で、古来から続く人身御供の風習を止めさせています。
これが元で、三田井氏と仲違いしたなんて説もありますが・・・
地元の人には感謝され、今でも毎年大人歌舞伎が奉納されています。

甲斐宗摂は甲斐宗雪とも表記されますが、出自不明の人物です。
肥後の甲斐宗運の次男だ、なんて言う人もいるそうです。

1591年、甲斐宗摂が高橋元種に内通しました。

主家の三田井家は、1577年の伊東崩れの後は島津家に従いました。
翌年の耳川の戦では、島津軍の先鋒として活躍したそうです。
1587年、島津家は豊臣秀吉に攻められ降伏しました。
三田井家も降伏したのですが、領地については音沙汰無しでした。
そこで領地を接する延岡藩の高橋元種が、三田井親武と協議。
高橋元種が大坂城へ赴いて、豊臣秀吉に確認することになりました。
高橋元種は豊臣秀吉に、三田井親武に謀反の疑いがあると讒言。
その結果、三田井家の処置が高橋元種に一任されました。
高橋元種は三田井親武を攻めますが、容易には降せませんでした。
そこで、家老の甲斐宗摂を調略し、仲山城の寝こみを襲わせました。
当主の寝首を搔かれた三田井家は軍門に降り、戦は終わりました。

1595年、高橋元種に攻められました。

高千穂領を手に入れた高橋元種の謀略は、これで終わりませんでした。
高千穂には依然三田井氏が居り、甲斐宗摂も健在です。
なぜ寝返ったのかは???ですが・・・
1595年、今度は甲斐宗摂が謀反の疑いをかけられ攻められました。
中崎城を攻め落とされた甲斐宗摂は、鶴の平という所で自害しました。

甲斐宗摂亡き後、三田井鎮信も高橋元種の謀略に晒されます。
讒言を信じた三田井鎮信は、弟2人を相次いで処刑しました。
その後は酒色に耽るようになり、1598年に若くして世を去りました。

逆巻きで考えると、甲斐宗摂は高橋元種にとって邪魔だったようです。
開墾や治水、迷信打破などにより、甲斐宗摂は領民に慕われていました。
高橋元種が領民に受け入れられず、甲斐宗摂待望論が出ていたのかも。
もしかしたら、主家を継いだ三田井鎮信と仲直りしていたかもしれません。


所在地:宮崎県西臼杵郡日之影町岩井川

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ