銀鏡城/宮崎県西都市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
銀鏡城は、米良氏のはじめの居城とされます。
訪問日は2018年12月31日です。

【1】銀鏡城

銀鏡は「しろみ」と読みます。
由来は神社の御神体である鏡なのだそうです。
城跡への目印はこの山の駅銀鏡です。
ここから歩きです。

【2】銀鏡城

山の駅の壁には、近隣の案内図があります。
その右の案内図がこちらです。
大まかには銀鏡城と銀鏡神社がメインのようです。

【3】銀鏡城

城跡周辺を拡大します。
この案内図では、橋を渡ってすぐ左へ。
下りて来たら、別の所から道に出るよう描かれています。
これ、現場でとてもヒントになりました。

【4】銀鏡城

城は川沿いにありました。
川側はごらんの通り、断崖です。
まさに天然の堀です。

【5】銀鏡城

橋を渡ってすぐ、左に入る道があります。
しかしこの道、竹の柵で通せんぼされています。
獣避けという感じでもなく、人の手でも開きません。
まさか、立入禁止?という表示もなし。
ちょい困惑です。

【6】銀鏡城

城跡の方を見ながら更に進むと、山に入っていく道ありました。
それがココです。

【7】銀鏡城

バリケード等は一切無く進むことが出来ます。
山に上がる道は、このように石垣が組まれています。

【8】銀鏡城

ここに「腹目石」があります。
案内図の①なので、こちらで合っているようです^^
この石を撫でると安産のご利益があるそうで・・・
撫でました(/ω\)

【9】銀鏡城

石垣の間の石段を上がると、かなり広い所に出ました。
奥には石垣で固められた坂道が見えます。
その前に、広場の真ん中に何かの案内表示があります。

【10】銀鏡城

近づいて見ると、銀鏡城と書かれていました。
この広い場所がお城の中心部だった、という事のようです。

【11】銀鏡城

階段を1回上がって終わりでは味気無いので、もうちょっと攻めました。
藪を掻き分け汗臭く!泥臭く!が染み付いて来たのでしょうかあせる

【12】銀鏡城

幅の狭い細尾根状の石垣の真ん中に、祭壇っぽい所があります。
ここに例の案内表示。
近づいて見ると「米良初代、二代領主の墓所」と書かれていました。
「お邪魔してます!」と、手を合わせてご挨拶しました。

【13】銀鏡城

更に上がると、今度は曲輪の端っぽい石垣が現れました。
城だった時に積まれたものかどうかは?ですが・・・

【15】銀鏡城

上から見ると、少しずつ段になっています。
建物をここに建てるという感じの段ではない感じがします。

【16】銀鏡城

右手に広い平坦地の段を見つつ、道は更に上に続きます。

【17】銀鏡城

鳥居の手前まで上がると、かなり広い平坦地があります。
一番上は草が少ないですが、下の二段は草ボーボーです。

【18】銀鏡城

広い曲輪の脇を上がると、鳥居の間に案内表示が現れます。
これはモミの巨木の案内で、すぐ後ろの木がそれです。

【19】銀鏡城

階段を90度曲がって上がると、六所稲荷神社があります。
山自体はまだまだ先がありますが、道はここまで。
米良のお殿様は、ここで暮らしていたのでしょうか。


◆歴史◆

米良氏の初期の居城でした。

米良氏は菊池能運の嫡男・米良重次を祖とする一族です。
菊池能運は1501年、大叔父・宇土為光に敗れて肥後を出ました。
この時、隠すように妻子を米良の山中に送りました。
1503年、菊池能運は大敵・宇土為光を激戦の末に討ち取りました。
しかし、この時の戦傷により1504年、23歳の若さで世を去りました。
以後の菊池家は、一族が養子となり継ぎますが、弱体化しました。

菊池能運の幼子は、叔父の米良重房が中心となって盛り立てました。
銀鏡を拠点に周辺の集落を支配下に置き、次第に勢力を拡大しました。
子の代になると平野城、山陰城、紙屋城、穂北城を加えています。
某サイト様の系図では、三代目から米良城主と書かれています。
「米良城」は村所城の別名です。
城跡のお墓が初代と二代だったのは、そういう事なのかもしれません。
米良重次は1551年、55歳で没しています。


所在地:宮崎県西都市銀鏡

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ