石ノ城/宮崎県木城町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
石ノ城は新納石城とも呼ばれた伊東四十八城の1つです。
訪問日は2018年12月30日です。

【1】新納石城

石ノ城は魚の尻尾みたいな形をしており、西側だけが陸続きです。
ここは南側で、ダムが右側に映っています。
この城を攻めた島津軍は、川に大木を投げ込んで渡ったそうです。

【2】新納石城

今度は陸続きの西側から攻め込みます。
一番付け根の所で、城跡へは左の道を進みます。

【3】新納石城

ここの左右の脇が、堀切状になっています。
西側に「堀切の名残」があるそうですが、場所がわからず。
ここで合ってますでしょうか?

【4】新納石城

城跡への道はこの1本。

【5】新納石城

車道の脇に、細長い地形が続きます。
この上をずっと歩きましたが、溝が1本通っていました。
この溝は昔からあったのか、近代に掘られたのかも?ですあせる

【6】新納石城

途中で道が右から左へ移る所があります。
切通になっていますが、堀切っぽくも見えます。
西側の堀切は大きかったそうですが、ここでしょうか?
誰もちゃんと紹介してないので、どこもかしこもそう見えますあせる

【7】新納石城

もうすぐ城跡です。
右側の細くて高い何かも、車の所で同じ高さまで下りてきます。

【8】新納石城

尻尾の付け根部分は狭いですが、この先は平らになります。
その入口に「日向新しき村」の石碑が建っています。

【9】新納石城

新しき村の入口には、何だかわからない窪みがあります。
池の跡でしょうか?

【10】新納石城

内部は広大な平地です。
歩いていても、全く城跡という雰囲気はありません。
とりあえずグルっと一周しようと、奥まで進みました。
一番奥まで進むと、イヌっころが駆け寄って来ました。
じゃれに来たのかな~♡?なんて思っていたら・・・
30メートル程先で立ち止まり「グルゥゥゥゥ」と低い唸り声。
これ以上進むのは危険だと思い、車に戻りました。
100メートル程戻った所で振り返ると、御イヌ様も帰還中でした。
しかし、私が立ち止まったのに気づいたようで、御イヌ様Uターン。
やべぇやべぇと車へ戻りました。
動物の感覚って凄いですねあせる


◆歴史◆

永禄年間(1558~70年の間)の城主は長友源次郎でした。

築城時期は不明です。
長友源次郎についても何もわからず。
長友姓は宮崎県に多い苗字なのだと、苗字由来のサイト様で見ました。
大昔は「大伴」で、天皇の名前を憚って「中伴」に変更。
その後、転訛して「長友」になった、らしいです。

1578年、島津軍に攻められ開城しました。

1577年、伊東義祐は島津軍に追われ、豊後へ落ち延びました。
1578年、豊後の大友宗麟は、家臣団の反対を押し切り日向に出兵しました。
これに先立ち、3月に伊東家臣・長倉祐政が石ノ城に立て籠もりました。
7月に島津軍が7000人で攻めましたが、伊東軍が守り切りました。
9月にも島津軍が1万人で攻め、10日程耐えましたが開城しました。
島津軍は伊東軍の奮闘を称え、酒や食糧を贈ったそうです。
この時に城を守った長友祐政は、翌月の耳川の戦にも参戦しました。
しかし島津軍に大敗したため、次男と共に自害しました。

1918年、武者小路実篤が新しき村を作りました。

ここで6年間暮らしながら、文筆活動をしていたそうです。
新しき村は、自活しながら高みを目指すような感じの所のようです。
よくわかりませんが・・・
1938年にダムで一部水没することとなり、村が群馬に移転しました。
それでも一部の方が残り、今でもここで暮らしているそうです。


所在地:宮崎県児湯郡木城町石河内

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ