上野城/宮崎県美郷町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
上野(うえんの)城は伊東四十八城の1つで、上円野城とも表記されます。
訪問日は2018年12月30日です。

【1】上野城

城跡の南にある大雄寺です。
段差といい立派な門といい、心惹かれるものがありますラブラブ
このお寺に城主様の記録やお墓もあるそうです。

【2】上野城

城跡とされるのが、お寺の北北西にあるこの小さな丘です。

【3】上野城

上がった所は堀跡で、奥の3メートル程高い所が墓地となっています。

【4】上野城

墓地から空堀を見た所です。
幅15メートル程の箱堀です。
段差をつけた曲輪のようにも見えます。

【5】上野城

主郭は堀の南にある比高10メートル程の高台です。

【7】上野城

こちら側から見て上がる道はありません。
この小さな丘に上がる道は1本だけでした。
もう他に選択肢はなさげです。
・・・割と決断が早くなって来ましたあせる

【8】上野城

城キチ奥義で登り切ると、上は果樹園のようです。
外周は土塁は付いていませんでした。

【9】上野城

主郭の南西側に、通路がありました。
城塁に沿って、時計回りに回り込むようになっています。
下りていくと、民家の庭先を通って舗装道に出ました。

【10】上野城

城跡としてもう1か所、候補になっている場所があります。
それが現在西郷中学校となっている高台です。
写真は北側の西郷図書館脇から撮りました。
広さも高さも、こちらの方が城として向いているように感じます。
先ほどの場所は、この写真の右端の奥になります。

【11】上野城

中学校の正門です。
何かそれっぽさが感じられます。
多分、目がやられちゃってるのかもしれませんけどあせる


◆歴史◆

ググっても何も出てこないため、ほぼ某大聖典通りです。

田代太郎により築かれたと伝わります。

お墓に刻まれた没年は1176年だそうです。
平安時代にはすでにあったという事ですね。

室町時代は箆々尾氏が城主でした。

大雄寺には箆々野弾正が本堂を再建したという記録があるそうです。
この箆々野弾正が没したのが1505年です。
『日向記』では、永禄頃は箆尾彦三郎が城主と記されています。
「箆」は見慣れない字ですが「の」と読みます。
城主も「箆々野」「箆々尾」「箆尾」などと表記が色々あります。

尚、この頃は「田代三方領主」の1人として名が挙がります。
軍事行動は常にこの三人がセットで動いていたようです。

1577年、島津軍に降伏しました。

島津義久が日向に侵攻し、伊東義祐が豊後へ逃れました。
この時、田代三方領主たちは島津軍に降伏したようです。

1578年、大友軍に寝返りました。

大友義鎮が日向に侵攻した際に、伊東旧臣が大友軍に寝返りました。
この時に田代三方領主も同調し、大友軍に寝返りました。
しかし、耳川の戦で大友軍が島津軍に壊滅的大敗を喫します。
東にある山陰城には島津家臣が入りました。
この辺りも島津家の領地になったと思われますが、?ですあせる

延岡藩の領地となったものと思われます。

田代三方領主以降、直接的な情報は見つかりませんでした・・・
神社の情報見てると、内藤氏が領主だったと書かれていました。
内藤氏は江戸時代の延岡藩主です。
そういう事なんだと思います。


所在地:宮崎県東臼杵郡美郷町西郷田代

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ