仲山城/宮崎県高千穂町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
仲山城は高千穂を支配した三田井氏代々の居城でした。
伊東四十八城に挙がっている「高知尾城」の有力候補です。
まだそうだと比定はされていませんがあせる
訪問日は2018年12月30日です。

無断立入禁止のため、許可を頂いて見学させて頂きました。
 年末の早朝にも関わらずご対応頂き、ありがとうございました。


【1】仲山城

仲山城跡は現在、民間のキャンプ場となっています。
出入口付近には、無断での立ち入りを断ると何度も表示されています。
事前にこの事を知っていたため、許可を頂き見学させて頂きました。
キャンプ場入口から入ると、かなり広い平地になっています。
ここが城内で一番大きな曲輪でした。
オーナーの方曰く、入手した時ここは田んぼだったそうです。

【2】仲山城

ここから高千穂市街方向を見た所です。
すぐ下には数段の田んぼがあります。
おそらくこれらも曲輪だったと思われます。

【3】仲山城

反対側は、山に囲まれた平坦地が続いています。
オーナーの方曰く、城主の館はこの奥の方にあったそうです。
郷土史家の先生に連絡をとって下さったそうで、色々教えて頂きました。

【4】仲山城

高千穂太郎のお墓が西の森の中にあると教えて頂きました。
広場的な曲輪からそちらへ向かうと、左斜め手前に上がる道があります。
・・・ここも城跡らしい地形に見えてきました!

【5】仲山城

上がった所に、城址碑と説明板があります。
本当はお客様向けのサービスなのでしょうけど・・・
感謝の言葉しかありません。

【6】仲山城

背後から市街方向を見た所です。
ちょっとだけ城主様視線を味わって見たかったんです♡
ここが主郭のようです。

【7】仲山城

祠の後ろにも平坦地が続いていたので見てきました。
土塁などはありませんが、細長い平坦地が続いています。

【8】仲山城

元の道を奥へ進むと、左から道が合流します。
この地形、絶対に虎口ですね!

【9】仲山城

反対側から見るとこんな感じです。
キャンプ場への入口は後付けで、城の入口はここだったようです。

【10】仲山城

元来た道を振り返ります。
青と赤の何かの左に、白い標柱が立っています。
かすかに「仲山城跡」の文字が読み取れました。
この上が、先ほど見た細長い曲輪です。

【11】仲山城

虎口じゃない方へ更に進んだ所がココです。
左手前に土塁があり、奥に向かって細長い平坦地が続きます。

【12】仲山城

想定外でしたが、お墓のあるココも曲輪のようです。
後から『宮崎県中近世城館跡緊急分布調査報告書Ⅱ』の縄張図を見て納得。
ちゃんと曲輪のように描かれています。
印刷して現地に持参したのに、気付いていませんでした。
高千穂太郎のお墓にご挨拶して、次の城跡へ向かいました。


◆歴史◆

戦国時代まで三田井氏の居城でした。

平安時代までは、三毛入野尊の子孫と伝わる三田井氏が領主でした。
天慶~天暦の間(938~956年)に、大神氏から養子が来て継ぎました。
大神氏は豊後にある宇佐八幡宮の大宮司一族ですが、経緯は不明です。
養子となったのはその嫡男で、高千穂太郎政次と名乗るようになります。
高千穂氏は、鎌倉時代末頃から三田井姓を名乗るようになります。
仲山城がいつ築かれたのかは不明です。

伊東家→大友家→島津家の順に従いました。

三田井親好は、伊東義祐に従っていました。
当時、伊東義祐は縣(延岡)の土持親成と争っていました。
この両者の縁組をとりもち、和睦につなげたのが三田井氏でした。

1577年、伊東義祐が島津義久に敗れ、豊後へ逃れました。
すると、元々伊東家と争っていた土持親成が島津家に味方します。
島津方として、土持親成は伊東家領地の切り取り次第を始めました。
土持親成は高千穂方面にも攻め込む勢いでした。
三田井親好は伊東義祐の盟友・大友義鎮(宗麟)を頼ることとしました。
大友宗麟は伊東義祐の歎願を聞き入れて日向に侵攻。
土持親成を捕えて自害させ、さらに島津軍との決戦に挑みました。
しかし、1578年の耳川の戦で、大友軍は壊滅的大敗を喫します。
以後、大友家は島津家に圧迫され、次第に勢力を弱めました。

1585年、三田井家は島津家に人質を出して臣従しました。
1586年、戸次川の戦では、三田井家が島津軍の先陣を務め活躍しました。

1591年、三田井家が高橋元種に滅ぼされました。

1587年、豊臣秀吉が島津家を討伐し、島津家は降伏しました。
三田井家も豊臣秀吉に降伏しましたが、領地が宙に浮きました。
高千穂が安堵される訳でもなく、高橋元種に与えられた訳でもなし。
これは事務方のミスだったようです。
高橋元種は三田井親武と協議の上、豊臣秀吉の判断を仰ぐこととなります。
しかし、高橋元種は豊臣秀吉に三田井親武が謀反を企んでいると讒言。
そのため、豊臣秀吉は高橋元種に三田井氏の処置を命じました。
高橋元種は三田井家重臣・甲斐宗摂を寝返らせ、三田井氏を滅ぼしました。
生き残った三田井一族は許され、高橋家に従うこととなりました。

その後の三田井氏

高橋元種との戦で、三田井親武は甲斐宗摂に寝首を掻かれました。
家督はその嫡男・三田井鎮信が継ぎました。
しかし、三田井鎮信は讒言を信じて弟達を次々殺害。
自身も酒色に耽るようになり、1598年に病没しました。
高橋元種に都合良く物事が進んでいるような気がしますあせる
高橋元種は、三田井家を裏切った甲斐宗摂も1595年に滅ぼしています。


所在地:宮崎県西臼杵郡高千穂町向山

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ