木脇城/宮崎県国富町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
木脇城は伊東四十八城の1つで、伊東氏庶流木脇氏の城でした。
訪問日は2018年12月29日です。

【1】木脇城

木脇城は、住宅街のココ1箇所からしか攻められません。
ホームベース型の説明板がありますが、これが矢印も兼ねています。
・・・と思いますあせる
道ではなく小さな水路で、はじめは「ここ歩くの?」って思いました。
結論から言うと、Yes!!です。

【2】木脇城

数十メートル歩くと、普通なら「行き止まり」と思う場所に行き着きます。
チョロチョロ水路は終わり、土が崩れて胸の高さ程の段差があります。
ここで「もし登るならどっち?」と正面か右斜め前かの選択を迫られます。
どちらも道には見えず、歩こうと思えば歩けそうなライトな藪です。
「昔は道だったかもしれない」という素直な視点で、右斜め前を選択。

【3】木脇城

段差を上がってみると三日月形の平坦地で、左奥へ続いています。
さっきの段差は、どっちを上がっても良かったっぽいですw
その平坦地を「素直に」奥へ進むと、こんな感じになります。
写真では伝わり切れないですが、明らかに人が掘った道が奥へ続きます。
ただ、倒れた竹で塞がれていますけど・・・
もはや朽ち果てているので、踏めばアッサリ折れて前へ進めます。

【4】木脇城

途中で道の跡が倒木で塞がれますが、ライトな藪を上がります。
すると、目の前に堀切様がお姿を現しましたラブラブ
立札の所から10分で辿り着きました。

【5】木脇城

堀切の左側の方が若干低く、そっちが二郭のようです。
まずはそちらへ上がってみました。
堀切から見た二郭は、奥へ細長い形をしています。

【6】木脇城

堀切から見て右側(北側)の端には、高さ1メートル弱の土塁があります。
他の端には土塁が無いので、北側に備えた城だということがわかります。

【7】木脇城

ここも倒木がひどく、土塁上に生えていた木がごっそり倒れていました。
土塁の土ごとえぐって倒れており、あ~あな感じです。
そんな倒木の間を縫って歩きましたけどw

【8】木脇城

二郭上から見た堀切です。
堀切の奥は、杉の木が沢山倒れていました。

【9】木脇城

主郭の虎口です。
堀切に面した土塁が少し凹んでいます。

【12】木脇城

主郭の土塁も北側にあります。
こちらは人の背よりも高いですラブラブ

【13】木脇城

南側は4、5メートル低い所に帯曲輪が付いています。
その端には低い土塁があり、横堀っぽく見えます。

【14】木脇城

帯曲輪の下にも大きめな曲輪があります。
全般的に藪に覆われていますが、入ってすぐの所だけはこんな感じです。

【15】木脇城

さぁ、次行くゾ!で上から道を下ると、虎口がありました。
登って来る時に途中で倒木で遮られていた所です。
この倒木の所はやっぱり通れなかったので、藪の中へ避けて下りました。


◆歴史◆

木脇氏の城でした。

築城年代は不明です。
1198年、伊東祐時が日向各地に領地を与えられました。
その中の絹分が八男・祐頼に分知され、木脇氏の祖となりました。
室町時代に入ると伊東宗家も日向に下向し、都於郡城に入りました。
先に日向に土着した伊東氏庶流の多くは、宗家と対立して滅ぼされました。
しかし、木脇氏は娘を伊東祐重に嫁がせ、宗家側として活動。
伊東祐堯(1408-85)の代に木脇氏は断絶し、宗家から養子が入っています。

1434年、木脇城付近で桑津留の戦がありました。

1432年、島津軍が日向に侵攻し、河骨(飯田城付近)で伊東軍が勝ちました。
その2年後に伊東祐安が没すると、再び島津軍が日向に侵攻しました。
この時に戦場となったのが木脇城付近の桑津留でした。
戦は勝敗がつかず、伊東家が飯田を島津家に返すことで和睦しました。

永禄年間(1558~70年)の城主は福永民部四郎でした。

福永民部四郎の事績はググっても何も出てこず。
ただ「木脇城主」とだけ書かれています。
福永氏は伊東家の重臣で、伊東四十八城で4つの城の城主でした。
野尻城、高原城も城主が福永氏で、日向南部に多かったようです。

1577年、島津家の城となりました。

この時の伊東方の城主は?ですが・・・
島津軍が日向に侵攻し、伊東義祐が豊後へ落ち延びました。
木脇城は平田狩野介宗応が城主となりました。
平田宗応は島津義久の重臣です。
命日が慶長5年9月15日なので、関ヶ原に居たという事ですね。
子孫は薩摩藩の家老になっています。

1615年、廃城となりました。

1587年、豊臣秀吉が島津家を討伐後、高鍋の秋月種長の城となりました。
木脇城の城主はわからず・・・
1615年、元和の一国一城令により廃城となりました。


所在地:宮崎県東諸県郡国富町木脇

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ