臥竜城/福島県玉川村 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
臥竜城は、阿武隈川の東岸にあった大規模なお城だったようです。
訪問日は2016年7月31日です。

【1】臥竜城

超有名城キチ様のサイトを拝見し、訪ねてみました。
そこには壮大な堀と土塁が( ゚ ρ ゚ )
ただ、そこに至る道はとても細くわかりづらかったです。
というのも、集落の中の細道が曲がりくねっていたからです。
なので、私が辿った道を下の地図に赤線で入れました。
赤線のスタート地点がココです。

【2】臥竜城

ウネウネクネクネと細道を曲がりながら登りました。
ここまで来ると何となく「上がれそう♡」な気がしてきました。

【3】臥竜城

すると、開けた場所に出そうな雰囲気がしてきました。
某大御所様の図では、中心部が墓地でした。
お墓がボチボチ見えて来たので、ガッツポーズです(*´▽`*)b

【4】臥竜城

墓地の周りは畑になっていました。
これも、某大御所様の図の通りです。
その図では、ここが一番大きな曲輪でした。

【5】臥竜城

その北と南に見事な堀と土塁がある、ハズ!
そう思ったのですが・・・
季節は生きとし生けるものが生命力溢れまくる真夏クローバー
北側の堀と土塁は、深い藪に覆われて見えませんでしたあせる

【6】臥竜城

それと意外にキツイのは、現役の畑であるということ。
畑と藪には入れず、とりあえず通路を歩き回りました。

【7】臥竜城

大きな曲輪の南側にも、大きな堀に隔てられた曲輪があるハズ。
そう思って南側へ行けるだけ進んでみました。
しかし、その先はこんな感じ。
斜面があって下っているようですが、その先が全く見えません。
虫とか諸々が寝静まる真冬であれば、ここも入ってみたのですが・・・
堀や土塁などは、真冬に藪掻きすれば見られるかもしれません。


◆歴史◆

大寺氏により築かれたと考えられています。

ネット上にはほぼ情報が無いので、某大聖典から断片的に拾います。
『大寺家譜』で、大寺光祐が三男に龍崎村を分知したと記されています。
・・・と紹介されています
直接見聞きした事と伝聞は、区別しないと混乱しますからねあせる
大寺氏は、石川氏の祖・石川有光の長男を祖とする氏族です。
「龍崎村」が大字竜崎であれば、そこにある城館はここだけです。
ただし、『大寺家譜』には「滝見館」と書かれているそうです。
滝見館と臥竜城が同一の城館を指すのかどうかは不明だそうです。

戦国時代に二階堂氏に奪われました。

平安時代に石川郡一帯を領有した石川氏ですが、室町時代に衰退。
周辺勢力に次第に領地を蚕食されていました。
この辺りは北に二階堂氏がおり、石川氏と争っていました。
ココが二階堂氏に奪われたのは天文年間(1532~55年)と考えられています。
臥竜城主は、二階堂家臣・須田紀伊守だったそうです。
新たなキーワードが登場したのでググってみましたが・・・
「天文年間に臥竜城主だった」しか出てきませんでしたあせる

1589年、廃城になったと思われます。

1589年、伊達政宗により蘆名氏に続き、二階堂氏が滅ぼされました。
そのため、この時に廃城になったと思われます。
二階堂氏の須賀川城に石川家重臣の矢吹氏が入りました。
なので、もしかしたら石川家の家臣がココに来た可能性もあります。
ただ、その石川氏も翌年、豊臣秀吉の奥州仕置きで改易されました。
そのため、遅くとも1590年までには廃城になったと思います。


所在地:福島県石川郡玉川村大字竜崎字松ケ作

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス