藤田城/福島県石川町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
藤田城跡は、木の柵や櫓などが整備されています。
訪問日は2016年7月31日です。

【1】藤田城

藤田城は石川街道のすぐ脇にありました。
国道118号からちょっと入った所が城跡の入口です。
駐車場は無いと思いましたが・・・
二郭から下りる道があったのを思い出しました。
そう思い航空写真を見ると、道端に大きな空き地がありました。
ストリートビューで確認すると、藤田城矢ノ口の案内もあります。
地図に入れた黒線の国道沿いなら、クルマを停められそうです。

【2】藤田城

大手口から見た城跡です。
曲輪が段になっているのがはっきり見えます。
多分、ここからの見え方を何度も確認されたのでしょう。
木も丁度いい具合に切られていて、とても雰囲気がありますラブラブ

【3】藤田城

いよいよ城内へ入ります。
赤文字で「進入禁止」の文字が見えますが、大丈夫です。
その右の小さな文字は「関係車両以外」と書かれています。
裏を返すと、ここまでクルマで来れるという事でしょうか?
かなり細い道だったので、クルマだったら入る気しませんでした。

【4】藤田城

大手口からははっきりした道が見えませんでした。
そこで、正面の城塁から時計回りで外側を回りました。
草が刈られているので、とても歩きやすかったです。

【5】藤田城

城塁にそって奥に進むと、杉林になりました。
ここでもう行き止まりなのかと思いました。

【6】藤田城

城内方向を見上げると、元来た方向に木の柵が見えます。
あの角度は階段があるように見えます。
でも、ずっと城塁に沿って歩いてきて、上がれそうな所は無し。

【7】藤田城

というのは冗談で、ちゃんと道はありました。
整備された道の奥に「虎口」の文字が見えます。
窪んだ所を通っているので、両脇は土塁ということですね!

【8】藤田城

虎口の内側には、ちょっとしたスペースがありました。
奥に「三ノ郭」と書かれた板が立っています。
虎口を警備するための、武者溜まり的な曲輪のようです。

【9】藤田城

ここから階段があり、開けた場所に上がれます。

【10】藤田城

階段を上がった所が、いきなりですが主郭です。
三ノ郭から主郭なので、二ノ郭をすっ飛ばしています。

【11】藤田城

三ノ郭側からだと一番奥ですが、大手口からは手前側に櫓があります。
城塁に沿って、木の柵も巡らされています。
やり過ぎない程度に整備された城跡は、私大好きです恋の矢恋の矢恋の矢

【12】藤田城

櫓の脇からは、下にかなり広い曲輪が見えます。
これが二ノ郭です。

【13】藤田城

ニノ郭から主郭を見上げた所です。
右手前には、二ノ郭に入る門があります。
この門、防御力はゼロですねw

【14】藤田城

でもでも!
せっかくなので、門の外側からも撮りました。
この風景から木の柵と櫓を引いたのが、いつもの城跡です。
堀や土塁があまり無い藤田城ですが、この演出は大成功だと思います合格


◆歴史◆

平安時代に築かれたと伝わります。

具体的な築城年代は不明で、いくつかの伝承だけが残っています。
1つめは石川氏の祖・石川有光による築城説です。
前九年の役(1051~62年)の功により、源有光に白河郡が与えられました。
この時に藤田城を築いたとする説です。
源有光は石川姓を名乗るようになり、後に三芦城へ移ったといいます。
2つめは、石川有光の長男・藤田光祐が築いたという説です。
藤田光祐は後に大寺城へ移り、藤田城は支城になったというものです。
藤田光祐の子孫はのち、大寺姓を名乗るようになります。
いずれの説でも築城は平安時代中期~後期で、かなり古いお城のようです。

1582年、石川本家に没収されたかもしれません。

石川昭光と曲木信光が、大寺一族である塩沢高平の領地を侵しました。
これに反発した大寺清光が挙兵し、石川本家と衝突しました。
この争いで大寺清光は敗れ、中野・塩沢・山小屋の三ヶ村を没収されました。
藤田城のある所在地が大字中野なので、この時没収されたかもしれません。
大寺清光は石川昭光への恨みから、密かに二階堂氏に従うようになりました。

1590年、廃城になったと思われます。

豊臣秀吉の奥州仕置きにより、石川昭光は領地を没収されました。
この時に役割を終え、藤田城は廃城になったものと思われます。


所在地:福島県石川郡石川町大字中野字堀ノ内

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス