白石館/福島県浅川町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
白石館は来福寺脇の山中にありました。
訪問日は2016年7月30日です。

【1】白石館

国道から一直線の脇道に入った真正面が城跡です。
往時からこの道はまっすぐだったのでしょうか。
なかなか男気がありますw

【2】白石館

突き当りに石段があります。
石段がまっすぐ斜面・・・ということで、この先に神社があります。

【3】白石館

石段を登って振り返った所です。
斜面に沿って一面の田んぼがあります。
この田んぼが一番下の曲輪だったようです。

【4】白石館

石段の真ん中に鳥居があります。

【5】白石館

鳥居は踊り場のように、途中で平らになった所にあります。
横を向くとこんな感じで、どうやら帯曲輪のようです。

【6】白石館

もう少し上がると、石段の脇に横堀もありました。

【7】白石館

登り切った所には、村社八幡神社があります。

【8】白石館

社殿の左脇に立派な土塁があります。
神社のある所が2郭で、この奥が主郭なのだそうです。

【9】白石館

2郭と主郭の間の堀です。
主郭は鬱蒼とした藪の中・・・
流石に私でも中には飛び込めませんでしたあせる


◆歴史◆

石川家臣・白石氏の城でした。

ここを紹介されているのがお一人なので、詳しい事はわからず。
ただ「白石相模守晴光の居館」とだけ紹介されていました。
・・・萌えますメラメラ
ということで、ちょっとだけ頑張りました。
その「ちょっと」から大胆に推測すると・・・

・白石氏は平安時代は浅川の領主だった
・鎌倉時代になり領地を削られた?(浅川は浅利氏の領地となりました)
・石川氏に従っていた(石川氏と一緒に佐竹家、伊達家に仕えた)
という感じです。


「白石相模守晴光」で検索

①「里白石悲恋物語」(ザックリ)

白石相模守晴光の娘・桜姫は、家老の子・小太郎と幼馴染でした。
しかし、年頃になると会う機会が全く無くなりました。
そこで、久しぶりに夜こっそり会い、お互いに惹かれ合いました。
ただ、身分の差は如何ともしがたく、叶わぬ恋に小太郎が絶望し自害。
桜姫が後を追い、さらに乳母までもが2人の後を追ったという悲話です。

②何かの文の途中(超ザックリ)

是を始めとして奥州より佐竹に心を通じた味方は・・・白石相模守・・・
これによって石川の一門・・・が佐竹方となった。

・・・の部分には、石川昭光や浅川二郎の名も含まれています。
この後には、小峰義親が城を維持し難くなった事も書かれています。
文意から、1574年の出来事と思われます。
この年、小峰義親が石川昭光の居城・三芳城を攻め落としました。
しかし、石川昭光は小峰義親の敵・佐竹義重に臣従しました。
佐竹家の後押しで石川昭光は領地を取り戻しましたが・・・
石川昭光は甥っ子の伊達政宗とも敵対する立場となりました。

「白石相模守」で検索

①白山比咩神社(浅川町)
浅川の領主であった白石相模守朝光は、久安2年(1146年)加賀の国より、白山神社を勧請して白山比咩を建立した。毎年、大晦日には除夜の花火が打ち上げられ多くの参拝客が訪れます。

この神社は青葉城の北西の麓にあります。
浅川は1221年の承久の乱後から浅利氏(浅川氏)の領地となっています。
それ以前の浅川の領主が白石氏だった、という事ですね!

②初代登米邑主伊達(白石)相模守宗直は、慶長10~13年(1605-08)にかけて迫川へ流下する流路を遮断し、北上川の河道を二股川に合わせ、北上川上流部からの水をすべて柳津方面へ南下させるようにした。この流路変更とともに、大泉地点から長谷山地点までの堤防工事も行われた。

江戸時代初期の仙台藩の文書に、白石相模守の名が登場します。
白石氏は主家石川氏と共に、奥州仕置後は伊達家臣となったようです。


所在地:福島県石川郡浅川町大字里白石字出シ

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス