小谷山城/福島県北塩原村 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
小谷山城は伊達政宗が会津攻略のために築いた山城です。
別名の檜原城(ひばらじょう)と呼ばれる方が一般的です。
訪問日は2016年8月2日です。

【1】小谷山城

小谷山城の登城口は、檜原湖北岸の道沿いにあります。
檜原湖は明治時代に磐梯山の噴火で山が崩れて出来たのだとか。
したがって、伊達政宗はこの湖の事を知りません。

【2】小谷山城

湖のことはさておき、登城路はこんな感じで整備されています。
途中、道端には小さな堀切がいくつか見られます。
見えます、よね?w

【4】小谷山城

登城口から14分登った所で、道が二手に分かれます。
どちらからも主郭へ行けますが、見られる遺構が違います。
私はまずは右の新道から登りました。

【5】小谷山城

新道は城の東側にある横堀を登る道です。
所々でこんな感じに道が凹んでいます。

【6】小谷山城

こういう所に堀切がありますラブラブ

【7】小谷山城

横堀は主郭まで続いていて、こんな感じではっきり残っています恋の矢

【8】小谷山城

そのまま登り続け、登城口から25分で大きな堀切にたどり着きます。
この堀切は主郭と2郭を隔てるものです。

【9】小谷山城

堀切の新道側に虎口があり、主郭への入口となっています。

【10】小谷山城

主郭の内部です。
ふぅ~んって言った方は、罰ゲームです。
何やるかは自分で決めて下さい(`・ω・´)b

【11】小谷山城

主郭から堀切越しに見た2郭です。
何だかあっちの方が広い感じ。
あっちが主郭じゃないの?なんて思いましたが・・・

【12】小谷山城

2郭から主郭を見ると、土塁に阻まれて中が見えません。
狭いものの、一番高い所にあるのが主郭です。

【13】小谷山城

2郭の中を下ると、本来の登城路である旧道を通ることになります。
2郭から旧道への出口には、幾重にも複雑な虎口があります。

【14】小谷山城

会津攻めの拠点とはいえ、守りの事もちゃんと考慮されているようです。

【15】小谷山城

2郭下の虎口は、とにかく複雑な構造をしています。
3、4回うねうねと土塁の間を行ったり来たりを繰り返します。
こういうの、大好きです恋の矢恋の矢恋の矢

【16】小谷山城

虎口を過ぎると、横堀のないまっすぐな道となります。
とはいえ、新道同様に所々堀切が横切っています。


◆歴史◆

1585年、伊達政宗により築かれました。

1584年、会津の領主・蘆名盛隆が、黒川城内で殺されました。
蘆名盛隆の生後1か月の子である亀王丸が次の蘆名家当主になりました。
伊達輝宗は亀王丸の後見となり、家督を嫡男・伊達政宗に譲りました。

家督を継いだ伊達政宗は、父の政策を根底からひっくり返し始めました。
蘆名家では伊達政宗に対する警戒心が高まり、柏木城が築かれました。

翌1585年、伊達政宗は田村郡の大内定綱を攻めました。
大内定綱は蘆名家に和睦の仲介を依頼したのですが・・・
伊達政宗は蘆名家が大内定綱に肩入れしたとして、会津に侵攻しました。
この時に会津侵攻の拠点として築かれたのが檜原城(小谷山城)です。

伊達軍は、蘆名家が築いた柏木城を抜くことが出来ずに撤退。
会津で伊達軍に寝返った松本備中は、蘆名軍に討ち取られました。
伊達政宗は檜原城に後藤孫兵衛を城代として置きました。

1589年、伊達政宗が蘆名家を滅ぼしました。

1586年末に、蘆名亀王丸が疱瘡のため2歳で没しました。
よく「3歳」と書かれていますが、数え年なので今風に言えば2歳です。
1584年10月7日生まれ、1586年12月31日没ですからw

蘆名家には跡継ぎが居なくなり、佐竹義重が次男に蘆名家を継がせました。
周辺勢力には根回しをしたのに、伊達政宗には何も知らせませんでした。
そのため、佐竹義重と伊達政宗の関係が決定的に悪くなりました。

1588年末、猪苗代盛国が猪苗代城を乗っ取って伊達方に寝返りました。
自分で自分の城を?なんて思いましたが・・・
嫡男に譲った家督を「やっぱやーめた!」と奪い返したのでした。

1589年春には、大内定綱と弟・片平親綱が蘆名家から寝返りました。
大内定綱は戦上手で、片平親綱の城は会津攻略にはいい場所にありました。
この時期、田村郡には岩城・相馬連合軍が侵攻して来ていました。
しかし、片平親綱が寝返ると、伊達軍は行き先を会津に変更しました。
伊達軍は猪苗代湖北岸の摺上原で、蘆名軍と全面対決となりました。

兵力はほぼ互角だったのですが・・・
蘆名軍では蘆名四天の内、戦ったのが金上盛備だけという有様でした。
蘆名義広が家督を継いでからは、佐竹家臣が蘆名家中を仕切っていました。
そのため、旧来の蘆名家臣の多くは、出陣はするものの傍観していました。

総崩れとなり敗れた蘆名義広は、黒川城を捨てて常陸に逃げました。
そのため会津蘆名家は滅び、伊達政宗の領地となりました。
檜原城は会津侵攻の拠点だったため、役割を終えました。
檜原城主だった後藤孫兵衛は、北方城主へと転じました。
北方城はググっても出てきませんが、喜多方にあったと思われます。

その翌年、伊達政宗は豊臣秀吉により会津を没収されました。
1587年に発令した惣無事令に反したという理由です。
それでも改易されない所が、伊達政宗の凄い所だと思います。


所在地:福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字西吾妻国有林

福島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス