小牧山城/愛知県小牧市(2回目) | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
小牧山城は、織田信長が初めて築いたお城です。
昨年4月に続日本100名城に選出されました。
訪問日は2018年9月16日です。

【1】小牧山城

ここも11年ぶりに訪ねました。
前回は天守目当てでしたが、木々に覆われ上手く撮れず。
そのリベンジとスタンプ目当てでした。
前日が雨だったため、バイクではなくレンタカーで移動。
車は城跡の北東にある「北駐車場」に停めました。
そこから城内への入口がココです。

【案内図】小牧山城
拡大表示

上の写真の中に写っている案内図です。
せっかくなのでイタダキますw

【2】小牧山城

さて、入口から入ってすぐに異変に気付きました。
外側って、城キチの目には土塁にしか見えません。
こんな情報、無かったゾ!
うれしい誤算に喜びつつ、横堀で囲まれているんだと思いました。

【3】小牧山城
拡大表示

しかし、その思い込みもすぐに打ち破られました。
入口から入ってすぐの所に、目立つ説明板がありました。
そこには「帯曲輪」と書かれていました。
山城の外周を帯曲輪で囲むなんて、スケール大きいです!

【4】小牧山城

土塁で囲まれているなら、どこかにあるはず!
そう思って探したのが虎口でした。
案内図をよく見たらありました。
搦手口の虎口です。
外周の土塁を食い違いにしたものでした。

【5】小牧山城

そこから山上へ向かう遊歩道を登りました。
当初の思惑は、半周回って大手道から登るつもりでしたが・・・
予定は変更されるためにあるんですグッド!

【6】小牧山城

ここでもやはりスタスタ歩き、何人も追い越しました。
やっぱり山城ばかり行ってると、自然と脚力ついちゃうんですね。
生まれついてのせっかちな性分も加わり、近道に食いつきます。

【7】小牧山城
拡大表示

すると、遊歩道脇に虎口の説明板がありました。
曲輪でもないのになんで?と思いましたが・・・
さっきの帯曲輪の事もあるので、織田信長をナメてはいけませんw

【8】小牧山城

説明板のすぐ脇には、こんな感じで虎口クンが構えていました。
ちょっと反対側でも見るか!と入って行くと・・・

【9】小牧山城

結構長く続いていましたあせる
若鶏の城キチ的には、虎口というより堀底道といった感じです。
どこまで続くのか気になったので、ズンズン進みました。

【10】小牧山城

数十メートル進むと、下っていた道が登り道に変わりました。
ただ、道の真ん中に倒木が積まれていて進めず。
このまま進んでもキリが無さそうな感じがしたので、戻ることにしました。
人知れない未開拓の城跡なら、そのまま突き進むんですけどねw

【11】小牧山城

また落ち葉の積もる堀底道を登ろうとした時、目の前にこれが見えました。
やっぱり歩きやすい方がいいや!ということで、若鶏はそちらへ。
若鶏といっても、ひよこから羽毛が生え変わったばかりですけどw

【12】小牧山城

私が移った道は大手道の上の方で、さっきの道に合流。
そのまま登り、木々の間から天守が見えて来ました。
ゴールはもう目の前!

【13】小牧山城

しかし、目の前にはゴールを阻む誘惑がちらほら。
道端には「石垣の裏込石」がたくさん積まれていました。
表に貼ってある紙には「調査が終わったら戻します」と書かれていますが・・・
その日付が既に5年前でしたあせる

【15】小牧山城
拡大表示

1つ目の誘惑を乗り越え、いざゴールへ!
と思ったら、今度は石垣についての説明板がありました。
そして私を脇道へと誘い・・・

【16】小牧山城

こんな光景が現れましたヾ(*´∀`*)ノ
織田信長の城ですが、石垣はあまり多くありません。
黒い小人様、お誘いありがとうございましたラブラブ

【17】小牧山城

数々の困難と試練を乗り越えて、ようやく天守にたどり着きました。
前回は木々が邪魔でほぼ真下から撮りましたが、今回はバッチリです爆  笑
そして、お目当てのスタンプをゲット!!

続日本100名城スタンプ設置場所
【スタンプ】小牧山城 天守チケット売場
 開館時間 9時~16時半(入館は16時15分まで)
 休館日 第3木曜日(祝日の場合翌日)、12/29~1/3
 入館料 大人100円、小中学生30円

スタンプ薄いなぁ~と思い、10秒押し続けてもこれが精いっぱい。
噂通りのインクの無さでした。

【19】小牧山城

スタンプ回りはこんな様子。
そりゃ、インク無くなるよって感じです。
設置されてまだ半年経ってないのに・・・
目の前にチケット売りの人もいるのに、残念です。

【20】小牧山城

さて、登ったら今度は下りです。
せっかくなので、さっきとは反対側から下ります。
でも、「近道」の引力には逆らえませんあせる

【21】小牧山城

結果オーライですが、近道を通って正解でした。
斜面をまっすぐ下るので、途中の帯曲輪がよくわかりました。
本丸から数えること、3段の帯曲輪を見ることが出来ました。

【22】小牧山城

下りきった所がココです。
たぶん、遊園地というのはココの事かもしれません。
一応、遊具らしき物はありますので。

【23】小牧山城

そこから大手道を見に行ったのですが・・・
見上げてみたらこんな感じ。
いつも歩いている山道のようになっていました。

【24】小牧山城

見下ろしたらこんな感じ。
こちらも倒木で道が塞がれています。

【25】小牧山城

じゃぁしょうがないと回り道したら、こんなん見えましたラブラブ
復元したてのような、真新しい土塁と堀です。
古い案内図では、市役所の庁舎が描かれている場所です。
市役所の庁舎は、昨年道の反対側に移転。
その跡地にこれが復元されたようです。
この真ん前に説明板がありましたが、特にこいつには触れられず?でした。

【27】小牧山城

駐車場の反対側に下りて来たので、どちらから戻るかちょっと思案。
選択肢は①右回り②左回り③縦断の3つですが・・・
③は論外なので、遺構が見られそうな②を選択。
市役所前から東側を回ることとしました。

【28】小牧山城
拡大表示

すると、城跡の南東部でこの説明板を見つけました。
小牧山城は、小牧・長久手の戦で徳川家康が本陣を置いていました。
その時に構築された土塁についての説明板です。
どうやら、さっきの市役所跡地の土塁も徳川家康が築いたもののようです。

【29】小牧山城

東側にも帯曲輪がありますが、その中の1つに織田信長居館跡です。
そうとは知らずに通った若鶏城キチ、強運の持ち主のようですw
帯曲輪とはいいますが、超巨大畝状堀のように曲輪が連なっています。
こんな構造、他の城では見たことがありません。

【30】小牧山城

東側の虎口です。
こちらはちょっと破壊されているようで、入口が広くなっています。


◆歴史◆
以前の小牧山城のブログをご参照下さい。

所在地:愛知県小牧市堀の内

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス