大葉沢城/新潟県村上市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
大葉沢城は、西側が畝状竪堀で埋め尽くされています。
訪問日は2015年8月6日です。

【写1】大葉沢城

県道349号沿いに、城キチなら必ず立ち止まりそうな案内図がありますビックリマーク

【写2】大葉沢城
拡大表示

その図がコチラです。
見た瞬間「行きてー!!!」となりますラブラブ
堀切で挟まれた部分の片方だけ、竪堀で埋め尽くされています。
すごい竪堀に興奮しつつも、ちょっと大げさじゃないか?なんて思いました。

【写3】大葉沢城

駐車場から城跡方向を見た所です。
まずはあぜ道を通ってお寺を目指します。
このお寺、位置的には城主様の居館跡でしょうか?

【写4】大葉沢城

お寺の脇から、城内へ通じる道があります。
かなり綺麗に整備されているので、真夏に訪ねても大丈夫です合格

【写5】大葉沢城

登り切ると、道が左右に分かれます。
どちらに行くか、もう決まりましたよね?

【写6】大葉沢城

まずは畝状竪堀を見るため右へ。
すると、すぐに大きな堀切様に遭遇します恋の矢

【写7】大葉沢城

朝っぱらからアドレナリン大放出ですw

【写8】大葉沢城

畝状竪堀は、堀切の底を進んだ先にあります。

【写9】大葉沢城

堀底を進んで反対側の斜面に出ると、早速ありましたラブラブ
思っていた以上にハッキリ残っていてびっくり。

【写10】大葉沢城

道にしたがって進みますが、ずっとこんな感じです。
上の図は大げさな誇張ではなく、本当だったのです合格

【写11】大葉沢城

竪堀だけでこんなにパターンがあるのかという程、色々あります。
でも、竪堀って斜面の横移動を防ぐためのものだったような気が・・・
遊歩道は思いっきり横移動していますw

【写12】大葉沢城

ずっと竪堀が続いた道が、この堀切で遮断されます。
堀切に沿って反対側に進みます。

【写14】大葉沢城

Uターンする感じで登り坂となり、その奥に雷神社が見えます。
神社の由緒書きには、源義綱が出羽へ遠征した際に建てたとありました。
佐渡に流される以前にも、越後には縁があったんですね!

【写15】大葉沢城

神社の裏にまとまった平地があります。
城内で一番高い平地なので、おそらくここが主郭と思われます。
・・・左に写っているモノが気になりますよね???

【写16】大葉沢城
拡大表示

大葉沢城の想像図が描かれていました。
竪堀のある側からの鳥瞰図ですラブラブ
私もこんなの描けたらいいのですが・・・
毛虫かゲジゲジと間違われそうな自信ならあります(`・ω・´)

【写17】大葉沢城

続いて、最初の分岐の反対側も見て来ました。
ここがどこだったのか、すでに記憶がありませんが・・・
今はそういう事が無いように、ちゃんとGPS使ってますあせる

【写18】大葉沢城

ここもどこだったか?ですが、神社から反対側へ向かう途中にあります。

【写19】大葉沢城

反対側にある土塁です。
こちらも平坦面になっていて、周囲を土塁で囲まれています。
土塁に堀切に畝状竪堀と、見所満載な城跡でした恋の矢恋の矢恋の矢


◆歴史◆

鮎川氏のお城でした。

鮎川氏は、鎌倉時代初頭に越後にやって来た本庄氏の庶流です。
本庄氏の祖と色部氏の祖は兄弟だったので、色部氏とも同族です。

はじめは相川という所に居て、後に戦国時代に移って来たようです。
ググって出てくるのは、1507年の永正の乱の頃からです。
永正の乱は守護・上杉房能と守護代・長尾為景の争いです。
鮎川氏は本庄氏や色部氏とともに、守護方として行動しました。
この時に大葉沢城が長尾為景方に攻められ、降伏しています。

1530年代に反・長尾為景の機運が高まり、上条の乱が起きました。
この時に揚北衆は壁書(決め事)を作り、連携して動きました。
この中に鮎川清長の名が登場します。
鮎川清長は後に本庄房長と対立し、本庄房長追放にひと役買っています。
そのため、後にその子・本庄繁長とは不仲となります。

1571年、本庄繁長に攻められました。

1540年、上杉定実の養子問題で、本庄房長と中条藤資が対立。
この争いの中で、本庄房長は弟・小川長資に騙されて出羽へ向かいました。
その道中、騙された事を知った本庄房長は、怒りで倒れてそのまま没しました。
本庄房長の正室は本庄城内で傷だらけで倒れていましたが・・・
色部勝長に救われ、その7日後に生まれたのが本庄繁長でした。
本庄家はこの赤子を当主とし、小川長資が後見人となりました。
本庄繁長は1551年、父の13回忌で小川長資を殺して実権を回復。
以後、長尾景虎(=上杉謙信)に仕えて数々の戦功を立てました。
しかし、手柄を立てて与えられたのは、腹の足しにならない感状ばかり。
不満を抱いていた所を武田信玄に利用され、1568年に謀反を起こしました。
この乱は翌年には上杉謙信に鎮められ、領地の一部を没収されました。
しかし、没収された領地が鮎川清長に与えられた事で、再びプッツン。
本庄繁長は1571年に挙兵し、鮎川清長を攻めました。
鮎川清長はこの頃に没しており、戦死した可能性もあります。
家督は越中から来た二宮長恒の子が継ぎ、鮎川秀定と名乗りました。

1598年、廃城になったと思われます。

鮎川秀定についてはよくわからず・・・
御館の乱ではどちらにも味方せず、乱後に没落したためです。
1613年、本多重政の家臣となり、上杉家から加賀に送られています。
本多重政は本多正信の子ですが、各地を転々と流浪していました。
この時に他にも、上杉家臣や直江家臣が同じように加賀へ移されています。
という事で、鮎川秀定は上杉景勝に仕えて会津に移っていた事になります。
鮎川氏自体はその後も米沢藩士として名を連ねています。


所在地:新潟県村上市大葉沢

新潟県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス