山浦城/新潟県阿賀野市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
山浦城跡は現在、旦飯野神社(あさいいのじんじゃ)となっています。
訪問日は2015年8月6日です。

【写1】山浦城

県道を走っていると、道端に真っ赤な鳥居が見えます。
この鳥居の手前に駐車場があります。
ここが旦飯野神社で、山浦城があった場所です。
これ書くまでずっと「たんいいの?」なんて読んでいました。
ちょっとだけ漢字のお勉強になりましたメモ

【写2】山浦城

まっすぐ参道を登ると、奥に社殿が見えて来ます。
この手前がちょっと段になっていますよね?
石垣は神社のものですが、何となく虎口っぽい雰囲気がします。

【写3】山浦城

神様にご挨拶したら、フリータイム突入w
社殿の周りはこんな感じで、綺麗に削平されています。
ただし、ここはガッツリ系なので、どこまでが城としてなのかは?です。

【写4】山浦城

境内の所々にある土盛です。
土塁かもしれないし、そうじゃないかもしれないし・・・

【写5】山浦城

土盛に沿って歩いてみても、お城としての構造がよくわかりません。
これがお城の遺構だったらいいなぁラブラブ的な所です。


◆歴史◆

大見山浦氏の城でした。

越後には山浦姓の武士が2系統あり、それぞれ出自が異なります。
こちらに拠った山浦氏は、伊豆から来た大見氏の一族です。
他方の山浦氏は越後守護・上杉氏の一族です。
両者を区別するため、ここの山浦氏を大見山浦氏と呼ぶことがあります。

大見氏は、源頼朝が石橋山の戦で挙兵した時から従った伊豆の土豪です。
鎌倉時代になると越後国白川荘を与えられ、伊豆から移って来ました。
この時に大見氏本家は安田姓を名乗るようになります。
一族で領内各地を分知し、ここに根付いた一族は山浦姓を名乗りました。

山浦城についての出来事についてはサッパリわからず。
そんな時は、今ある神社の縁起などをググったりしてみます。
そうすれば、いつ頃お城が無くなったのか大体の見当はつくので。
ただ、旦飯野神社についてはいつ創始されたのか不明ですあせる

上の方で、山浦氏には大見山浦氏と山浦上杉氏があると書きました。
山浦上杉氏の笹岡城は、ここから北に3km弱の至近距離にあります。
そのため、山浦上杉氏は大見山浦氏と同じ領地を治めたと思われます。
山浦上杉氏が笹岡城に入ったのは、室町時代になってからの事です。

大見山浦氏が去ったのが鎌倉幕府討幕なのか、南北朝の争いなのか・・・
はたまた、一族同士の争いによってなのかは想像するしかありませんあせる


所在地:新潟県阿賀野市宮下(旦飯野神社)

新潟県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス