五十嵐館/新潟県三条市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
五十嵐館は、鎌倉時代から戦国時代まで続いた単郭方形館です。
訪問日は2015年8月5日です。

【写01】五十嵐館

五十嵐館跡は田んぼに囲まれた所にあります。
本物なのか復元なのかは?ですが、土塁が1周巡っています。

【写02】五十嵐館

北側の土塁の切れ目です。
下の図には描かれていないため、虎口ではなさそうです。
でも、こんな風に変化をつけられると撮っちゃいますラブラブ

【写03】五十嵐館

北東側の角に近い所にあるクランクです。
虎口に近い所なので、変化を付けて守りを堅くしたのでしょうか。
慌てて近づくと、ここからも入れると勘違いしそうです。

【写04】五十嵐館

北東の角から南の虎口がある面です。
土塁の外側に堀跡があるのがわかります。
ここは幅が狭いので写真でもわかります。
他の辺でも幅の広い堀跡が見られます。

【写05】五十嵐館

虎口周辺です。
ここはとても賑やかですラブラブ

【写06】五十嵐館

ちょっと熱くなってしまったので、今度は普通の角度で。
土塁が1周巡っているので、向こう側にも見えています。

【図】五十嵐館
拡大表示

説明板に載っている図です。
単郭方形館なのがよくわかります。
ただし、方位はちょっと傾いています。
わざとなのか、そうでないのかは?です。

【写07】五十嵐館

内側の様子です。
土塁に囲まれている風景は落ち着きますラブラブ

【写08】五十嵐館

内部には何やら数字の書かれたものがチラホラと設置されています。
大先輩方の憩いの場となっているようです。
これだけ広い真っ平な芝生の広場ですからねw

【写09】五十嵐館

周りは田んぼに囲まれていますが、高さは同じで微高地ではありません。
もしかしたら一度破壊され、田んぼになっていたのかもしれませんね。


◆歴史◆

鎌倉時代に五十嵐吉辰が築いたと伝わります。

旧地名が「五十嵐保」であり、在地土豪の五十嵐氏の居館とされます。
史料上の初見は、承久の乱で活躍した五十嵐文辰です。
以後、御館の乱で敗れて没落したそうなので・・・
最低でも1578-1221=357年もの間、当地を治めていた事になります。
歴代の当主は「小文治」を名乗ったそうです。


所在地:新潟県三条市飯田

新潟県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。