なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
琵琶懸城は、千秋長尾家が居城とした崖端城です。
訪問日は2015年8月2日です。
宮崎はまだ半分ですが、在庫がひと段落したので新潟に戻ります♡

【写1】琵琶懸城

琵琶懸城は、十日町市の中心から南西の信濃川東岸にありました。
周辺は住宅街となっていて、道の突き当りに神社があります。
ここが城跡の入口です。

【写2】琵琶懸城

すぐ右脇にも社があり、そちらからさらに奥へ入る石段が見えます。

【写3】琵琶懸城

入口の鳥居の脇には、こんな感じの堀跡がありますラブラブ
ここは崖端城で、西と南が崖、北と東が台地とつながっています。
その台地と城域を隔てていた北側の堀の跡がこれです。

【写4】琵琶懸城

右側に見えた社から見た城内です。
一面の畑ですw
この広い空間は、某大聖典によるとⅢ郭とⅣ郭です。
真ん中を真横に堀が隔てていたようですが、全く見えませんあせる

【写5】琵琶懸城

この広い空間の左端(東側)に、高さ1メートル程の土塁が残っています。

【写6】琵琶懸城

この土塁は、けっこう長い距離続いています。
この外側にも、台地と琵琶懸城を隔てる堀があります。
よく「土塁の外側は…!!」なんて書いていますが、まさにそんな状況です。

【写7】琵琶懸城

一番奥から入口方向を見た所です。
手前の窪みは堀跡のようです。
堀跡って、埋めてから年月が経つと周りより低くなるんですよね!

【写8】琵琶懸城

そして、端っこから見た向こう側です。
ずっと平坦な畑を歩いて来たので、突然の高低差にビックリ。
比高は20メートルあるそうです。

【写9】琵琶懸城

端っこまで来て脇を見たら、赤い鳥居が見えました。
その手前は段差ではなく、神社のある曲輪を囲む土塁です。

【写10】琵琶懸城

そのまま赤い鳥居から奥へ進んで振り返った所です。
やっぱり、堀の向こう側には土塁があるもんですね!
ここが琵琶懸城の主郭です。

【写11】琵琶懸城

城の東側で台地と城を隔てていた、土塁の外側にある堀跡です。
さっさと書かないと、だんだん記憶があやふやになってきます。
在庫があといくつあったか・・・数え切れませんあせる


◆歴史◆

平安時代末頃、本間義秀により築かれたとされます。

本間義秀は平家に命じられて、この城を築いたのだそうです。
その経緯や、本間義秀がどんな人物だったのかググっても何も出ず。
越後で本間姓なので、佐渡の本間一族かと思ったのですが・・・
その本間氏は、承久の乱後に大仏氏とともに佐渡入りしていました。
当時は越後平氏の城氏が支配し、信濃の木曽義仲を攻めていました。
平家というのは、おそらく城氏の事と思われます。
この時代の築城だとすると、軍事拠点というよりは居館だと思います。

南北朝時代に羽川刑部により改修されました。

羽川刑部は越後の新田一族で、南朝方として活動していました。
史料により異なりますが、羽川刑部が改修または築城したとされます。
越後は南朝方が優勢でしたが、1338年に新田義貞が討死後は逆転しました。
年代は不明ですが、羽川刑部は北朝方に敗れこの城で自害したそうです。
その時に琵琶を弾いてから自害したのが、城の名の由来だそうです。

1366年、千秋長尾氏の居城となりました。

1363年に上杉憲顕が越後守護に復帰すると、各地で南朝方と戦いました。
その上杉氏に従って、家宰である長尾氏も越後に移って来ました。
千秋長尾氏は名こそ長尾氏ですが、上杉氏から養子が入った家系です。
琵琶懸城に入ったのが長尾景広で、戦国時代まで代々居城としました。

1578年、御館の乱前後から金子忠重が城代となります。

金子忠重は上杉景勝に従い、小森沢政秀とともに琵琶懸城に在城しました。
当地は信濃に通じる要衝で、武田勝頼軍を迎える大役を果たしています。
その後、御館の乱の時の功によって、琵琶懸城の城主となりました。
上杉景勝とともに会津へ移っており、この時に廃城になったようです。


所在地:新潟県十日町市城之古

新潟県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。