那珂城/宮崎市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
那珂城(那賀城)は別名・諏訪城とも呼ばれた伊東四十八城の1つです。
訪問日は2018年2月12日です。

【写6】那珂城

那珂城は、宮崎県総合農業試験場の西の山にありました。
北から諏訪城・中ノ城・端ノ城と大きく3つの曲輪から構成されています。
どこがどの曲輪なのかはチョットわかりませんが・・・
地図で見ると、諏訪城?っぽい山に入っていく道が描かれています。
事前に見たストビューでは、道の入口にゲートはあるものの開いた状態。
おし、ここから入れる!と、そこへ向かったのでした。
しかし、到着してみると、城跡への道?は閉ざされていましたハートブレイク

【写7】那珂城

ゲートの真ん中に何か貼ってあるので、近づいて見ましたが・・・
プラスチックのベースに張られた紙は剥がれ、落ちかけていました。
この落ちかけの貼り紙をめくってみましたが、右下に「場長」とあるのみ。
肝心の文面はすっかり日に焼けたようで、読むことは出来ませんでした。

【写8】那珂城

農業試験場だし、獣避けのゲートなら開けられる!と思いましたが・・・
獣のみならず、人間でもこれは特殊技能が無いと開けられませんあせる
という事で、基本ここから先に入って欲しくないことはわかりました。
まぁ、事前に何となくそういう事はわかっていましたけどw

【写3】那珂城

通せんぼされていない山道があればと、とりあえず周りを走り回りました。
先程のゲートから南へ進むと、こんな看板のある開けた場所があります。
これが一体何の場所なのかは?ですが、下那珂桃源郷という場所です。

【写4】那珂城

公園のような、公園じゃない何かのような、こうやって見ても?です。
城キチ目線では、この細長く窪んだ地形が堀跡のように見えました。

【写5】那珂城

堀跡っぽい所の南側は、こんな感じの湿地となっています。
堀跡、、、ですよね?

【写9】那珂城

バス停っぽい看板の脇からは、窪みを渡る橋が架かっています。
橋の山側には特に何も無く、何の目的なのか???です。
もしかしたら、山へ入るためのものでは?と、期待が膨らみましたニコニコ

【写10】

通せんぼされていない道があれば!と探してみました。
しかし、山側はずっとこんな感じで、山に入る道は見当たらず。
普段ならこれくらいのクローバーは気にせず入って行くのですが・・・
さっき山へ通じる道が門で閉ざされているのを見たばかり。
道が無いならアウトでしょ?という事で、ここで撤退しました。

【写2】那珂城

それでも名残惜しいので、さらに南の貯水池脇から遠景を撮りました。
行けてないので、どこがどうなのか?ですけどw

【写1】那珂城

さらに南は、一面田んぼでした。
かつては沼に囲まれていた山城だったんでしょうね!


◆歴史◆

築城年代、築城者等わからず・・・

とにかくググりまくってみましたが、殆ど何も出て来ません。
わかったのは、永禄年間(1560年代頃)の城主のみ。
その名は郡司弥六左衛門尉、湯地出雲守、宇都宮左馬助の3人です。
各人それぞれググっても何も出ず。
ただ、湯地出雲守は郡司弥六左衛門尉の後に城主になったようです。

あと、同姓で出てきたのが湯地五郎九郎と湯地定時です。

湯地五郎九郎は、約7km北にあった富田城の城主です。
地図で見ても近く、かなり近縁の人物と思われます。
文書によっては「湯地出雲守」とも記され、同一人物の可能性があります。
湯地五郎九郎は、伊東義祐が豊後落ちを決めた日に島津軍に寝返りました。
「降伏」ではなく「寝返った」と書かれている所に興味を引かれますが・・・
詳しいことはわかりませんでしたショボーン

もう1人出てきた湯地定時は、御感状連判衆に名を連ねる重臣です。
伊東義祐が豊後へ落ち延びた後も、三納城に立て籠もりました。
攻め寄せた島津軍を撃退するなど、激しく抵抗しましたが・・・
援軍に来るはずの大友軍が耳川の戦で島津軍に大敗したため孤立。
島津軍に包囲され、城を枕に討死にした人物です。

1577年、島津家の城となりました。

那珂城の湯地出雲守の動向は?ですが、戦後は島津家の城となりました。
すぐ西にある佐土原城の属城となり、九州征伐後も島津家の城でした。
島津時代の城主や廃城時期などはわかりませんでしたあせる


所在地:宮崎市佐土原町下那珂

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス