なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
石塚城は伊東四十八城の1つで、現在は城跡に生目小学校があります。
訪問日は2018年2月10日です。

【写1】石塚城

石塚城跡は生目小学校の敷地になっており、どうも入れなさそうです。
それでも実はどこかから入れないか?と、訪問前に随分調べました。
ストビューでグルグルとネット徘徊し、入口候補を3か所に絞りました。

①の小学校正門は、土曜日だったのでアウト。
②が南側の入口でした。
航空写真では校庭なのか公園なのか区別がつかず。
公園だったらそのまま城跡の山に入れるかな?という想定です。
その公園っぽい所につながる道が、南から入るこれでした。
入口には特に門も何も無く「どうぞお入り下さい♪」的な雰囲気です。

【写2】石塚城

「それじゃぁラブラブ」とサクサク進んでみましたが・・・
最後の最後に門がハートブレイク
そこには「学校に用のない者の立入りを禁じます」と書かれていました。
敷地内の山に用があるんですけどねあせる

【写3】石塚城

せっかくなので、門から見える風景だけでも撮っておきました。

【写4】石塚城

③の候補は、バイパスが潜るトンネルの上から行けるか?というルートです。
そちらへは小学校の南側の道を通って行きました。
途中、城跡の山がとてもよく見える場所があり、バッチリ撮りました。
ただし、ここら辺は民家が密集しており、城跡へのアクセスは無理そう。



③西側のバイパスのトンネルの上を渡るルートですが・・・
真上から見た航空写真では平らに見えましたが、結構いい傾斜でした。
道があれば堂々と歩けると思ったのですが、道はありませんでした。
それ以前にトンネルの上に出る道も無く、密度の濃い藪に阻まれました。

・・・という事で、石塚城跡の山に入ることは出来ませんでしたあせる


◆歴史◆

応永年間(1394~1428年の間)に伊東祐武により築かれました

と、あちこちで書かれています。
色々ググってみると・・・

1401年、伊東祐武が石塚城を攻め落とし入城、攻め寄せた島津勢を撃退
1418年、伊東本家は伊東祐武と話し合いの上、加江田の車坂城と交換

などが出てきます。
この通りであれば、伊東祐武が在城したのは1401年から1418年となります。

伊東祐武はわからない事が多い人物で・・・
伊東祐立と伊東祐堯の間に居たけど、当主にはなってないと紹介されます。
伊東祐立と伊東祐堯の年の差は24歳。
伊東祐堯が家督を継いだ時は当主が2転3転したので、嫡流ではなさそう。
・・・という事で、庶子か甥っ子のような感じがします。
仮に甥っ子だとすると、その父親が伊東祐立の弟???の伊東祐武???
謎は深まるばかりですあせる

しかもさらにググると、伊東祐武は門川伊東氏だという情報も出てきます。
その子供が宗家を継ぐとなると、伊東祐武は養子に出されたのでしょうか?
更に門川伊東氏でググると、今度は清武氏も門川伊東氏だと出てきました。
確かに伊東祐武と清武氏の領地は、結構被ってる所があったりします。
しかも、石塚城が伊東宗家の城となった後の城主が平賀刑部少輔です。
間に伊東宗家の家老・長倉氏の支配期間が挟まっているようですが・・・
平賀氏というのは、一度紀伊に移って戻ってきた門川伊東氏そのものです。
そして、日向に戻ってきた平賀氏を継いだのが、清武祐行の4男です。
結局のところ、石塚城は門川伊東氏が代々継いできたという事ですねw

伊東祐武に話を戻すと・・・
石塚城と交換した車坂城は、翌1419年に島津久豊に攻め落とされます。
伊東祐安はすぐに刺客を送って奪還し、伊東安芸守を城主としました。
・・・伊東祐武はどうなったのでしょうか?
・・・伊東安芸守って誰?
1425年に再び島津軍に攻め落とされ「降伏を認められず」とあります。
伊東祐武が石塚城と交換した城は、対島津の最前線だったのです。

1445年以降、伊東祐堯が攻め落としたと思われます。

1444年に伊東祐立が没し、ゴタゴタの末に伊東祐堯が家督を継ぎました。
このゴタゴタは、家督を継ぐハズだった伊東祐家が伊東祐郡に殺されました。
伊東祐郡は伊東家当主になろうとしましたが、家臣団が認めず。
この時に家臣団に担がれたのが、伊東祐堯でした。
そんなゴタゴタがあったせいでしょうか。
伊東祐堯は、各地で伊東氏庶流を討伐しました。
最初に攻めたのが曽井氏で、どうやら清武氏も攻めたっぽいです。
日向記では石塚城を開城させた、なんて記述もあるようです。
それに1448年、清武祐憲に願い出て、その領地の一部を知行しています。
この「1448年」というのが、清武祐憲の父・清武祐行が没した年なのです。
伊東祐堯はその後、それまで協力関係にあった土持氏とも争い始めています。

1541年、長倉能登守の乱の舞台となりました。

長倉能登守は石塚城の南西2km弱の所にあった長嶺城主です。
近っwww
伊東尹祐・祐充の2代にわたって家老を務めた人物です。
伊東祐充の没後、後継ぎが無かったためその弟が後継者となりましたが・・・
2人いた同母弟のうち、長倉能登守は下の弟・祐吉を猛プッシュしました。
その結果、伊東祐吉が家督を継ぎましたが・・・
わずか3年で病死し、残った伊東祐清(=義祐)が家督を継ぎました。
そんな経緯があり、長倉能登守は伊東義祐とは不仲だったようです。
長倉能登守は穆佐、長嶺、石塚、田野を長倉方として挙兵。
飫肥城の島津豊州家も味方につけましたが、伊東義祐に敗れました。
長倉能登守はこの戦の中で戦死しています。

その後の城主は不詳ですが、永禄年間(1560年代)は平賀刑部少輔です。
平賀刑部少輔は伊東義祐が飫肥城を手に入れた時、その守将となった人物です。
清武氏の流れを汲む門川伊東氏が、再び城主になったんですね!

1577年、島津家の城となります。

伊東家の最大版図を築いた伊東義祐でしたが・・・
次第に政への関心が薄れ、家中が乱れ始めました。
そして1577年、島津軍が伊東領内へ攻め込むと、寝返る家臣が続出。
日向を保つことが出来ないと悟った伊東義祐は、豊後へ落ち延びました。
島津家の城となってからの城主や廃城時期は不明です。


所在地:宮崎市浮田(生目小学校)

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。