都之城/宮崎県都城市 | なぽのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

都之城は島津一族の北郷氏が本拠とした所です。
訪問日は2018年1月1日です。

【写1】都之城

実はココには2007年8月24日にも来たことがあったのですが・・・
当時は天守にしか興味が無く、大手門を見ていませんでしたあせる
というか、他は全く見ていなかったので、せっかくだからと立ち寄りました。
大手門が本当にココにあったのかどうかは?な立地ですが、風格は合格ですw

【写2】都之城

大手門の前は駐車場になっていて、その片隅にコレがあります。

【写3】都之城

一応、絵が気になる方のために載せておきます。

【写4】都之城

大手門をくぐって城塁沿いに西へ進むと、ココに着きます。
城山公園入口と書かれているココは、本丸と西城の間の堀でもあります。

【写5】都之城

ほら恋の矢恋の矢恋の矢

【写6】都之城
拡大表示

この堀の終端の本丸側に、屋根付きの説明板があります。
これはこの付近がかつて虎口だったという説明板です。
その説明文によると、直線的な虎口だったと書かれています。

【写7】都之城

読まずに撮ったので、カギ型だと思っていましたあせる

【写8】都之城

虎口を登ると、すぐにコレが現れます。
唯一無二のデザインがカッコイイ、破風のお化けですラブラブ

【写9】都之城

本丸の様子です。
ぺったんこの平場に破風のお化けが居るだけです。
嫌いじゃないのですが、温泉旅館に見えますw

【写10】都之城
拡大表示拡大表示

模擬天守の左脇に写っている説明板です。
文章はかな~りザックリですが、いい図載せてます恋の矢
10年前の私もこれはちゃんと撮っていたので、これを印刷して持って来ればよかった・・・
というのも、遺構がどこにあるのかはっきりわかるからです。

【写12】都之城

さて、模擬天守の前の道を西へ進むと、堀を渡る橋があります。
ちゃんと木造っぽい感じに造られています合格
この向こう側が西城です。

【写13】都之城

西城跡には狭野神社があります。
訪ねたのが元日ということで、人がいっぱいいるんじゃないかとドキドキしていました。
そうでもなくて、ひと安心です。
というのも、有名どころの神社になると、初詣渋滞に巻き込まれるからです。
今回走っていて実際にそういう所もありましたけど。

【写14】都之城

本丸と西城を見たので、後は消滅したといわれる曲輪の痕跡探しに歩き回りました。
まずは、本丸と西城の間の堀の先にある踏切を渡ります。
縄張図ではこの立ち位置なら、右に外城、左に中之城が見えたはずです。
両曲輪とその間の堀すら見当たらず、ぺったんこな風景が広がっています。
だからこそ、見つけるんです(`・ω・´)

【写15】都之城

まずは踏切の先の道を西へ曲がり、左へ入れる所は左へ入る感じで進みました。
平たく言うと、反時計回りに道をなぞって進みました。
場所的には外城の外周を回って、中之城と南之城へ行くイメージです。
途中あった竹藪が堀のように見えましたが・・・
あまりに密生し過ぎていて、写真では竹しか見えませんでした。
ので、載せませんw
その先はかなり広いソーラー発電所になっていて、その突き当りから北側を見た所です。
位置的には中之城と南之城の間から、中之城を見ている所です。
かなり削られたものの残された部分が、削り跡とともに痛々しく見えます。

【写16】都之城

元来た道を戻り、今度は踏切から東側へ進みました。
この道自体が堀跡であることが、なんとなく見て取れますラブラブ

【写17】都之城

道を進むと、南側が突然崖っぽくなりました。
どうやら中之城の北東の城塁のようです。
市街地化で消えた城跡は、「ここが〇〇だったんだ!」と妄想しながら歩くと楽しいです恋の矢

心残りと言えば、持ち歩いていたのが模擬天守前の図ではなかったこと。
この図では、西の端にある中尾城の周りがスゴイ事になっていました。
今度都城に行くことがあれば是非見たいのですが・・・!
続日本100名城のスタンプ狩りで通るかもしれないので、その時また見て来ようと思います。


◆歴史◆

1375年、北郷義久により築かれました。

北郷氏自体は1351年に薩摩迫(都城市山田町)に都城に入っていました。
しかし、北朝方が足利尊氏方と足利直義方に分裂すると、島津貞久は南朝方に一時降りました。
これは南朝方と畠山直顕(足利直義方)同時に戦わなければならなくなったからです。
しかし、この事が足利尊氏の怒りに触れ、都城を没収されてしまいます。
島津貞久は1358年に畠山直顕を駆逐すると、北朝方に復帰しました。
すると間もなく、都城の領地は島津家に返され、北郷氏が元通り入りました。
北郷氏2代目の北郷義久は都島に城を築き、本拠としました。
「都島の城」ということで都之城と呼ばれるようになり、地名にもなりました。

1453年、北郷氏が一時領地を失いました。

室町幕府第6代将軍は、前代未聞のくじ引きで決められました。
この時くじで負けた義昭は、都を出ると吉野へ行き反幕府的な活動を始めました。
これに危機感を抱いた将軍・足利義教は、義昭の討伐令を出しました。
義昭は各地を転々としながら西へ移動し、一時期都城にも滞在したことがありました。
1441年に義昭は櫛間に居る所を、島津忠国の刺客に追い詰められ自害しましたが・・・
次の次の8代将軍・足利義政は北郷氏が義昭を匿っていた事を問題視。
島津忠国は北郷持久の領地を没収し、和田氏の元に預かりの身としました。

1476年、北郷敏久が都城に復帰しました。

島津忠昌により北郷氏が許され、都城が返還されました。
以後、周辺勢力と争いが続きますが、北郷氏は都城だけは最後まで守り切りました。

1595年、伊集院忠棟の城となりました。

豊臣秀吉の討伐を受けた後、島津領で太閤検地が実施されました。
この結果に基づき大規模な島津家臣団の配置転換が行われました。
これにより、島津義久の筆頭家老・伊集院忠棟が都城の主となりました。

1599年、庄内の乱の中心となりました。

島津忠恒が伊集院忠棟を斬殺しました。
これは家中の怨嗟の声に加え、朝鮮での兵糧不足が伊集院忠棟のせいだと思われたためでした。
そのため、伊集院忠棟の子・忠真は都城で反島津の兵を挙げました。
安永城には伊集院五兵衛や白石永仙らが籠城し、庄内十二外城の1つに数えられました。
乱の鎮圧には1年の歳月を要し、徳川家康の仲介によりようやく和睦しました。
乱後、戦功抜群だったとして、都城が北郷氏に返還されました。

1615年、一国一城令により廃城となりました。

都之城は廃城となり、北郷忠能は領主館へ移りました。
これを機に「新地移り」と呼ばれる町づくりを行いました。
現在の都城市の基盤はこの時に作られました。


所在地:宮崎県都城市都島町(都城歴史資料館)

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示