なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
徳満城は、城塁が原型を留めている真幸院の最前線にあったお城です。
訪問日は2017年12月30日です。

【写1】徳満城

徳満城は県道102号沿いにあります。
その北東の角に、城址碑と案内図の付いた説明板があります合格

【写2】徳満城
案内図を拡大表示

文章も沢山あって、図もとてもわかりやすいですラブラブ

【写3】徳満城

城址碑と案内図から県道を西へ進むと、すぐにここに来ます。
とても広い場所なので、安心して車を停められます合格

【写4】徳満城

案内図を見て、図の左端にある小城から順に中心部へ進んでみようと思いました。
そう思って東側の道を南へ進んでみましたが・・・
小城へ入る道が見つかりませんでした。
そして、ようやく城跡の山に入って行く道を見つけました!

【写5】徳満城

その道を進むと、急傾斜地崩壊対策のコンクリートの壁があります。
こいつの名前がよくわからないのですが、擁壁で合ってますか?
どうでもいいですけどw

【写6】徳満城

という事で、私が城内に進入したのは、図の上の方からでした。
ここまでに2本の道があったようですが・・・
わからずにスルーしてしまっていますあせる
なので、ちゃんと道のある城跡でわざわざヤブ搔きをしました。

【写7】徳満城

コンクリート壁の脇に、何となく上がって行けそうな所がありました。
もはや道を探そうなんて、面倒くさいことをする気はサラサラありません。
道の無い城跡の方が多いですからw

【写8】徳満城

登り切ったのが①の所で、いきなりですが本丸ですあせる
知らずに入っていきなりというのが、お城としてどうなのか?という所ですが・・・
私の嗅覚の方が勝った、という事にしておきます( ・´ー・`)

【写9】徳満城

本丸のある中之城の北側は、真ん中に1メートル程の段差があります。
図の②の所です。
小城に居ると勘違いしていたので、「まるで中之城みたいだ」なんて思ってましたけどw

【写10】徳満城

この段差では、ほんのちょっとですが石積みが見られます恋の矢

【写11】徳満城

小城は北側の端に土塁が沢山描かれているので、北側を目指しました。
しかし、土塁らしきものは見当たらず、反時計回りに外周を歩きました。
そして、③の所で縁にある低い土塁を見つけました。
ここまで来てもまだ、自分が中之城に居るとわかりませんでしたあせる

【写12】徳満城

土塁の外側には、自然地形の谷にしか見えない④の堀があります。

【写13】徳満城

自然地形の谷にしか見えませんでしたが、底を歩くと薬研堀にしか見えません(`・ω・´)

【写14】徳満城

堀底を南へ向かって進むと、そのまま人里に出そうな感じでした。
その右手前に⑤の櫓台っぽい高まりがありました。

【写15】徳満城

人里に出たくなかったのでUターンし、西側の曲輪に上がれる場所を探しました。
すると、⑥の所に地面が掘り込まれた虎口を見つけましたヾ(*´∀`*)ノ

【写16】徳満城

見つけた時は右に上がるように見えましたが、左にも上がれるようになっていました。
ということで、T字型の虎口です。
これを見つけて、ようやく自分がいる場所が一番西側の曲輪だと把握出来ました。

【写17】徳満城

この曲輪は歩きやすかったので、一周歩いて形をトレースしました。
ここもあまり土塁が無かったのですが、⑦の所で土塁?という程度の土盛りを見つけました。
図ではハッキリと描かれているんですけどね・・・

【写18】徳満城

T字虎口を出て堀を北へ進むと出口に出ます。
⑧の出口の所は、ちょっと土が盛られた感じになっています。
外から中が見えにくい感じがした、かもしれませんあせる
車を停めた所から、だいぶ西の方に出ました。
県道からは、この堀底道がよく見えました。
ここから城内に入るのがベストだと思います。


◆歴史◆




1395年、北原範兼と相良祐頼が刺し違えました。

宴会の最中に2人が喧嘩となり、そのまま刺し違えるという事件が起こりました。
両家は同盟関係にあったそうですが、その後は険悪な関係となりました。
そのため、北原範兼の子・久兼は島津元久と同盟を結び、真幸院より相良氏を駆逐しました。
このほか、北原氏は吉松・栗野・野尻にはで勢力を拡大しました。

1430年、島津総州家がこの地で滅びました。

島津総州家は長年奥州家と争いましたが、最後の当主・島津久林がこの地で自害しました。
発端は総州家の島津伊久・守久の親子喧嘩を、奥州家の島津元久が仲裁した事でした。
当時、総州家が薩摩守護、奥州家が大隅守護に分かれていましたが・・・
島津伊久は子の守久に薩摩守護職を渡さず、島津元久に譲りました。

・・・長くなりそうなのではしょりますあせる

島津久林は祖父の島津守久に連れらて肥前に落ち延びましたが・・・
こっそり戻り、真幸院の徳満城に潜伏していました。
しかし、当時の奥州家当主・島津忠国にバレて急襲され、島津久林は自害しました。

1564年、加久藤城の支城となりました。

1558年、北原兼守が急死すると、北原家中で家督争いが始まりました。
北原兼守の正室の父・伊東義祐が介入すると、1562年に北原家を掌握し乗っ取りました。
すると、反伊東派の北原家臣が島津貴久を頼り、年内に北原兼親を当主として北原家を復興。
しかし、その北原兼親に器量が無く、出奔する家臣が相次ぎました。
そのため、島津貴久は北原兼親を伊集院へ移し、1564年に島津義弘を飯野城に入れました。
それまでは徳満城がメインのお城でしたが、この時から加久藤城の支城となりました。

1615年、一国一城令により廃城となりました。


所在地:宮崎県えびの市東川北

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。