加久藤城/宮崎県えびの市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
加久藤城は、伊東崩れの原因となった木崎原の戦に登場するお城です。
前身は久藤城で、後に加久藤城と呼ばれ、覚頭城とも表記されます。
訪問日は2017年12月30日です。

【写1】加久藤城

ここも飯野城と同じく、割と遠くから案内があります。
この案内は国道221号から城跡への道に入る所にあります。
城キチならずとも、つい曲がりたくなりますよね?

【写2】加久藤城

途中には、こんな感じで手作りの案内もあります。
地元の方々に愛されているんですねラブラブ

【写3】加久藤城

途中、軽(レンタカー)でも一度で曲がり切れなかったカーブです。
帰って来るまで気づきませんでしたが、既に大手門を通過していましたあせる
ということで、ここも防御のためこんな造りになっているようです。

【写4】加久藤城

そうして遠目に標柱と説明板が見え、もうすぐ着くラブラブなんて、テンションあげあげになりました。
図では近くに「虎口」なんて書かれていますが・・・わかりませんでしたあせる

【写5】加久藤城

標柱の所から左を見ると、曲輪があるように見えました。
図では曲輪とは書かれていませんが、搦手口に通じる通路のようです。

【写6】加久藤城
図を拡大表示

ということで、真正面に見えた白い説明板です。
説明もしっかりしていて、図もバッチリです恋の矢

【写7】加久藤城

そして、説明板の前の坂を上がった所がココです。
道は鳥居の所で終わり、Uターン出来る程の広さがあります。
鳥居には「加久藤城竈門神社」と書かれています。
ストレートにお城の名前が入っているのは、もしかしたら初めて見たかもしれません。

【写8】加久藤城

神社のある平場が本丸で、結構広いです。
西側には低い土塁がありますが、土塁の無い所が殆どでした。

【写9】加久藤城

図では道の右側が二の丸と描かれています。。
現状はその境目がわからなかったので、崩されて平らにされているのかもしれません。
土塁も描かれているので見たかったのですが・・・

【写10】加久藤城

天然バリケードが張り巡らされ、物理的に進入不可でしたハートブレイク
ということで、本丸以外は見れていません。
事前に図を印刷して持参出来ていれば、もうちょっと周りを見られたかもしれませんでした。


◆歴史◆

応永年間(1394~1428年の間)に、北原氏により築かれました。

北原氏が徳満城の支城として「久藤城」を築きました。
これが加久藤城の前身となります。
この年代にあった出来事は、北原氏・相良氏両家の当主が徳満城で刺し違えています。
・・・サラッと書きましたが、かなりの大事件ですw
地図で見ると、相良氏の勢力圏である人吉がすぐ北にありました。
その入口に徳満城があるので、北からの侵攻に備えたという事のようです。
これが1396年の出来事で、北原氏はこの事件を機に島津家に近づくこととなります。

1564年、島津義弘がココに移って来ました。

1558年から1562年にかけて、北原氏の家督を巡るゴタゴタがありました。
はじめは伊東義祐が北原氏を乗っ取りました。
しかし、同年内に北原氏旧臣が中心となって北原兼親を当主とし、北原家を再興しました。
ところが、北原兼親は人の上に立つ資質があまり無かったようで・・・
出奔する家臣が相次いだため、島津貴久は北原兼親を薩摩国の伊集院へ移しました。
その後の真幸院は島津義弘が領主となりますが、前段階で久藤城に入りました。
島津義弘は中城と新城を加えて改修し、「加久藤城」と改名しました。
北原兼親が退去すると島津義弘が飯野城に移り、加久藤城には妻子を住まわせました。

1572年、伊東軍に攻められました。

伊東義祐は飯野城の島津義弘を攻めました。
この前年に島津貴久が没しており、伊東義祐は肝付兼亮とともに島津領へ侵攻しました。
この時の兵力は、伊東軍3000人に対し、飯野城が300人、加久藤城が50人でした。
島津義弘は策略で加久藤城の最も守りの堅い鑰掛口を攻めさせて、伊東軍を撃退。
この時に伊東杢右衛門や米良重方など、伊東軍の名だたる武将を討ち取っています。
島津義弘は大河平に大量の幟を立てたため、警戒した相良軍は手を出しませんでした。

撤退した伊東軍が川内川の支流・池島川で休息している所を島津軍が奇襲。
さらに、伊東軍が高原城へ退却する所も襲撃して、釣り野伏により島津軍が大勝しました。
一連の戦いを「木崎原の戦」と呼び、「九州の桶狭間」として語り継がれています。

この時に加久藤城を守っていたのは川上忠智でした。
川上忠智の子は、1584年にあった沖田畷の戦で龍造寺隆信を討ち取っています。

1615年、一国一城令により廃城となりました。


所在地:宮崎県えびの市加久藤

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス