漆野城/宮崎県小林市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
漆野城跡は畑となっており、ほぼ消滅しまった伊東48城の1つです。
訪問日は2018年12月31日です。

【写1】漆野城

ここは場所を特定するのにとても苦労しました。
というのも、ほぼ完全に消滅してしまっているので、誰も紹介していませんw
真っ平らな畑を写して「これが伊東48城の1つです」なんて、面白味がありませんからねあせる
私も、ここが伊東48城の1つでなければ絶対に来ません。

【写2】漆野城

とはいえ、某サイト様で拝見すると「遺構が破壊されつつある」との記載。
文面通りなら、少しは残っている、かもしれないというのに興味を持ちました。
・・・私、天邪鬼なのでw
城域は東から西に突き出た台地で、先端部が3面程段々になった畑になっています。
その最先端部分はこんな感じです。
多少土塁が残っているのかと思いましたが、綺麗にバッサリ整えられています。
この先は急斜面となっています。

【写3】漆野城

もしかしたら城跡の面影?と思ったのが、先端部の畑が段になっている事です。
こんな感じの畑が3段あります。

【写4】漆野城

それより上は完全にフラットになっていて、かなり広いです。
ここでちょっと気になる所が見えますよね?

【写5】漆野城

台地付け根の木が茂った部分が気になりました。
これだけ綺麗に耕しているのだから、なぜそこだけ耕さないのか?
耕せない理由は何だろう?と思って覗き込むと、かな~り深い谷になっていました。
ここは細い竹がビッシリ密生していて、下を覗き込むことすらままなりません。
回り込んで高さが感じられる所を探して撮りました。
どうやら、これが城の内外を分断する堀切だったのではないかと思います。

【写6】漆野城

その端っこは、ちょっとだけ土が盛られている痕跡があるような、無いような。
もし堀切だったら、きっともっと盛大に土を盛っていたに違いありません。
ちょっとだけではありますが、城跡らしさを感じられてよかったです音譜


◆歴史◆

詳細不詳

築城年代や出来事など、漆野城についてはサッパリわかりませんあせる
城主が米良主税助または漆野志摩介だったという事だけは、辛うじてわかりました。
地理的にも紙屋城のすぐ真北なので、その出城だったものと思われます。


所在地:宮崎県小林市野尻町紙屋

宮崎県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス