京ヶ岳城/新潟県上越市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
京ヶ岳城は、坊ヶ池の東側にそびえる山城でした。
訪問日は2015年8月2日です。

【写1】京ヶ岳城

登城口は南と北にあり、私は南から登りました。
案内があるので、迷うことはないと思います。

【写2】京ヶ岳城

登城路からは、すぐ西にある坊ヶ池がよく見えます。
この池は昔からあり、近隣の水源だったそうです。
それだけに水に関わる争いが絶えなかったと、案内に書かれていました。

【写3】京ヶ岳城

登城路の途中に、屋敷跡と書かれた標柱がありました。
まだ山頂ではありませんが、数段の削平地があり、ここはその中の1つです。
屋敷があったということですが、それほど広くはありません。

【写4】京ヶ岳城

登城路はこんな感じで、帯曲輪を辿っている感じです。

【写5】京ヶ岳城

そしてついに、現在のお城が見えて来ました!
一番高い所によくある四阿ですがw
それでも、屋根付きの建物があるとそれっぽく見えます。
見えます、よね?

【写6】京ヶ岳城

一番高い所にある平地を、可能な限り引いて撮りました。
真ん中にある標柱には「京ヶ岳城跡」と書かれています。
こんな感じなので、おそらくは物見か烽火台だった感じです。

【写7】京ヶ岳城

何か無いかとキョロキョロして、土塁?っぽい土の高まりを見つけました!
公園化する際の削り残しかもしれませんけど・・・あせる


◆歴史◆

不詳

信濃に通じる脇街道が近くを通ることから、上杉氏が築いたものと考えられています。
すぐ脇にある坊ヶ池で色々ググってみましたが・・・
それらしい伝承は見つからず。

せっかくなので、「坊ヶ池」の名の由来となった伝承を紹介します。
坊ヶ池の「坊」は「坊や」の坊で、小さなガキンチョお子様を指しています。
つまり、小さなお子様がこの池の名の由来となっています。
この伝承はいわゆる龍神伝説で、概要は以下の通りです。

・この池の近くに安倍某という、仲睦まじい夫婦が暮らしていた。
・そのお子様の名前が「坊」だった
・よくこの池に遊びに来ていた。
・ある日突然姿を消した
・かなり日にちが経ってから、坊が帰って来た
・寝る前に「覗かないでネ」と言って寝た
・親が寝姿を覗くと、龍の子が寝ていた
・坊はもう戻れないと言い残し、雲の間へと飛んで行った

ザックリとこんな感じです。
情緒も趣向も無い紹介ですwww

・・・という事で、京ヶ岳に関する伝承は見つかりませんでしたあせる


所在地:新潟県上越市清里区青柳

新潟県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス