星山古城/山梨県北杜市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

星山古城は苦い思い出いっぱいの城跡?です。
訪問日は2015年4月26日です。

【写1】星山古城

登城口は北側の別荘地です。別荘地の入口から右奥に見える高い山が、星山古城のあった山です。別荘地内は砂利コロコロの未舗装道なので、入口手前にバイクを停めました。廃墟と化した別荘が数軒あるので、車の方はもうちょっと先まで進めます。

【写2】星山古城

別荘地の真っすぐな道を、突き当り目がけて進みます。

【写4】星山古城

突き当りの別荘の脇を真っすぐ山へ進みます。すると、こんなのがあります。私とは目的が全然違いそうですが、人が入って行く事がある感じです。

とは言え、星山古城に関する案内は全くありません。登城路を紹介するサイトもありません。私が訪ねる前には確かあった筈なのですが・・・でなければ、ココを訪ねる手掛かりゼロですからね。いくら嗅覚が鋭い(思い込みも多々有)城キチとはいえ、ノーヒントでは無理ですあせる

【写5】星山古城

まずは目の前の斜面を、とにかく高い所目指して登ります。

【写6】星山古城

すると、南西方向へと稜線が緩やかに下ります。こちらへと進んで行きます。山の構造としては、別荘地に小さな尾根が突き出しているためです。目指す星山古城跡は、その先の山のテッペンにあります。

【写7】星山古城

ちょい出し尾根から山本体へ移ったら、地面の窪みを探して下さい。はじめはうっすらした感じですが、続いていると感じたら辿りましょう。

【写8】星山古城

何の目的で掘られたのか分からない溝が、星山古城跡の山頂まで続いています。軍事目的の城であれば、わざわざこんな目印付けないと思いますが・・・住民の避難目的ならアリな気がします。入口は全く目印がありませんが、入口さえ知ってれば大丈夫だからです。ヨソ者にはその入口がわかりませんからね。

【写19】星山古城

この溝は中腹に差し掛かると、深く蛇行する箇所があります。そのまま真っすぐ掘れそうな地形なのに、です。やはり何らかの目的があって掘られていると思います。色々勝手に想像が膨らみます。敵に見つかるのを防ぐため、偵察が来ないか見張ったのか。それとも、村人目当ての盗賊を撃退するため、ココに伏兵を置いたのか。今となっては、知る術はありませんが・・・

【写9】星山古城

溝は倒木で塞がれている箇所もありますが、脇を通れば大丈夫です。だいぶ登って行くと、稜線の西側に沿って溝が続きます。この稜線部分が城跡とされます。

【写10】星山古城

溝が山上に到達するな~という感じが見えてきました!

【写11】星山古城

ここが溝の一番高い所です。この見慣れた形を見せると、城キチは「堀切様恋の矢」と言うに違いありません。

【写12】星山古城

脇に上って見下ろすとこんな感じです。木が薄くて視界が遮られないので、色んな角度から楽しめますラブラブ

【写13】星山古城

山上まで登った大きな溝は、その先で山を下っていきます。別荘地の突き当りから山に入り、ここまで登るのに25分掛かりました。

【写14】星山古城

堀切の南側にはとても広い平地があります。それまで登って来た斜面が嘘のような広さです。ただ、こちら側には周りを囲む土塁などの構築物は全くありません。

【写15改】星山古城

堀切の北側にも平地がありますが、こちらは細尾根上のちょっとした広場です。そんなに多くの人数が籠れるような広さではありません。先端部はそのまま細くなり、特に人工的な造形も無く下って行きます。


◆歴史◆

不詳

我ながら何を見てココを見つけて訪ねたのか、今となっては?です。これを書こうとググっても、登城記がサッパリ出て来ません。たった1つ出て来たサイト様には、ただ感想がひと言書かれているだけでした。

今回ググって見つけたのが、武川村役場教育委員会編集の『遺跡詳細分布調査報告書』でした。検索結果をクリックするとPDFがダウンロードされ、遺跡の調査結果がまとめられていました。・・・武川村は市町村合併により、現在は北杜市となっています。

このPDFの中で星山古城について取り上げられていました。そこにはキレイな図とともに、『甲斐国史』からの引用も書かれています。それによると、「城沢卜云二在り何人墟ナルヲ不知」とだけ書かれています。

訪問前に見たサイト様や今回の調査報告書でも、堀切の南側の広場に注目しています。甲斐は戦乱が続いたため村人の避難場所だったかもしれない、とどこかに書かれていました。その説によると、ここは丁度山の陰になり、甲州街道からは盲点になっているそうです。実際の所はわかりませんが、たまにはそんな城跡もいいもんです。


所在地:山梨県北杜市武川町山高

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示



ここからは苦い思い出を綴ります。だって、ブログですから叫び

【写16】星山古城

実はココに辿り着いたのは、2回目のチャレンジの時でした。1回目はてんやわんやの末、辿り着くことが出来ませんでした。

気を付けていただきたいのは訪問時期です。1回目の辿り着けなかったのは、2014年12月23日でした。ここに来る道はいくつかありますが、私が通った道は冬場はこんな感じになります。通り掛かったのは真昼ですが、端から端までビッシリ凍っています。ただ、それまで特に凍結なども無く来たので油断し・・・気が付いた時には手遅れで、全面凍結した氷の道にバイクで突っ込んでしまいました。当然すっ転びます。さらに氷の上で足元が滑るため、倒れたバイクを立て直すことが出来ませんでした。

自分1人では立ち上がれず、ココを通る車は皆無・・・ということで、毎年毎年お世話になっているJAF様に救援を依頼しました。年会費4000円では見合わない程、毎年お世話になってますm(_ _)m

私の大雑把を通り越した雑な説明にも関わらず、JAF様の車が到着。クレーン車でも来るのかと予想していましたが、現れたのは軽の4WDでした。どうやってここから脱出するのかと思ったら、毛布を敷いて滑り止めにしたのでした。ああ、これなら上着で出来たなぁなんて感心しつつ、九死に一生を得たのでした。

JAF様を待ってる間にウロウロしていて、道端に落ち葉が積もっているのに気付きました。その落ち葉をどけると凍結しておらず、凍結していない箇所までせっせと落ち葉をどけました。帰りはそこを通って帰れました。神様仏様JAF様ということで、JAF様には足を向けて眠れません。

こんな感じで毎年必ず1回はお世話になってますが、今年はまだです。今年は呼ばなくでも済む年にしたいと、切に願うヤンチャな城キチでした。

【写17】星山古城

さて、すっ転んだ現場は城跡までザックリあと1kmだったので、バイクを置いて歩きました。ところがどっこい、かなり登った所で位置を確認すると、城跡は西隣の嶺でした。・・・ということで、東隣りの嶺から撮った遠景です。遠景撮りに来たのではありませんが・・・

【写18】星山古城

東の嶺の林道を登り切った所が、見返り峠です。事前に見ておいた地図で等高線を見ると、ここから城跡まで稜線が続いている感じでした。ただ、最初のすったもんだでかなり時間を使い、写真の通りもう日暮れ間近でした。もしかしたらですが、ここからも城跡に行けるかもしれません。