忍野鐘山/山梨県南都留郡忍野村 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
忍野鐘山は射撃場の裏にあります。
訪問日は2015年4月25日です。

【写2】忍野鐘山

射撃場への道を進むと、正面に熊野神社が現れます。

【写3】忍野鐘山

そのすぐ脇には、ここから先は射撃場だから立入禁止の文字が。
撃たれちゃうかもしれないので、ここは素直に従って下さい。

【写4】忍野鐘山

さて、目の前にある土の壁が目的地ですが、どこにも登り口が見当たらず。
比高はせいぜい15メートル程なので、迷わずよじ登りますクラッカー
これを書こうとググってみると、東側の尾根伝いのルートが紹介されていました。
そちらは道が無いそうで、そういう意味ではこっちの方が楽かもしれません。

【写5】忍野鐘山

下から見て何となくわかっていましたが、上は綺麗に削平されています。
構造がよく分からなかったので、とりあえず歩ける所を歩き回りました。

【写6】忍野鐘山

外周を1周するつもりで、まずは西の先端部へ。
麓に見える建物は射撃場でしょうか。
初めて見ますが、ゴルフの打ちっ放し場とか弓道場にような感じです。

【写7】忍野鐘山

そこから外周を時計回りに歩くと、北側は尾根を曲輪にした感じに見えます。
うねったりくねったりの所が何となく堀跡っぽく見えたので、そちらへ進んでみました。

【写8】忍野鐘山

一番上と尾根は少し段差があり、付け根部分が少し窪んでいました。
堀切の跡かもしれません。

【写9】忍野鐘山

もうちょっとうねったりくねったりを見に行きたかったのですが・・・
黄色と黒のいわゆる虎ロープが張られ、そこかしこにこれがあります。
ある意味、行っていい所と悪い所がハッキリしているのはありがたいです。

【写10】忍野鐘山

また元の高台に戻り、今度は東側へ。
ちょっと窪んでるかな?という所があり、どうやらここが主郭入口の堀切のようです。
堀や土塁、虎口があるということですが、風化しているのか、凹凸の乏しい状態でした。


◆歴史◆

不明あせる

この辺りの城砦は、ことごとく史料に登場しません。
酷い滅び方をした小山田氏の支配地域だったので、関連書物は残されていないのでしょうか。

上に書いた通り小山田氏の支配地域で、すぐ北西には吉田城山がありました。
その支城だったと思われますが・・・
吉田には16世紀始め頃に北条早雲、北条氏綱をはじめ、今川氏も攻めて来ました。
そのため、吉田城山を攻めるための陣だった可能性もあるかな?と思います。
見張り台というには視界が悪く、どちらかというと吉田城山方向に視界が開けているので。

・・・と、敢えて某大聖典の説に逆らってみましたあせる


所在地:山梨県南都留郡忍野村忍草

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス