谷村城/山梨県都留市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
谷村城は何も残っていませんが、小山田氏の本拠地でした。
訪問日は2014年11月15日です。

【写1】谷村城

城跡は市役所や小学校となっており、遺構は何もありません。
道端に城址碑があるだけです。

【写2】谷村城

でもこの城址碑、フェンスが近過ぎてなかなか撮りづらいです。
もうちょっと離してくれるといいのですが・・・

【写3】谷村城

これが精一杯ですハートブレイク

【写4】谷村城

ちょっとモヤモヤした状態で振り向くと、もう1つ石碑がありました。
直感的に何かを感じてワラワラ近寄ってみると・・・

【写5】谷村城

同じデザインの陣屋跡の石碑でした。
何も残っていませんが、ここが郡内地方の中心であり続けた証拠ですね!


◆歴史◆

1532年、小山田信有(越中守)により築かれました。

この頃の小山田氏は、かなり武田信虎寄りでした。
北条氏綱や今川氏輝の後見・寿桂尼と対立し、猿橋や吉田などで戦っています。
そんな中、1530年に本拠地の中津森館が火災のため焼失してしまいました。
この時に新たな本拠地として築かれたのが、都留市のど真ん中の谷村城です。
谷村城は、川を挟んですぐ西にある勝山城を詰城としています。
すぐ近くで戦が続いたので、防御力upを図ったのかもしれません。

1582年、小山田氏が滅びました。

武田勝頼が織田信長に攻められ、天目山で最後の抵抗をして滅びました。
その直前、武田勝頼は甲斐で一番の要害である岩殿城へ向かっていました。
しかし、郡内領への入口を小山田勢に封鎖され、そこで裏切りが発覚した・・・らしいです。
小山田信茂が具体的にどう叛旗を翻したかについては、諸説あるようです。
武田勝頼が討たれた後、小山田信茂は織田信忠に会おうとしました。
しかし、一族もろとも捕縛され、甲斐善光寺で処刑され小山田氏は滅びました。

その後も郡内地方統治の拠点として使用されました。

小山田氏が滅びた後は、織田信長の家臣・川尻秀隆が甲斐に入りました。
しかし、3ヶ月後に本能寺の変があり、甲斐・信濃では武田旧臣らが蜂起しました。
命からがら領地に帰る織田家臣も居ましたが、川尻秀隆はこの混乱の中で命を落としました。

領主不在の甲斐・信濃は空白地帯となり、徳川・北条・上杉が争奪戦を展開(天正壬午の乱)。
甲斐は北条氏政と徳川家康が争い、郡内地方は後北条軍が制圧しました。
しかし、最終的に甲斐は徳川家康の領地となり、郡内には鳥居元忠が入りました。
鳥井元忠ははじめ岩殿城に入りましたが、谷村城を整備し拠点としました。
以後、一国一城令で廃城になった後も陣屋が置かれ、郡内地方の中心であり続けました。


所在地:山梨県都留市上谷一丁目

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス