駒宮砦/山梨県大月市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
駒宮砦はちょっと場所が分かりヅライかもしれません。
訪問日は2015年4月25日です。

【写1】駒宮砦

国道139号の駒宮入口交差点を東へ入り、住宅街の細い道を進みます。
途中クルマではキツそうなターンもありつつ、天神峠を目指します。
集落の中に春日神社があり、その脇に1台なら停められそうなスペースがあります。
・・・この写真がそこだったかは忘れてしまいましたがあせる
とにかく、バイクですら路駐が憚られるくらい、この辺りの道は細いです。

【写2】駒宮砦

私はコンクリートの切れ目から山道を南へ進みました。
山道は山を登らずに、舗装道と平行に南へ進んで行きます。
再び舗装道に出ると、道の終点が見えて来ます。

【写3】駒宮砦

車道の終点とは言え、すぐ脇に民家があります。
車やバイクを停めたら、ゼッタイに怒られそうです。
ここからは人が歩く山道です。

【写4】駒宮砦

山道を歩き始めて割とすぐに、小さな案内が現れます。
この案内は城跡へのものではなく、「←天神峠」です。

【写5】駒宮砦

駒宮砦を訪ねる方は、その案内とは反対の道へ進みましょう。
・・・世間一般的に、これは「道」ではありませんねあせる

【写6】駒宮砦

何となくうっすらと足跡が残っているので、ちょいちょい人は訪ねているようです。
そんな雑木林の足跡をしばらく辿って行くと、正面に何やら見えてきました。
・・・見えますか?

【写7】駒宮砦

稜線を断ち切る堀切と、その向こう側の城塁です。
堀切自体はそう深いものではありませんが、城塁は高さ3メートル程あります。

【写8】駒宮砦

この城塁を登ると、更にもう1段ありました。
これは登った所から振り返って撮ったものです。

【写9】駒宮砦

その先にまた1段、城塁が立ち塞がっています。

【写10】駒宮砦

その城塁を登ると、かなり広い削平地となっていました。
どうやらここが主郭のようです。
石碑が1つありましたが「南無阿弥陀仏」と彫られていました。
さすがにマイナーなここには城址碑なんてありませんよねあせる

【写11】駒宮砦

ここから先は、次第に低くなっていきます。
せっかくなので進んでみました。

【写14】駒宮砦

すると、鋭い城塁をそこそこ大きな堀が囲んでいました。
ここが一番の見どころですラブラブ

【写15】駒宮砦

この先に更にもう1段城塁があり、その先は傾斜がきつい尾根となります。
駒宮砦は東から西へ出っ張った稜線上にあり、その両端を断ち切っただけの造りのようです。
政庁として統治する感じでも、ココに籠って敵を防ぐといった感じでもありません。
雰囲気的には、敵兵が道を通らないか見張る場所だったように感じました。


◆歴史◆

不明あせる

ここも城主や築城時期について記録された史料がありません。
『甲斐国史』では「御前平」と紹介され、烽火台だったかも?と書かれているのみです。

立地としては、国道139号を見張るには丁度よさげです。
位置的には小山田氏の岩殿城の北にあり、奥多摩方面との往来を見張る役割がありそうです。
奥多摩は後北条氏の支配地域だったので、そういう事だったのかもしれません。


所在地:山梨県大月市七保町駒宮

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス