上野原城/山梨県上野原市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
上野原城は遺構は無く、稲荷神社に説明板があるだけです。
訪問日は2014年11月15日です。

【写1】上野原城

城跡へは甲州街道を上野原市街で曲がり、中央道沿いに進みます。
中央道が巨大な堀跡のように見えますが、これは道を造るために切り通しちゃってます。
この削られちゃった所が、上野原城があった所です。
そのため遺構はありません。

【写2】上野原城

中央道沿いの道を進むと、すぐにこの商業施設が現れます。

【写3】上野原城

そこから更に進んで最初の舗装道を曲がると、この建物が現れます。

【写4】上野原城

反対側から見た所です。
中央道沿いの道からすぐです♪

【写5】上野原城

ここは稲荷神社で、境内に上野原城についての説明板があります。

【写6】上野原城

最後に、やっぱりパクリます。
中央道が城跡のド真ん中をブチ抜いているのがわかります。
ただ、周りは住宅街になっており、中央道が出来る前から遺構は無かったかもしれません。


◆歴史◆

古郡氏により築かれました。

築城年代は不明ですが、古郡氏により築かれました。
「古郡」の名は、この辺り一帯が「古郡郷」と呼ばれていた事に由来します。
古郡氏は康治年間(1142~44年の間)、横山隆兼の三男・忠重を祖とします。
和田義盛が正室の甥であったため、古郡氏は和田合戦(1213年)で滅ぼされました。

武田家臣の加藤氏の領地となります。

上野原の加藤氏は、鎌倉幕府の元老・加藤景廉の子・景長を祖とします。
加藤景廉は全国各地に所領を与えられ、子孫には美濃の遠山氏や加藤嘉明などが居ます。

1582年、廃城になったようです。

主である武田勝頼が、織田信長により滅ぼされました。
その最後の戦いである天目山の時、加藤信景は救援に駆け付けようとしました。
しかし、箱根ヶ崎で北条軍と戦いになり、主従ことごとく討死してしまいました。
主を失った城は、そのまま廃城になったようです。


所在地:山梨県上野原市上野原

山梨県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス