大姶良城/鹿児島県鹿屋市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
大姶良城は島津元久の生まれたお城です。
訪問日は2016年12月30日です。

【写1】大姶良城

大姶良城は城内と南城内(内城)の2つの曲輪群から成り、内城がメインです。

まずは内城の南東からの遠景です。
左下に停まっているのが私のレンタカーで、説明板はココにあります。
急峻な城跡を沢山見て来ましたが、斜面が出っ張ってるのは見たことがありません。
何だかクジラのように見えます。

なぜこちらから遠景を撮ったかというと、城域がこちらにあると思っていたからです。
事前に図を参考に出来たのが某大聖典だけで、その図が東西に長く描かれていたためです。
しかし、いくら東へ歩き回ってもサッパリそれらしき気配が掴めず、この山しか見ていません。
これを書くに当たり、某大聖典の図の東を上にしたら、航空写真とイメージが合いましたあせる
誰か私の代わりにリベンジして下さいw

【写2】大姶良城

説明板のある所は車が4、5台停められるようになっています。

【写3】大姶良城

説明板の後ろには、大きな堀がポッカリ口を開けています。
でもこの堀、草の密度が濃すぎて、藪搔き上等の私でさえ中に入れませんでした。

【写4】大姶良城

これで終わりかよ?とキョロキョロすると、見えちゃいました。
あり得ない角度ではありますが、人が登った形跡のある斜面。
収穫ゼロはあんまりなので、ダメ元で登ってみました。

【写5】大姶良城

登り切った所に、石塔2基と小さな祠がありました。
この登り切る直前の所が難所で、とても危険なのでこれから訪ねる方は気を付けて下さい。
実はよじ登った急斜面のすぐ脇は絶壁となっており、掴まるロープなどはありません。
しかも地面が柔らかく、とても滑りやすいです。
バランスを崩して勢いがつこうものなら、止まることも出来ずに崖から落ちます。
怖いのは登る時よりも下る時で、特にこの石塔脇から斜面に出る所が一番注意が必要です。
私も勢いが付き過ぎ、危うく落ちそうになりました。
ロープを持っていれば、勝手に置いてきたくなる程です。

【写6】大姶良城

さて、登り切った所は、それまでの急斜面が嘘じゃないかと思える位に平らです。
細い竹がビッシリ密生しておりコースは限定されますが、それでも奥へ進めました。
一番奥まで進めば大きな堀にぶつかるハズでしたが・・・
竹の壁に阻まれ堀を確認出来ずに突撃終了です。

【写7】大姶良城

せっかくなので、奥に進んだ時とは違う隙間を進むと、端に土塁がありましたヾ(*´∀`*)ノ
曲輪に上がって得られた収穫は、これだけと言えばこれだけです。

【写8】大姶良城

さて、某大聖典の図が現状のどこかもわからず彷徨いましたが、偶然の収穫が1つありました。
それが城の南側にある八幡神社です。
この神社は、島津氏久が大姶良城で生まれた島津元久の成長を願って建立したものです。
・・・神社に興味がある訳ではなく、通りすがりに撮ったので、写真はこれだけですがあせる


◆歴史◆

平安時代末に禰寝義明により築かれたと考えられています。

禰寝義明は、禰寝北俣院の荘園領主として下向した冨山義光の子です。
禰寝氏は周辺に一族を配置し、大隅半島南部を支配しました。

1351年、大姶良城の争奪戦が始まりました。

南北朝時代、禰寝清成は北朝の畠山直顕に従って肝付兼重と戦っていました。
南朝方の肝付氏は、先代当主の弟・肝付兼成が大姶良城と横山城を攻め落としました。
しかし、勝ち戦の帰り道、肝付兼成は禰寝一族の志々目氏に襲われ、討たれてしまいます。
志々目氏らはガラ空きになった大姶良城を取り戻したのですが・・・

この好機に攻め込んで来たのが、志布志を本拠とする楡井頼仲です。
戦で疲弊した大姶良城を難なく攻め落とし、自らの城に加えました。
両者の争いはしばらく続き、楡井頼仲が禰寝氏の本拠・国見城を包囲したこともありました。
しかし、1357年末に楡井頼仲が畠山直顕・禰寝清増の連合軍に敗れ、志布志で自害しました。

すると、九州で南朝方の中心だった肥後の菊池武光が遠征し、畠山直顕は大敗しました。
そこへ島津氏久がトドメを刺すと、畠山直顕は豊後へと落ち延びました。
こうして大姶良城は島津氏久のものとなりました。
島津氏久はしばらく大姶良城に在城し、その間に嫡男・島津元久が生まれています。

1379年頃、禰寝久清が奪い返した、かもしれません。

島津氏久が大姶良を去った後、禰寝氏が大姶良を取り戻しています。
時期はよくわかりませんが、禰寝久清は九州探題の今川了俊に従っていました。
禰寝久清は今川了俊から再三出兵を求められていましたが、返事を濁していました。
しかし、1379年になると出陣し、西俣と大姶良を攻めています。
状況的にはこの時に大姶良城を取り戻したと思われます。

1530年、肝付兼興が攻め落としました。

この頃の肝付兼興は、島津宗家の島津勝久と対立していました。
一方の禰寝清年は島津宗家寄りで、島津豊州家や新納家と繋がりがあったようです。
肝付兼興は一族の北原氏の串良を島津豊州家から奪還し、更に大姶良城にも攻めて来ました。
大姶良城は肝付軍により攻め落とされましたが、横尾峠で禰寝軍が撃退しました。
しかし、肝付兼興の子・兼続の代に肝付氏は更に勢いを増し、禰寝氏は従うようになりました。

1577年、島津家の城になりました。

肝付氏は肝付兼続・良兼の代までは島津家と互角に渡り合っていました。
しかし、肝付良兼が没すると家中が分裂し、1574年に肝付兼亮が島津義久に降伏しました。
その後、肝付兼亮が重臣達から追放され、他家を継いでいた弟の肝付兼護が呼び戻されました。
その肝付兼護は伊東氏への内通を疑われ、本拠の高山城以外の領地を没収されました。
大姶良城は外城となり、城内の麓に地頭仮屋が置かれました。

1592年、大姶良地頭の伊集院三河守が梅北一揆に参加しました。

事情はよくわかりませんが・・・
梅北一揆は梅北国兼ら島津家臣が、朝鮮出兵に向かう途中の肥後で起こした反豊臣の挙兵です。
船で名護屋城へ向かっていた梅北国兼は、手薄になっていた肥後の佐敷城を乗っ取りました。
この謀反はわずか3日で鎮圧され、一揆方は妻子も含めて処刑されました。

その後、大姶良では伊集院三河守によるとされる祟りがあったそうですが・・・
具体的に何があったのかはわからず。
その祟りを鎮めようと、伊集院三河守を祭神とする参河神社が建てられました。
参河神社があったのは城内(地図左側の赤線の内側)で、参河城という曲輪のあった所です。
現在はシラス採取で参道が崩され、社殿は岩戸神社に移されているそうです。

・・・神社を紹介している訳ではありませんよあせる


所在地:鹿児島県鹿屋市大姶良町城内

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス