白寒水城/鹿児島県鹿屋市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
白寒水城跡は辿り着けた、と思います。
訪問日は2016年12月30日です。

城跡のポイントに目印を付けて訪ねてみたものの・・・
どこをどう入ったら良いのかわからず、周りをチョロチョロしていました。
とりあえず今いる位置を確認しようと道端へ車を寄せると、ガコッと物凄い物音が。
外に出て確認すると、左の前輪が溝にハマっていました。
どうもがいても脱出できなかったので、結局JAFに助けを求めました。
毎年必ず1回はお世話になってますあせる

さて、JAFの救援を待つ間、ジーっと地図を眺めながら入口を探していました。
すると、近所の方が出て来られて色々とお話を聞くことができました。

北西の麓にある池から城内へと続く道が、今でも残っているそうです。
それと、周りの山々を指さしながら、全部城跡だとおっしゃっていました。
どんなに小さな城跡でも、ご近所の方はちゃんとご存知なんだと感動しました。
さて、その方が白寒水城だと指さした方角は、予めここか?とチェックしていた所でした。
今思えば、どうやって行くのか聞いとけばよかったなんて思いますけどあせる

【写1】白寒水城

それでもとりあえずウロウロしていたら、山中へ入る道を見つけました。
その入口は、山を真っすぐ切り通された道沿いにあります。
ごらんの通り路肩が全く無い所なので、ちょっと離れた空き地の前に停めさせてもらいました。

【写2】白寒水城

車から何となく見えた道端の石碑です。
字が小さいので車からは読めなかったのですが・・・
位置といい雰囲気といい間違いない!と勝手に決めつけてやって来ました。
その石碑には「有形民俗文化財 白寒水城五輪塔群」と彫られています。
どうやらアタリのようですヾ(*´∀`*)ノ

【写4】白寒水城

そこから山中へ通じる道は、堀切の跡でしょうか?
何でも遺構に見えちゃう病の症状が出てしまっていますあせる
後世、石塔群へ行くために掘られた道かもしれませんが。

【写5】白寒水城

ちょっと進むと、虎口みたいに土の壁にぽっかり開いた入口が見えました。
開けた空間を囲む土の壁は、病じゃなくても土塁に見えますよね?

【写6】白寒水城

虎口の中はそんなに広くはありませんが、ちょっとした空間になっていました。
そこには、赤い小さなお堂と、沢山の石塔がビッシリ。
その脇には説明板もあり、ここが入口にあった白寒水城五輪塔群のようです。

【写7】白寒水城

ということで、虎口を反対側から撮りました。
やっぱり、曲輪の入口にしか見えませんよね?

ちょっと勇気をもらったので、隅々まで見ようと歩き回りました。
数少ない訪城ブログを拝見しても、遺構がわからなかったという方が大半でした。
私、そういう所ほど妙に燃えちゃうのでメラメラ

【写8】白寒水城

ただ、歩ける所は石塔群の所まで。
多少のヤブならバッサバッサと掻き分けるつもりでしたが・・・
ちょっとこの密度は無理でしたwww


◆歴史◆

南北朝時代に津野七郎兵衛により築かれました。

わかっているのはこれだけです。
石塔群の説明板には、ここら一帯の開拓に携わった方々のものだと書かれていました。
そこには「肝付氏 富山氏 津野氏等と思われる」とも。
本拠が近い大族・肝付氏に従っていたとみるのが自然かもしれませんね。


所在地:鹿児島県鹿屋市串良町下小原

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示


【図】白寒水城跡周辺

Google Mapでは等高線が無いので、国土地理院の地図を見てみました。
西から東へ出っ張った尾根上に築かれていたお城のよう。
もうちょっと上(西)の方が、お城の主要部だったかもしれません。

なぽさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス