なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
知覧城は今日、日本城郭協会より「続日本100名城」に選出されました。
訪問日は2015年12月31日です。

【写1】知覧城

知覧城は国の史跡にも指定されており、周辺には案内があります。
ただ、道端に広い駐車場はあるものの、登城路の入口はちょっとわかりヅライですあせる
写真は登城口方向を撮ったもので、駐車場から道沿いにちょっと東へ進んだ所にあります。

【写2】知覧城

その目印がこれです。
すぐ近くまで寄ればとても目立ちますが、遠目には木陰にあり目立ちません。
これはこれで往時の雰囲気を守っているような気がしなくもないでもない・・・
攻めて来た敵兵は、入口がわからず右往左往したかもしれませんね!

【写3】知覧城

上の石碑に載っていた図を1枚パクります。
見た通り、シラスの切り立った独立丘の1つ1つが曲輪となっています。

【写4】知覧城

登城路は曲輪と曲輪の間の堀底を進みます。
県道脇もそうですが、全般的に足元はぬかるんでいます。
これから訪ねる方は、水濡れに強い靴を履いて行かれることをお勧めします。

【写5】知覧城

それにしても、これ、曲輪と曲輪を隔てる「堀」なんですよね・・・
自然地形かもしれませんが、他県では見られないエグられようです。
堀好きにはたまらない風景です恋の矢

【写6】知覧城

ぐるっと回り込む感じで堀底道を進むと、真ん中にちょっとした広場があります。

【写7】知覧城

最初に目についた蔵之城に入ってみます。
1つ1つの曲輪は10メートルの断崖に囲まれていますが、虎口は比較的緩い坂になっています。

【写8】知覧城

登ってみると、曲輪は真っ平らに削平され、低い土塁で囲まれています。
あまり技巧的に迷路みたいな土塁や堀はありません。
お城は城キチのよくわからない基準の満足度より、防御力の方が100万倍大切ですからねあせる

【写9】知覧城

本丸も虎口は緩い坂になっています。
「緩い」とは言っても、周囲と比べてという意味です。
これはこれで、一気に駆け上がれるような傾斜ではありません。

【写10】知覧城

本丸にはこんな立派な城址碑があります。
ザックリ深い堀、切り立った城塁に、素朴な土塁で囲まれた曲輪。
薩摩のお城の特徴を、極端なまでに表現している城跡ですラブラブ


◆歴史◆

築城年代は不明です。

鎌倉時代、この地は知覧氏が郡司を務めていました。
知覧氏は薩摩平氏の一族で、頴娃氏や指宿氏らと同族です。

南北朝時代に島津氏の城になりました。

島津氏は足利尊氏に従って功を立て、島津忠宗の三男・佐多忠光に知覧が与えられました。
「佐多」は大隅半島にある地名ですが、そこから海を越えて薩摩半島に移って来ました。

1411年頃、伊集院一族の城になりました。

三州の守護・島津元久が没すると、その後継をめぐって争いがありました。
争ったのは弟・島津久豊と、娘婿の父・伊集院頼久です。
伊集院氏はこの頃が最も勢力があり、薩摩半島をほぼ手中に収めていました。
周りの勢力は伊集院氏に味方しましたが、佐多氏はそうではなかったようです。
そのため、伊集院頼久の叔父・今給黎久俊が知覧城を奪いました。
史料の初出はこの時です。

1417年までに島津久豊が奪還し、佐多氏が知覧城に復帰しました。

島津久豊と伊集院頼久の戦いは、1417年に両者が和睦するまで続きました。
特に1417年には島津久豊が薩摩半島南部まで攻め込み、伊集院氏方勢力を滅ぼしています。
この乱の中で今給黎久俊は知覧を手放し、島津久豊は改めて佐多親久を知覧城主としました。

1591年、佐多久慶が川辺へ移されました。

1589年に家臣が海賊行為を行ったとして、ちょっとした危機がありました。
これは島津義久のとりなしもあり、上洛して謝罪したため許されました。
その2年後、領地を知覧から川辺宮村に移されました。

1610年、佐多忠充が知覧に復帰しました。

以後、知覧は佐多氏が明治時代まで代々地頭を務めました。
知覧城はそれまでの間に焼失したため、この時既に廃城になっていたものと思われます。
2代目薩摩藩主・島津光久の五男が養子として家督を継いでからは、島津姓を名乗りました。


所在地:鹿児島県南九州市知覧町長里城内

鹿児島県の城跡/なぽのホームページを表示
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。