冷え性の足を救うのは?! | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

冷え性にはツライ季節となりました。
毎朝通勤電車で足が痛いほど冷え、「電車にも床暖房あればいいのに!」なんて思います。
そんな事したら電車の床に寝転がる人続出…とはならないでしょうけどあせる
なんとか足を温めようと、温かくなったシートに出来るだけ足をくっつけたりしています。
傍から見たらかなり不自然なポーズじゃないかと、毎朝変なドキドキしています。

そんな冷え性の期待の星になれるのか・・・
一週間毎日1足ずつ履けるようまとめ買いしたかったものの、どれ買ったらいいのか???
どんなに調べてみても1つに絞り切れなかったので、1足ずつ買って試してみました。

足の冷えない不思議なくつ下 レギュラーソックス厚手 ブラック フリー 1足/桐灰化学

¥1,728
Amazon.co.jp

1番目は、桐灰の「足の冷えない不思議なくつ下」です。
これは厚手の靴下で、そのまま履きます。

温かさの仕組みは、1本1本の繊維が空気を含んでいることです。
パッケージのイラストでは、超細いマカロニみたいな感じでした。
イメージ的には、発泡スチロールを履けるようにした感じでしょうか。

最初に履いて感じたのは、いきなり温かいという事。
普通の靴下は、この時期に履くと最初の瞬間はヒヤッと来るものです。
それが、この靴下ではありません。

寒い冬の朝、チャリで走っていても足は全く寒さを感じず。
いつも足がキンキンに冷えた電車でも、冷える感じは全くありませんでした。
こりゃいい!と思ったのですが・・・

会社はエアコンで暖かくなっています。
どこでも寒くない程度に、部屋は暖めていると思います。
普段は足元が冷えるので、モコモコの温かスリッパをこっそり履いてるのですが・・・

室温が暖かい所(23度位)では、むしろ足元が暑いくらい。
モコモコのスリッパでは汗ばむ程で、普通の上履きでもまだ暑く感じました。

長時間寒い場所に居るのであれば、冷え性の強い味方になると思います。
厚手の靴下ではありますが、靴を履いても窮屈だとは感じませんでした。




(ミズノ)MIZUNO アウトドアウエア ブレスサーモ 5ホンユビインナーソックスM [メンズ.../MIZUNO

¥1,512
Amazon.co.jp

2番手は、MIZUNOの「指先あたたか構造5本指インナーソックス」です。
足指が軍手みたいに分かれた、密着型の重ね履き用の靴下です。

温かさの仕組みは、吸湿発熱素材「ブレスサーモ」です。
汗などの湿気を吸収すると発熱し、温かくなるというものです。
仕組み的にはヒートテックも同じで、防寒インナーでは一般的ですネ。

オーソドックスな王道!かと思いましたが・・・
寒空のチャリや歩きでは、足元がポカポカするのを感じました。

しかし、電車や事務机でジーっと座っていると、普通に足が冷えました。
まさかまさかのあれれ?でしたが、「吸湿発熱素材」ですからね。
汗かかないシチュエーションでは、そもそも発熱しないんです。
・・・と、履いてみてわかりましたあせる
私のように汗をあまりかかず、皮膚が乾燥気味な人には向かないのかもしれません。

その代わり、ジョギングなど寒空の下で体を動かす場面では大活躍しそう。
さすがは、スポーツ用品メーカーです。
この商品に、そんな謳い文句はありませんでしたけどw




もう1つ試したのですが、いい事書こうと思っても書けないあせる
商品名書いて悪口だけになっちゃうので、体験記は上の2つだけにしときます。