丸山城/静岡県伊豆市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

丸山城は水軍の城で、出城と本城の2つに分かれています。訪問日は2014年3月21日です。

【写1】丸山城

まずは出城から紹介します。国道沿いにある登城口がココです。地図ではかなり特徴のあるカーブなので、ココ自体は迷わず辿り着けると思います。ただ、ココからストレートに出城に辿り着ける方は多分少数派だと思います。私は辿り着けない多数派でした。・・・「多数派」って、なんだかいい響きですw

【写2】丸山城

「出城への道はコチラです」と言われると、「多数派」は左の舗装された道へ進むと思います。私もそうでしたあせる舗装された道へ進むと城跡には辿り着かず、そのまま海岸に出てしまいます。出城への道は、中央に見えるフェンスの右側で、土の下る道が正解です。・・・と、出城からココに戻って初めて知りました。

【写3】丸山城

城跡への入口が見付けられないまま海岸に出てしまい、あれ?あれ?で出城方向へ。すると、海岸沿いの道から山中へ入る道がありました。これが海岸側にある登城口です。

【写4】丸山城

ずっと同じような調子の石段が続き、途中で道が分かれます。ここにはちゃんと案内が出ています。私のような方向音痴でも、安心してお城へ辿り着けます。・・・ちょっと遠回りはしましたけどあせる

【写5】丸山城

斜面沿いの細い石段道がグルッと回り込み、主郭へ入ります。主郭はそれまでの道からは想像出来ない位の広さがあります。

【写6】丸山城
拡大表示

主郭の奥にある説明板の図です。もちろん、パクれるものは頂きますw図を見てわかるのは、いかにも水軍のお城だという事。地図で東側に見える堀のようなものは、かつては入江の端でした。こうして見ると、天然の防波堤で囲まれた港の脇にある高台だったんですね!今は「出城」と呼ばれていますが、築城当時はここがメインでした。

【写7】丸山城

次は国道から登る「本城」側を攻めます。山の中へ入って行く階段が目印です。立て札ありますが、丸山城の文字はありませんあせる

【写8】丸山城

登る途中で数か所、こんな感じで石積みが見られます。所々に石垣が残っているなんて書かれており、「もしかしたら」なんてワクワクしちゃいます。これはどうみても近世に畑の土止めに積まれたように見えますが・・・

【写9】丸山城

人が歩く山道をズンズン登ると、突然コンクリートで舗装された立派な農道が現れます。本城の主郭辺りは畑になっており、山の反対側から農道が引かれていました。初めから知ってれば、ちゃんと農道をバイクで登って来たのに・・・山上にあるまとまった広さの平坦地ということは、ココが主郭っぽい感じです。

【写10】丸山城

さらにもうちょっと登った所にコレがあります。屋根付きの休憩所で、綺麗なパンフレット入れがありました。期待して開けてみましたが、残念ながら空っぽ・・・あせるでも、ここにも立派な説明板が!

【写11】丸山城
拡大表示

またしてもパクリます。やはり、ちょっと下の広大な平地が主郭のようです。図ですぐ下に描かれている竪堀には気づきませんでした。何となく段差があるな?という程度に気にはなっていましたが。・・・と、今ここで図を見ながら溜息ついてます。現地でちゃんと図見よーゼwww


◆歴史◆

富永氏のお城でした。

富永氏は伊豆西海岸に勢力のあった土豪です。富永氏の本拠地は高谷城ですが、色々見落としがあるので先にこっちを書きます。「寒い・遠い」と「大堀切・深海魚料理」を天秤にかけながら、再訪を検討しています。「超」の付く寒がりですが、「超」の付く堀切好きでもあり、葛藤している最中ですw

さて、丸山城は天然の港脇にある小山を城とした、典型的な「海賊城」です。今は出城と呼ばれている方が初期のお城ですが、築城年代は不明です。

1491年に富永政直が伊勢新九郎に仕えたとされます。

富永氏の出自は諸説あり、三河富永氏説と近江から来た説とがあります。まぁ、わからないものはわかりませんよね?ずっと昔からここに居た、という可能性もありますし。で、はっきりしているのは1491年に富永政直が伊勢新九郎に仕えた事です。伊勢新九郎はまだ伊豆に攻め込んでいませんが・・・

この年に伊豆であった大事件といえば、堀越公方・足利政知の死と茶々丸のクーデターです。しっかり書くと長くなる自信たっぷりなので、ザックリ書くと・・・
・堀越公方・足利政知が病没
・廃嫡され監禁されていた茶々丸が脱獄し、継母と弟を殺して堀越御所を掌握
といった感じです。

この2年後の1493年には・・・
・京に居た茶々丸の継母の長男・清晃が将軍・足利義遐(のち義澄)となる
・伊勢新九郎は堀越御所を攻め、伊豆侵攻を開始

これ以前に伊豆の武士が伊勢新九郎に従うのはなぜ?かと、ちょっと考えました。伊勢新九郎は、元々は京で将軍近くに仕える奉公衆でした。・京に居た伊勢一族が堀越公方の遺児を将軍にして、伊勢一族の権力を拡大
・その将軍の仇討ちで茶々丸を滅ぼし、伊勢新九郎が伊豆を乗っ取る

こんな連携があれば、伊勢新九郎は伊豆侵攻前に味方を増やしておいた方が楽です。堀越御所では、茶々丸が継母により廃嫡されていました。それまでは嫡男だったのですから、茶々丸の将来に期待した家臣も多々居たでしょう。ところが、継母一派の讒言により状況が一変。背後にそれぞれの派閥争いがあった事は、想像に難くありません。

そして、目論見通りに足利政知の子・義澄が将軍に就くと・・・反茶々丸派を味方につけた伊勢新九郎が、半分の労力で伊豆一国制圧に向けて動き出した。・・・という事でしょうか?

「1491年に富永政直が伊勢新九郎に仕えた」の一言で、ここまで妄想が膨らみますw

後北条家中での富永氏

富永政直は1493年に興国寺城代、1524年に江戸城主となっています。北条早雲の元居城や扇谷上杉氏の重要拠点だったお城です。

子の富永直勝はもっと凄くて、五家老の一人となり青備えを率いました。現代風に言えばアオレンジャーです!青れんじゃー強いですよ、きっと・・・w富永直勝は江戸城の他に葛西城の城代、栗橋城の城主も務めていました。この頃の知行はなんと1383貫でした。こんな感じでバリバリの超重臣でしたが、本貫地の高谷城・丸山城も保ち続けました。

1579年頃、本城を拡張したと思われます。

1578年に上杉謙信が没し、上杉景勝と上杉景虎が家督争いを始めました(御舘の乱)。この時に武田勝頼が上杉景勝に味方したため、後北条氏出身の上杉景虎が敗れました。・・・ということで、武田勝頼と北条氏政が対立するようになりました。武田勝頼は沼津に三枚橋城を築き、相模や伊豆に攻め込む構えを見せました。このため、北条氏政は各地で城を整備しており、丸山城もこの時に改修されたようです。

1590年、廃城となりました。

豊臣秀吉が北条氏討伐の兵を挙げ、全国の大名を率いて攻めて来ました。この時に富永山随が守る丸山城も攻められ、圧倒的な兵力差もあり落城しました。伊豆では他に、下田城の伊豆衆筆頭・清水康英が50日耐え抜いたものの降伏。小田原城も豊臣軍20万に包囲され、ついに降伏しました。

富永氏の当主・富永政家は韮山城を守っていましたが、落城後は浪人となりました。徳川家康から誘われていたものの断り、子の富永直則を仕えさせたそうです。以後は旗本として存続しました。


所在地:静岡県伊豆市八木沢

静岡県の城跡/なぽのホームページを表示