愛宕山城/静岡市葵区 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

愛宕山城跡には愛宕神社があります。訪問日は2014年9月14日です。

【写1】愛宕山城

愛宕山城のあった所には、愛宕神社があります。実はこのお城、当時の名前が全く伝わっていません。そのため、愛宕神社の所にあった山城ということでこの名前で呼ばれています。

【写2】愛宕山城

神社への参道があるので登りやすいのですが・・・往時の登城路がどこにあったのか気になります。でも、登りやすいのは助かりますw

【写4】愛宕山城

そうこうする間に神社のすぐ下まで辿り着きました。階段の手前には、これは嬉しい縄張り図が合格

【写5】愛宕山城
拡大表示

階段の手前から左側に広がるのが三の曲輪、階段の右脇にある土塁の向こう側が外曲輪、そして、階段の上が本城デス

【写3】愛宕山城

まずは三の曲輪。草っ原ですw木が無いので、曲輪の形がよくわかります^^

【写6】愛宕山城

次は外曲輪。階段の途中から覗き込んだだけですが・・・あせる

【写7】愛宕山城

そして、本城の愛宕神社です。一番高い所にある感じがイイですね!今にも鎧武者が出てきそうな・・・なんて、そこまで病は重くないですよw


◆歴史◆

1504年、今川氏親が築いたとされます。

ただ、城の名前や城主が誰であったのかが、全く伝わっていません。この頃の駿府をとりまく状況を出来るだけザックリ書くと・・・

・1493年、明応の変に連動して伊勢盛時が堀越公方を滅ぼす
・1494年、伊勢盛時が大将となり、遠江中部まで支配下に収める
・1501~4年、三河国岩松城の松平氏を攻める。また、甲斐国都留郡へ侵攻。
・1504年、関東永正の乱に介入し、武蔵立河原で関東管領・上杉顕定と戦う

・・・周りみんな敵ですねあせる今川氏親は駿府を囲むように城砦を整備。地図を眺めていると、府中近辺で城砦が無かったのはココだけのようです。それだけ心中穏やかでは無かったんですね。

その後ですが・・・
・1506~8年、伊勢盛時を大将として、三河の松平長親を攻める
・1508年、クーデターで将軍が交代、新将軍を支持し遠江守護に任じられる
・1509年、伊勢盛時が独立して相模侵攻を本格化させる
・1511~17年、遠江を巡る斯波氏との争いが激化するも、最終的に勝利
・1517年、武田信虎と和議を結ぶ

やっと周りが固まりましたね!今川氏親は、駿河・遠江の戦国大名として、しっかりと地盤を固めたのでした。

1568年、武田軍が陣を構えました。

今川氏真との同盟を破棄し、武田軍が駿河へ侵攻しました。あっさり今川館を落として駿河を手に入れましたが・・・その代償として、武田信玄は今川家と同盟を結んでいた北条氏康を敵に回しました。北条氏康は徳川家康と同盟を結んで駿河へ出兵し、薩埵峠で武田軍と対峙しました。武田信玄は一時的に駿河から撤退せざるを得ない状況となりました。・・・山西地区を攻めなかったのは、このせいだったんですね。この時、武田軍が駿府防衛のために陣を敷いたのがココだったそうです。以後、ココが軍事拠点として使われることはなくなりました。

徳川家康が愛宕神社を勧進しました

現地にある神社の縁起では1571年に徳川家康が・・・と書かれていますがあせるこの頃の駿河は、武田信玄が支配していました。徳川家康が駿河を手に入れたのが1582年で、駿府城の築城を開始しました。駿府の鬼門除けとして徳川家康が愛宕神社を勧進したのは、この時と思われます。


所在地:静岡市葵区沓谷3丁目(愛宕神社)

静岡県の城跡/なぽのホームページを表示