朝比奈城/静岡県藤枝市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

朝比奈城は実は堀切が沢山あるお城です。訪問日は2015年1月24日です。

【写1】朝比奈城

朝比奈城へ行くには、まず「玉露の里」を目指します。ここには沢山クルマが停められる駐車場があります♪なんて書くと怒られますネあせる車場以外にも色々沢山あります♪

【写2】朝比奈城

ここにある案内図です。これが無いと「どこから登るんだ?」ってなりそうです。登城路へは一度駐車場玉露の里から出た所に案内があります。

【写3】朝比奈城

入口がわかれば、あとは大丈夫です。

【写4】朝比奈城

あとはこんな感じであちこちに案内があります。方向音痴の私にはとてもありがたい配慮です合格

【写5】朝比奈城

綺麗に整備されたハイキングコースをサクサク登ると、出っ張りに東屋があります。物見台でもありそうな感じがしますね!城跡が近そうだ!とワクワクしてきます。

【写6】朝比奈城

こうして辿り着いた広い場所が主郭です。玉露の里から17分で着きました。

【写7】朝比奈城

上の写真にも写っていますが、角度が厳しくてわかりづらいのでアップで載せます。説明板に城跡の立て札。おし!撮ったどー!!で帰るのはまだ早いです。実は、この先にまだまだ見どころがあります。

【写8】朝比奈城

主郭から20メートル程奥に進んだ所に、このように空堀と土塁があります。土塁は主郭側にあるので、主郭を守るための防御施設と思われます。

【写9】朝比奈城

さらに50メートル程進んだ所には、物見台と思われる高台があります。距離は体感なので、測ったら100メートルあるかもしれませんけどあせるその先は尾根を下りながら、いくつかの郭が段になってあるそうです。

【写10】朝比奈城

ちょっと戻り今度はここから東曲輪を見に行きます。ここから矢印の出ていない写真の右側へ進みます。

【写11】朝比奈城

ご覧の通り、道はありませんw迷子になるとシャレになりませんので、目印を付けながら進んだ方が良いです。

【写12】朝比奈城

シダ野原を下って行くと、やがてこんな感じの細い尾根に出ます。ちょっと下る位置がズレてるな?と感じたら、尾根の方へ移動して下さい。

【写13】朝比奈城

この細い尾根には、こんな感じの堀切がいくつか見られます恋の矢

【写14】朝比奈城

堀切をいくつも乗り越えた先には、こんな感じの曲輪があります。あんまり広くありませんけどあせる敵を城に近づかせないため、尾根の1つ1つに気を配ったものと思います。


◆歴史◆

朝比奈氏のお城でした。

朝比奈氏は藤原北家の末裔・堤国俊が、朝比奈郷に住み朝比奈姓を名乗ったことに始まります。鎌倉時代には朝比奈郷の地頭となり、代々この地を治めてきました。南の岡部氏は、朝比奈氏から派生した一族とする説があります。室町時代には駿河守護となった今川家に仕え、その重臣として活躍しました。ただ、朝比奈城の築城時期はわかりませんあせる

南北朝時代、主の今川氏は安倍城を拠点とした狩野氏と争っていました。今川氏は駿河守護ではありましたが、狩野氏のため駿府に入れずにいました。これは私の推測ですが・・・今川氏は花倉城を築き本拠としましたが、朝比奈氏が城を築いたのもこの頃と思われます。地図を見ると、安倍城から花倉城へ向かう道に朝比奈城があるからです。同じく今川家重臣の岡部氏の朝日山城も、別のルートから花倉城へ向かう道筋にあります。

戦国時代は・・・?

朝比奈氏は、駿河朝比奈氏と遠江朝比奈氏に分かれていました。駿河朝比奈氏の当主は朝比奈俊永→元長→信置の名が伝わっています。ググってみると、朝比奈元長、信置はWikipediaでは「庵原城主」と書かれています。Wikipediaなので、根拠とするほど何から何まで正しい訳ではありません。それでよ~く読むと、武田信玄が駿河侵攻後、朝比奈信置に庵原領を与えたとありました。ということで、朝比奈元長が庵原城主だったというのは誤りのようです。推測ですが、駿河朝比奈氏の本拠地であり、朝比奈城城主だったと思います。少なくとも武田家が滅亡するまでは、ですが。

1582年、武田家滅亡とともに廃城になったと思われます。

朝比奈信置は用兵に長け、武田家中では駿河先方衆筆頭として重臣の列に加わりました。1579年に徳川家康に落とされた持舟城を武田軍が奪還すると、その城代にもなりました。しかし、1582年に徳川軍に攻められ落城すると、朝比奈信置は久能山に撤退。その後、庵原城も徳川軍により攻め落とされました。武田勝頼が自害した後、朝比奈信置は自害を命じられ、嫡男・信良も諏訪で殺されました。主を失った朝比奈城は、この時までに廃城になったと思われます。

その後の駿河朝比奈氏ですが・・・次男・朝比奈元永は豊臣秀次に仕えた後、山内一豊の家臣となっています。持舟城を開城した三男・朝比奈宗利は徳川家臣となり、旗本として存続しています。


所在地:静岡県藤枝市岡部町殿

静岡県の城跡/なぽのホームページを表示