美人ヶ谷城/静岡県掛川市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

美人ヶ谷城(びじがやじょう)は茶畑の奥にある山城です。訪問日は2015年1月11日です。

【写1】美人ヶ谷城

美人ヶ谷城へ行くには、まず山本神社を目指します。その社殿がこちらです。鯱が乗った屋根、イイですね合格・・・まだ帰ってはいけません。城跡はここから山を登りますので。徒歩ならこの社殿の裏にある道から行けます。

【写2】美人ヶ谷城

【写3】美人ヶ谷城

社殿裏の道に気付いたのは帰りで、来た時にその道には気付きませんでした。どこから登るんだろう?と思ってウロウロしていたら、神社の脇から登る道を見付けました。道の入口には、ちゃんとお城こっち!の案内も出ています。この道は軽がやっと1台通れる程の幅で、白いセメントで舗装されています。私はバイクでしたが、この手の道にはトラウマがあるので歩いて登りました。結果論ですが、バイクで登っても大丈夫です。

【写4】美人ヶ谷城

農道は茶畑の中を左右に曲がりながら続いています。こういう風景って、静岡らしいですよねクローバー

【写5】美人ヶ谷城

【写6】美人ヶ谷城

農道をズンズン登って行くと、T字路に突き当りました。そこにも「お城こっち」の案内が!迷子スキル高めの私にはとても有り難いです合格
左側へ進むと城跡へ、右側へ進むと神社の裏に通じています。

【写7】美人ヶ谷城

で、T字交差点から城跡の方を見た景色がコレです。この登り切った所が、平時の居館跡だったと考えられていますが・・・あれ?道は?www

【写8】美人ヶ谷城

ハッキリした道の突き当りから見えるのはこんな景色。矢印こっちを向いてるからここを突破するのか、というのが素直な感想。一応草は刈られて倒れているので、歩けないことはありませんでした。

【写9】美人ヶ谷城

その先に見えたのがこんな感じ。まぁ、冬だし藪でもいいや!で構わず進んでみました。

【写10】美人ヶ谷城

木が多くなって下草が少なくなると、ちゃんとした道が姿を現しました。「ちゃんとした」ではありませんね・・・山城ばかり行ってると、自分にしか見えない「道」が見えちゃったりするのであせるこれは城キチ度を試されていたのかもしれません。だから、きっと私は何かに勝ったんだと思いますw

【写11】美人ヶ谷城

そのまま真っすぐ進むと、何やら文字の書かれたプレートが見えて来ました。その文字が読めなくても、何があるのかは一目瞭然ですが。これはきっと、軽度の城キチ君への親切な案内なのでしょう。でも、その前の試練を乗り越えられるレベルなら、大丈夫だとは思います^^

【写12】美人ヶ谷城

これが最初で最後の見所かもしれないと、色んな角度で撮影したのですが・・・

【写13】美人ヶ谷城

すぐ先にも同じプレートがw

【写14】美人ヶ谷城

次のプレートは、土の壁に貼ってあるように見えます。ということで、その手前の凹みは空堀というよりも堀切ですね!

【写15】美人ヶ谷城

堀切大好きラブラブなので、もちろん真横からも撮ります^^

【写16】美人ヶ谷城

堀切を登り切った所(だったと思います)が南曲輪です。あまり広くないのですが、一応平らでまとまったスペースが確保されています。堀切で失速した敵を迎え撃つための曲輪だったのでしょうか。道はそこからさらに上に続きますが、手前がちょこっと窪んで見えます。見えますでしょうか・・・?空堀が3本あったらしいので、これがその3本目?なのかもしれませんあせる

【写17】美人ヶ谷城

登り切った所は木が伐採され、まとまった平地がありました。ここが本曲輪です。平らな他は特に何も無し。まぁ、いいじゃないですかw


◆歴史◆

石谷(いしがや)氏の城だったと伝わります。

実は正式な名前や城主の記録が無く、地元の口伝なのだそうです。そのため石谷城、美人ヶ谷城、城の壇、殿垣戸など色んな名前で呼ばれています。私はだいたい現地での表記で紹介することが多いので、「美人ヶ谷城」と書いています。ググってみると、Wikipediaでは「石谷城」として紹介されていました。「美人ヶ谷」の地名は「鬢ぜヶ谷(びんぜがや)」が江戸時代に転訛したものだそうです。なので、戦国時代は「石谷城」か「鬢ぜヶ谷城」と呼ばれていたかもしれません。

城主だったと伝わる石谷氏も、戦国時代以前ははっきりとしたことがわかっていません。藤原南家二階堂氏の子孫を称していたらしいのですが・・・同じ藤原南家二階堂氏を称する美濃の石谷氏は、「イシタニ」と読むのだそうです。他には公家・山科氏の地頭代・西郷氏の末裔ではないかという説もあるそうです。

1568年、石谷氏は徳川家康の家臣となりました。

当時の当主は石谷政清で、子の石谷政信、清定とともに今川家から鞍替えしました。政信は三男、清定は四男ですが、長男、次男が不明です。それ以前に戦死してしまったのでしょうか。石谷姓を名乗ったのはこの時らしく、それ以前は西郷姓だったようです。

1590年、石谷氏は武蔵国多摩郡に移りました。

徳川家康の関東移封に従い、武蔵国多摩郡に移りました。この時に廃城になったと思われます。・・・石谷氏が城主であれば、ですがあせる江戸時代の石谷氏は、島原の乱で幕府軍の副使や江戸の町奉行を務めるなど活躍しました。


所在地:静岡県掛川市上西郷

静岡県の城跡/なぽのホームページを表示