なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
鳥羽山城は二俣城のすぐ近くにありました。
訪問日は2014年8月7日です。

【写】鳥羽山城①

城跡は鳥羽山公園になっています。
その公園の入口には、説明板や案内図が並んでいます合格

【写】鳥羽山城②

早速パクリます。
周りに腰曲輪がいくつかあるものの、メインの城域はほぼ単郭です。
二俣城はこの図の上の方にあり、搦手口がそちら側にあります。
付け城なら反対のような気もしますけど。

【写】鳥羽山城③

鳥羽山城でよく見られるのが、この腰巻石垣です。

【写】鳥羽山城④

全般的に石垣はそんなに高くありません。
土塁の足元を補強する感じだったのか、崩されたのか・・・どうなんでしょう?

【写】鳥羽山城⑤

大手門跡です。
攻める側のお城だったせいか、すっと中に進めそうな感じです。

【写】鳥羽山城⑥

夕暮れ時でしたが、せっかくなので展望台からも1枚。
公園なので、木が多いのは仕方がないのでしょうか・・・
心の眼で周りを囲む石垣が見えて来ますよね?w

【写】鳥羽山城⑦

庭園遺構です。
城跡で庭園跡を見たのはあまり記憶にありません。
・・・忘れちゃったから、だと思いますけどあせる
戦の中でも平常心を保つ工夫を凝らしていたのでしょうか。

【写】鳥羽山城⑧

個人的にお気に入りはこの通用門です。
木橋も架けられていて、雰囲気がイイですよねラブラブ


◆歴史◆

築城年代は不明です。

二俣城とは直線距離で500m弱と、かなり至近距離にあります。
一城別郭のように見えますが、当時は両城の間を二俣川が流れていました。
二俣川の曲がりくねった流路が原因で、かつては大雨のたびに洪水を引き起こしていました。
そのため、江戸時代と昭和に流路変更の工事が行われています。

1575年6月に築かれた説が有力です。

1569年に今川氏真が滅びた後、遠江を巡って徳川家康は武田信玄と激しく争いました。
二俣城は徳川家康の城でしたが、1572年に武田軍が奪いました。
武田信玄の死後、1575年5月に長篠の戦で武田軍は壊滅的な敗北を喫しました。
その直後、徳川家康が二俣城を攻めました。
この時に二俣城を包囲するように6か所の付け城が築かれました。
鳥羽城はその中の1つで、徳川家康が本陣を置きました。
二俣城をめぐる攻防戦は半年続き、城兵の安全を条件に城方が降伏しました。
以後、大久保忠世が二俣城の城代となり、修築を重ねて堅く守りました。

1582年3月、武田家滅亡
1582年6月、本能寺の変
その結果、徳川家康が信濃・甲斐を版図に加えました。
信濃と遠江の境目にあった二俣城は、その重要度が下がりました。
城代の大久保忠世も、信濃の小諸城に詰めることが多くなったそうです。

1590年、堀尾氏が二俣城と鳥羽山城を改修しました。

徳川家康が関東へ移ると、遠江には堀尾吉晴がやって来ました。
二俣城には、その弟・堀尾宗光が入りました。
堀尾宗光は二俣城と鳥羽山城を総石垣の城に改修。
鳥羽山城を自らの居館とし、来客をもてなすため庭園も整備しました。

1600年、廃城となりました。

関ケ原の戦の後、堀尾吉晴が出雲へ移りました。
その後は徳川家の直轄地(天領)となり、中泉に代官所が置かれました。
二俣城はその後使用されず、鳥羽山城とともに廃城となりました。


所在地:静岡県浜松市天竜区二俣町二俣

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。