大平城/静岡県浜松市浜北区 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

大平城(おおだいらじょう)は、井伊氏の城ではもっとも堅固な山城でした。訪問日は2015年1月10日です。

【写】大平城①

大平城はかなりメジャーな城跡なのでしょうか。綺麗な道沿いに立派な駐車場があります。・・・とはいえ、ここが満車になることがあるのか?というくらいに立派ですけどw

【写】大平城②
拡大表示

この駐車場にこれまた立派な説明板があります。早速この説明板に載っていた図をパクリます。図を見る限り、往時はこの左側から城に登るのが正規のルートだった感じです。

【写】大平城③

登城口の階段脇に、味のある城址碑があります。何となく不気味な感じに見えなくもありませんが・・・

【写】大平城④

階段を上がってすぐの所にある五体力神社です。変わった名前だなぁ、なんて思いました。どんな神社なんだろう?って縁起を読みましたが・・・昔からこの辺りで心霊現象が多発するとのことで、慰霊のため大正時代に建立したのだとか。・・・陽が暮れて来たら、さっさと退散した方が良さそうですねあせる

【写】大平城⑤

神社を過ぎた所にあるのが「出曲輪」です。ちょっとした土台のような感じになっています。高さは5m程でしょうか。それ以外、土塁や堀などの遺構は見当たりません。巨大な馬出しの土塁といった感じです。

【写】大平城⑥

そのまま先へ進むと、通路がシダで覆われています。ただ草深いだけならともかく、急な下り坂になっています。「草虎口」とでも呼びたくなりますw

【写】大平城⑦

草虎口を下った所に、この案内があります。もはや文字は消え失せ、どっちが何なんだ?って感じですが・・・来た所から遠ざかる方が城跡なんだろう?って感じで進みます。

【写】大平城⑧

すると、道らしい道が無くなり、緩い斜面の所々が削平された所に出ました。これは直登しなさい!ってことですね?

【写】大平城⑨

登り切った所にこの案内。ここでも文字は消え失せ、ココがどこなのか?ですが・・・

【写】大平城⑩

進行方向右側に細尾根が続く感じだったので、あぁこっちね!と進みました。辿り着いたのが「東曲輪」です。「東」に目一杯力を注ぎ、「曲」は何となく書き、「」はもういいやwって感じです。「短気だけど完璧主義」な方が陥りそうなアルアルですね!城跡巡りの楽しみは、遺構を見るだけでは無いんだと、改めて感じます。

【写】大平城⑪

東曲輪の先にはただならぬ地形が見えます。さっき文字が消えてた所は「本曲輪」なんですね?今更ですけどw

【写】大平城⑫

私の大好物・堀切ですヾ(*´∀`*)ノまさか、南北朝時代のお城にあったなんて!あまり期待していなかっただけに、もうゴチソウサマです恋の矢

【写】大平城⑬

東曲輪を堪能した後は、本曲輪の北側の腰曲輪に沿って進みました。平らな所が途切れ途切れなので、斜面を無理やり横切りました。ここは西曲輪の北側にある「空堀」の所です。遠目にも「ゼッタイ何かある!」という所です。

【写】大平城⑭

ほらラブラブ

【写】大平城⑮

Uターンして、西曲輪の端の方へ進みます。きっとこっちにもスゴイのがあるに違いない!と期待していました。

【写】大平城⑯

西曲輪にある堀切です。こちらの守りは手薄だったのかもしれませんあせる

【写】大平城⑰

もういいや、でUターン。城から出ようと、元来た方向へ進みます。すると、本曲輪の西側の通路にこれがありました。え、ここ?って感じです。

【写】大平城⑱

城址碑が本曲輪ではなく、その脇の通路にあります。ちょっと離れてみると、本曲輪のかなり下にあるのがわかると思います。誰もが間違いなく通るという通路ではないので、見落とす方が結構いると思われます。

【写】大平城⑲

さて、最初に通った草虎口は通りたくないと思い、脇から下る道を選びました。最初の図でいうと、五体力神社の右側の道です。こちらは谷間に付けられた脱出用の隠し通路のような感じでした。

【写】大平城⑳

無事に最初の道に戻ることができました。その出口にあったのがこれ。登る人は「ああ、ここよそうね」ってなると思いますが・・・下る人が見るのは、もう通っちゃった後です。おいおいって感じですwww


◆歴史◆

井伊氏最強の山城でした。

ですが、歴史に登場するのは一度キリ1339年から翌年にかけて、北朝軍が宗良親王率いる遠江の南朝勢力を攻めた時です。この城の主は井伊氏で、浜松市北部を中心に広大な領地を持っていました。

1337年には北朝方で駿河守護の今川範国と、三方が原で戦っています。その2年後、北朝方の中心人物・足利尊氏が、最強の家臣達を討伐に向かわせました。ということは、遠江では南朝方が優勢だったということかもしれません。・・・よく調べてみたら、宗良親王は東国へ向かう途中で船が座礁。そのため、近くにいた南朝方の井伊氏の元に身を寄せただけのようですあせる

遠江討伐軍は、仁木義長はや高師泰らが主力でした。北朝軍は井伊氏の城を次々と降し、宗良親王が籠城していた三嶽城も落ちました。すると、まだ落ちずに抵抗していたココ大平城へ移りました。そして1340年8月、仁木義長の夜襲によってついに大平城も落城しました。宗良親王は城を脱出し、越後?越中?信濃?駿河?のいずれかに落ち延びました。

井伊氏は北朝方に降ったようで、後に九州探題・今川了俊に従った配下にもその名が見えます。ですが、尾張の斯波氏と今川氏が戦となると、あっさり斯波氏に味方したようで・・・今川氏に従いつつ、ことあるごとに離反を繰り返したようです。斯波氏が遠江に侵攻して井伊氏が寝返った時、拠点として使われたのは三嶽城でした。北朝方の猛攻に最後まで落城しなかった大平城は、その後使われた記録がありません。


所在地:静岡県浜松市浜北区大平

静岡県の城跡/なぽのホームページを表示