なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
千頭峯(せんとうがみね)城は、南北朝時代の城とは思えない程に遺構がよく残っています。
訪問日は2015年1月10日です。

【写】千頭峯城①

登城口周辺です。
城域の真ん中を新しい道が貫いていますが・・・
規模の大きなお城で、本城はこのトンネルの上にあります。
トンネルの南側に、訪城者用の駐車場と立派な説明板があります恋の矢

【写】千頭峯城②

ということで、説明板に載っている図です。
かなり範囲が広いですが、実はこれでも「本城」と呼ばれる部分だけです。
周囲に砦をいくつも巡らせており、全体としてはかなり大規模な城塞群でした。

郭の配置と道が描かれていますが、私が辿った道が描かれていないような気がします。
なんとなくですが、オレンジ色の破線でそのルートを書き込んでみました。

【写】千頭峯城③

登城口です。
トンネル左脇の舗装道から右側へ登る道が付けられています。
この道はトンネルの上を通り過ぎ、そのまま高い所へ向かって伸びて行きます。

【写】千頭峯城④

トンネルからまっすぐ高い所へ向かい、稜線上の道に出ます。
ここには「荷馬街道」なんて案内がありました。
いかにも、籠城に備えて兵糧を運び込んでいる感じのする名前ですね!
ここを左へ進みました。

【写】千頭峯城⑤

お城っぽい雰囲気がプンプンしてきましたヾ(*´∀`*)ノドキドキ

【写】千頭峯城⑥

東曲輪にある小さな郭と郭の間はこんな感じ。
堀切ですラブラブ

【写】千頭峯城⑦

その先にあるひと際高い所に「東曲輪」とありました。
図でいう「東一の曲輪」です。

【写】千頭峯城⑧

そこから斜面を登り、1つ上の平場に出た所が「二曲輪」です。

【写】千頭峯城⑨

またさらに斜面を登って行くと、その先に二曲輪の時よりも立派な虎口が見えて来ました。
現在は足元に丸太を渡して歩きやすくしていますが・・・
この丸太が無いと落ち葉たっぷりの急斜面で、滑りまくって登れませんね!

【写】千頭峯城⑩

本曲輪です。
一番高い所にきれいに削平されたいい場所ですラブラブ
「いい場所」の基準がサッパリわかりませんけど┐(´д`)┌w

【写】千頭峯城⑪

で、一番奥まった所にこの石碑があります。
戦没者の慰霊碑ですか・・・
石碑自体はちょっと新しい感じがします。
建てられたのは南朝が美化された明治以降でしょうか?

【写】千頭峯城⑫

石碑の脇からは、西曲輪への急な道があります。
せっかくなので、攻めてみました!
・・・普段は一度下って、また登り直すのが嫌で行かないんですけどねあせる

【写】千頭峯城⑬

上から見えていた平場が二曲輪です。
図では本曲輪の北側をぐるっと囲んでいたようです。

【写】千頭峯城⑭

さらに道を下ると、西曲輪の案内があります。
ここから堀切のような道に沿って進むと、低い土塁に囲まれた空間に出ます。

【写】千頭峯城⑮

西曲輪です。
低い土塁に囲まれた藪といった感じです。
載せようかどうしようか迷いましたが・・・
載せなければ載せなかったで気になりますよね?w


◆歴史◆

南北朝時代に奥山氏により築かれたと考えられています。

奥山氏は井伊氏の一族で、約6km北東の奥山城(地図)を本拠としていました。
南北朝時代には井伊氏や奥山氏は、南朝方として宗良親王を迎えて戦いました。

1339年、北朝方の高師泰に攻められました。
この時、近在の浜名氏は寝返り、北朝方としてこの城を攻めています。
籠城戦は3か月にも及びましたが落城。
北朝軍は三岳城(三嶽城)も攻略し、遠江での南北朝の争いは終結しました。
宗良親王は越後・越中に滞在した後、信濃国大河原に移り、北朝への抵抗を続けました。
井伊氏や奥山氏はこの後も続き、最終的には徳川家康に仕えています。

千頭峯城が歴史に登場したのはこの時だけです。


所在地:静岡県浜松市北区三ヶ日町摩訶耶

なぽのホームページ/静岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。