豊川城/愛知県豊川市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

豊川城は光明寺に城址碑があるだけです。訪問日は2014年8月7日です。

豊川城①

光明寺の山門です。たぶん、かつては塀で囲まれていた、と思います。そうでなければ、「なぜここに門?」ってなっちゃいますし。・・・もともとかもしれませんけどw

豊川城②

この門の右手に、愛知縣が建てた城址碑がありますヽ(´∀`)ノ愛知縣、いい仕事します合格ちょっと気になるのは、この石碑の向き。お寺そのものが城跡なら、お城をバックにする角度で設置されると思うのですが・・・気のせいでしょうか?

豊川城③

門の左手には、お寺の説明板があります。設置したのは教育委員会。ただ、この説明の中にお城の事が一切書かれていません。
気・に・な・る(゚∠゚)


◆歴史◆

詳しい事はサッパリ。
光明寺の説明板では、天文年間(1532~55年)に開創されたと書かれています。なので「お寺=城跡」ではなく、豊川城はお寺に隣接していたかもしれません。

『三河国二葉松』には次のように記載されています。

豊川村古屋敷
頼朝卿幼年之時代大江入道定厳住居後
小笠原少目水野佐渡守同八十郎領三千石

全部漢字ですあせる
崩して読むと

源頼朝が幼年の時代に大江入道定厳が住んでいた。のちに小笠原少目、水野佐渡守、水野八十郎が3000石を領する、でしょうか。それぞれの人物をググるもサッパリヒットせず…

それでも、この中で一番ヒットしたのが小笠原少目です。それでも出てきたのは豊川神社絡み。年代は書かれていませんが、小笠原少目が豊川に住み、以後地元の名族になったというもの。以後「社殿の造営宝物の寄進に力をそそぎ代々当社を崇敬した」そうです。

この辺りの小笠原氏といえば、三河国幡豆郡や遠江の高天神城の小笠原氏が近い感じです。彼らは1500年代初め、家庭内不和を理由に府中から松尾へ移った小笠原一族です。松尾小笠原氏は1505年に三河へ出兵しており、以後幡豆郡で小笠原氏の名が登場します。高天神城の小笠原氏は、三河国幡豆郡から更に遠江へ移った一族です。

豊川神社の由緒では、1645年に小笠原忠知が青銅製六角形釣燈籠を奉納しています。小笠原忠知は吉田藩主で、府中小笠原氏の子孫です。推測が正しければ小笠原少目とルーツが同じです。同族が崇敬する神社ということで、奉納したのかもしれませんね。

1638年、陣屋が取り壊されました。

小笠原氏の次に名前が挙がっているのが、水野佐渡守と水野八十郎です。彼らもサッパリヒットせず・・・豊川神社の由緒では、1630年に水野佐渡守が刀一口を献納しています。水野佐渡守は1635年に没し、子の代に領地を没収されたとあちこちで書かれています。兄の水野勝成でググると、弟・忠重としてそんな一事がひっそりと書かれているだけです。何があったのかはサッパリですあせる


所在地:愛知県豊川市西豊町(光明寺)

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示