森城/愛知県豊川市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

森城跡は神社です。訪問日は2014年8月5日です。

森城①

森城があった場所には、望理神社があります。地形があまりに平坦で、要害性ゼロに見えます。ただ、Googleの航空写真で見ると、周りを田んぼで囲まれています。規模は小さいながら、微高地に館を築いた感じのようです。

森城②

何かそれっぽいもん無いかな~
・・・やっぱり神社です。

森城③

裏手に土塁の跡があるらしいので、回り込んで見ました。まだまだそういうモノが見えるレベルではなかったようですw


◆歴史◆

1460年、佐竹政義により築かれたと伝わります。

佐竹刑部大夫は常陸守護・佐竹氏の一族で、はじめは宝飯郡中条郷鍛冶村に来ました。その後、1460年に当地に移って森城を築きました。常陸守護の一族がなぜ?と思いましたが・・・この年代に常陸で何があったのかを調べると、それっぽい事がザクザクw

ちょっと前の常陸では、佐竹宗家で跡継ぎが絶えました。
すると鎌倉公方・足利持氏は、関東管領の次男・上杉義憲に佐竹氏の家督を継がせました。家柄が家柄だけに、一族が快く思うはずもなく・・・先代の弟・佐竹与義がブチ切れました。佐竹与義は山入を本拠としたため、山入氏とも呼ばれます。そのため、佐竹宗家と山入佐竹氏の争いを「山入一揆」と呼びます。この争いは88年続き、山入氏が滅ぼされるまで続きました。

・・・長くなりそうあせる

1416年の上杉禅秀の乱、一色時家が関東を去った1438年永享の乱などで佐竹一族は分裂。1452年には佐竹宗家で家督争いが起こり、嫡男・佐竹義俊が追放されたりしています。佐竹政義が誰に従って、いつ三河に移ったのか???ですが・・・永享の乱の時であれば山入佐竹側、1452年であれば佐竹宗家の嫡男側だったと思われます。はじめから一色時家を頼るつもりだったとすれば・・・と、妄想は尽きませんメラメラ

森城の佐竹氏は、地理的に一色時家→波多野全慶→牧野氏の順に仕えたと思われます。家臣扱いでなければ客将的な感じだったかもしれませんが・・・三河の歴史を漁っていても、武将としての佐竹氏の名は出てきません。

ただ、いろいろググってみると、望理神社や淡州大明神社の棟札が出てきました。願主として佐竹姓が記されているのですが、その年代は1600年代の江戸時代です。佐竹氏は当地で家名を保ち続けたようです。戦国時代の割と早い時期に帰農したのでしょうか?


所在地:愛知県豊川市森(望理神社)

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示