坂崎古城/愛知県幸田町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

坂崎は徳川家康の側近・平岩親吉のお城がありました。
訪問日は2014年8月5日です。

坂崎古城①

Google Mapを眺めていると、右下の辺りに「城」って書かれています。すぐ近所に天野氏の坂崎城がありました。航空写真で見ると、周りを田んぼで囲まれた島のようになっています。その島の西半分が「城」、右半分が「的場」という地名です。右半分の方が土塁のような木々に囲まれているので、そっちの方がお城っぽい感じがします。

坂崎古城②

でも、まぁ、世間一般的にはこっちが城跡ということになっています。住宅街になり遺構らしいものは見当たりませんが、外周部がこんな感じになっています。かなり浅く要害性はゼロですが、堀跡でしょうか・・・?


◆歴史◆

平岩氏のお城でした。

平岩氏は弓削氏一族とされます。弓削氏は河内国で栄えた氏族なので、何かの折に三河に移ったのでしょう。それがいつどういう経緯なのかはわかりませんでした。

三河では平岩の他に長坂や都筑にも領地があり、それぞれ地名を名乗ったそうです。ということは、ご先祖様はかなりの大物だったということですね!それが誰なのかサッパリですが・・・

平岩氏は、初代の平岩氏貞は今川氏に仕えました。平岩重益からは松平氏に仕え、松平信光・親忠・長親の三代に仕えました。松平信光より前の時代で今川家臣ということは、吉良氏と関係があるのかも?今川氏は三河の吉良氏から派生していますからね!色々想像を巡らせるとキリがありませんあせる

平岩親吉は徳川家康の側近でした。

徳川家康と同い年の平岩親吉は、竹千代に従い一緒に駿河で暮らしていました。
ずっと近くで仕えていたため信任も厚く、家康の嫡男・信康の傅役を務めました。しかし、1579年にその松平信康が切腹しました。平岩親吉はしばらく蟄居していましたが、徳川家康が再三要請したこともあり復帰。武田家滅亡後は甲斐一国を任され、関東移封後は厩橋3万3千石を与えられました。関ヶ原の戦の後は尾張徳川家の附家老となり、犬山藩12万3千石に。しかし、跡継ぎがないまま没し、平岩家は断絶となりました。

平岩親吉は、徳川家康から暗殺役を命じられることが度々あったようです。1576年、水野信元が武田勝頼に内通していると讒言された時、岡崎の大樹寺で暗殺しています。また、1611年にあった豊臣家臣の相次ぐ急死は、平岩親吉による毒殺説があります。その説によると、相手を油断させるために、自ら毒見としてその饅頭を食べたそうです。それが原因で亡くなったそうですが、並の覚悟で出来る事ではありませんね。


所在地:愛知県額田郡幸田町坂崎

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示