寺部城/愛知県西尾市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

ここは「小笠原諸島」の名の由来となったお城です。
訪問日は2014年8月5日です。

西尾寺部城①
拡大表示

寺部城内にある図です。
私は上にある「登り口」の所から登りました。

西尾寺部城②

その「登り口」周辺です。
どこから登るんだ?って位に立派な城塁です。

西尾寺部城③

ありました(´∀`)

西尾寺部城④

登りきると、小さな祠と説明板があります。

西尾寺部城⑥

ついでに標柱も!

西尾寺部城⑤

そして、町並みの向こうには海が。

西尾寺部城⑦

立派な土塁もあります合格


◆歴史◆

幡豆小笠原氏の城でした。

築城年代は不明ですが、幡豆小笠原氏の城でした。小笠原定政が早川三郎から奪ったのですが・・・幡豆小笠原氏を調べると、わからないことだらけです。

「幡豆小笠原氏」でググると南北朝時代の人物がヒットします

ココ寺部城とは直接関わりがなさそうです。
概略だけザックリ書くと・・・
・信濃で力のあった小笠原氏宗家が起源。
・鎌倉時代末期の霜月騒動で没落し、三河へ流浪。
(その後信濃で栄えた小笠原氏は庶流です)
・室町時代になり、三河守護・一色氏に仕える。
・その一色氏と対立し、滅ぼされた。
といった感じです。
幡豆郡のどの辺で暮らしていたのかは?です。

1500年代初めに小笠原氏の一族が三河国幡豆郡に移りました。

寺部城は小笠原定政が1514年に早川三郎から奪ったとされます。その小笠原定政は、信濃国守護の府中小笠原家の人物です。父・小笠原貞朝が後妻の子・長棟を寵愛したため、先妻とその子・長高が松尾へ移りました。松尾小笠原氏は府中小笠原氏と対立しており、先妻の出身である武田氏と親交がありました。

この頃、遠江を巡って尾張の斯波義寛と駿河の今川氏親が争っていました。この争いに小笠原氏も絡み、斯波氏には府中家、今川氏には松尾家が加勢しました。まずは1501年に府中家の小笠原貞朝が遠江に出兵し、今川氏親と戦いました。その報復として、1506年には松尾家の小笠原定基が三河に出兵しました。

この争いは今川家が優勢でした。斯波義達は1515年の戦で今川軍に捕らえられ、坊主頭にされて尾張に帰されました。これにより斯波家の権威は失墜し、守護代・織田家の台頭を招くことになりました。

おっと脱線脱線・・・

ここからは推測ですが・・・斯波軍に一度は奪われた三河の領地を、松尾小笠原軍が奪還。吉良氏の領地に接する寺部の地が、松尾小笠原家に与えられたのかもしれません。当時の吉良氏は今川家寄りでしたので。そこで、府中から亡命していた小笠原長高・定政がこの地に送られたのでしょうか。

その後、小笠原長高は今川氏を頼って遠江に移り、子の春義は高天神城主となっています。幡豆郡の小笠原氏は、切城の摂津守家と寺部城の安芸守家の2系統がありました。切城が元で、後から寺部城を得て分かれたのでしょうか???

1550年、信濃で府中小笠原氏が没落しました。

武田信玄に攻められて本拠・林城が陥落。その後の小笠原長時の足取りは定かではありませんが、寺部にも逗留したとされます。小笠原長時はその後、同族の三好長慶を頼って上洛します。

今川義元→松平元康に仕えました。

1560年の桶狭間の戦の後、幡豆の小笠原氏は松平元康に仕えました。
たぶんですが、1561年じゃないかと思います。

1561年、松平元康は今川家からの独立戦争として、東条城の吉良氏を攻めました。1563年にあった三河一向一揆では、幡豆の小笠原氏は松平方として戦っています。これらの状況から、1561年の東条城攻め前後に松平家に降ったものと思われます。

1566年頃、府中家の小笠原長時が逗留したとされます。

1566年の三好三人衆の没落を機に、小笠原長時は京を離れて越後へ向かいます。その途中で、同族の城である寺部城に逗留したそうです。その後、小笠原長時と嫡男・長高、三男・貞慶は別々に行動するようになります。

父親の長時はまず上杉謙信を頼り、後に会津の蘆名盛氏の客分となりました。

長高は1571年に高天神城が武田信玄に攻められた時、救援に行っています。どこから?という疑問は、ここからなら近いので自然ですよね?その後越後へ移り、1581年に越中で織田軍との戦の中で戦死しました。

貞慶は京に残り、足利義昭、織田信長に仕えました。織田信長は、武田勝頼を滅ぼしたら信濃に領地を与えると約束していましたが・・・約束の地は木曽義昌に与えられ、直後に織田信長は本能寺に斃れました。すると、今度は徳川家康に仕えました。なぜだろう?と考えると、居場所が無くなって幡豆郡に来たのでは?と考えられます。この時、府中小笠原家の家督は貞慶が継いでいました。徳川家康は天正壬午の乱では信濃攻略に乗り遅れましたが、貞慶を使って挽回しています。

1590年、廃城となりました。

城主・小笠原広重が徳川家康の関東移封に従い、上総国富津へ移りました。それまで同様、小笠原氏は得意の航海術で船手方を務めたそうです。

1593年、小笠原貞頼が小笠原諸島を発見しました。

徳川家康から「南の海で島を見つけたらあげる」と言われ、本当に見つけました。当時の天下人・豊臣秀吉にも認められ、小笠原諸島を安堵されたそうです。

1727年、この時の記録を元に、子孫が南海探索と領有を江戸幕府に願い出たそうです。しかし、『出自が怪しい』と罪に問われてしまいました。ご先祖様の小笠原貞頼は小笠原長時の嫡男・長高の子で、小笠原広重の娘婿でした。豊前小倉藩の大名・小笠原氏の嫡流が、浪人やってるなんて信じられなかったんでしょうねw


所在地:愛知県西尾市寺部町

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示