設楽城/愛知県東栄町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

設楽城は国道151号沿いに案内があり、脇道に入ると辿り着けます。訪問日は2014年8月6日です。

設楽城①

これが国道沿いにある案内です。周りは何も無い直線道路なので、多分城キチ様なら見落とさないと思います。だって「城」の字があると、無条件に反応するのが我々だからです。・・・一緒にするな!って言われちゃいそうですネあせるそんな症状のヤツも居るということで。

設楽城②

案内の所から脇道に入り、ズンズン進むとここに辿り着きます。雰囲気的にここは駐車場のようです。セメントで舗装された道はまだまだ続きますが・・・ちょっと路面がボコボコで傾斜も急な感じ。オンロードバイクなので無理せず、ここからは歩きました。

設楽城③
拡大表示

上の写真に写っている通り、説明板や案内板がかなり充実しています。その中の1枚に載っているのがこの図です。やっぱりココって駐車場だったんですね。堀切を1つ過ぎちゃった感じですが・・・この時にちゃんと図を見ておらず、見落としていますあせる

設楽城④
拡大表示

同じ板に載っている図です。こちらは立体的で、城の雰囲気が伝わってきます。舌状台地の根元を堀切で区切った感じだったんですね!ただ、先っちょの2本は、城キチなら「竪堀だろ?」って言いそうな感じです。現状はそうなのですが、元々は堀切があった所らしいです。堀切の両サイドが竪堀って、よくありますよね?

設楽城⑤

説明板をパチリパチリしたので、コンクリートの道を登ります。登り切った所の何か見えますよね?

設楽城⑥

それがこの堀切です。登城路脇にこんな感じでバッチリ見えます。という事は、道を造るために半分崩したという事ですね・・・

設楽城⑦

その先にある削平地が2郭です。奥側に土塁が見えます。

設楽城⑧

更にその奥には石碑が見え、その先がありません。ということで、主郭まですぐそこです。その手前で両サイドがちょっとくびれた感じに。そこに立てられている板には「堀切」と書かれています。

設楽城⑨

これがその「堀切」です。写真の左側が主郭で、右側が2郭です。地面がチョッチ窪んでおり、何となくですが名残が感じられます。土質が違うはずなので、やろうと思えば堀切を復活させることも可能と思われます。・・・まぁやらないでしょうけどw

設楽城⑩

そして、ここが一番奥の主郭です。立派な石碑が2つ並んでいます。空気を読めば、左のチョットのっぽな方が城址碑なのかと思いますが・・・石碑の文字を見ておらず、写真もぼやけていて文字が判読できず・・・やっちまった感でいっぱいです (((´・ω・`)


◆歴史◆

築城年代は不明です。

初代は設楽資時で、1190年に設楽八名の領主として赴任して来ました。その後、1312年に設楽重清が岩瀬郷(新城市)へ移りました。なぜ移ったのかは???ですが・・・その頃にココを居城としていたのかも???です。

別所城主・伊藤氏により整備されたと考えられています。

伊藤氏が別所城を築いたのは永正年間(1504~21年の間)とされます。その別所城の支城として、設楽城を整備したものと思われます。

1575年、廃城となりました。

伊藤貞次が武田勝頼に味方して長篠の戦に敗れ、甲斐へ逃れました。そのため城主不在となり、廃城となりました。


所在地:愛知県北設楽郡東栄町中設楽

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示