なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
安祥城の跡はお寺や神社となっています。
訪問日は2014年8月5日です。

安祥城①案内図
▲案内図

城跡は主郭に大乗寺、2郭に八幡社、3郭に安城市歴史博物館があります。
その周りの城域は城址公園として整備され、主郭と2郭の間の堀跡に案内図があります。
こうやって見ると、郭の配置こそ残っているものの、かなり破壊された感じがします。

安祥城②堀跡
▲堀跡

主郭と2郭の間の堀跡ですが、掘ったというより地形をそのまま利用した感じです。
現在は公園の一部となっています。
かなり広いので、城を包囲されて篭城してる時は連絡が取り辛かったのでは?と思います。
それでも守るに易く攻めるに難い城だったようです。

安祥城は東~南~西を湿地に囲まれており、攻め口を北に限定する造りだったようです。
そのため、主郭と2郭の間の堀は防御施設として考慮されていなかったかも。
太原雪斎が織田方の意表を衝いて南から攻めると、たった2日で落城してますし。

地図で見ると城跡を水色が囲んでいますが、後世に造った公園の池といった感じです。
かなり大袈裟に描いてるので、ちゃんとした水堀があるのか?と期待してしまいました。
現在はただの住宅街となっていますが、城のすぐ北に「城堀」なんて地名があります。
かつてはそこに凄い堀があったのかもしれません。

安祥城③城址碑
▲城址碑

お城があったっぽい雰囲気ではありますが、明確な遺構はありません。
地形が何となくそれっぽいので、どんな堅城だったのかと想像を巡らすしかありません。
そんなお城なので、モニュメントがあるととても嬉しくなります合格
この城址碑は、主郭のあった大乗寺の山門前にあります。

安祥城④城塁
▲城塁

主郭や2郭の周りをぐるぐる見てると、こんな感じの城塁が見られます。
どちらの郭も周囲よりちょっと高いので、簡単に登れないように端を削ったのでしょう。
・・・とは言え、今は簡単に登れそうな感じですあせる
わかったように書いていますが、当時まだ私は生まれていないので、全部想像ですw


◆歴史◆

1440年、和田親平が築きました。

安城は志貴荘と呼ばれ、倉時代には安藤氏、室町時代には畠山氏が地頭を務めていました。
室町幕府の奉公衆だった畠山宗元が土着し、安祥古城を築いたのが城の始まりです。
畠山宗元は和田姓を名乗るようになり、5代目の和田親平が新たに安祥城を築きました。

1471年、松平信光が無血攻略し、安祥松平氏の本拠地となりました。

松平氏は松平郷を本拠とし、室町幕府政所執事・伊勢貞親の被官でした。
この頃は応仁の乱の最中で、伊勢氏は西軍、畠山氏は東軍でした。
伊勢貞親の指図により、三河西部では松平氏、三河東部では戸田氏が勢力を拡大しました。
岩津城主・松平信光が計略により安祥城を攻略し、以後「安祥松平氏」と呼ばれています。
この家系が松平氏の宗家となり、後に徳川家康を輩出します。

1531年、松平清康が岡崎城を築きました。

1529年に三河を統一した松平清康は、安祥城の東の岡崎城を整備しました。
三河一国を統治しようとすると、安祥城では西に偏り過ぎていたためとされます。
本拠を岡崎城に移したとか移してないとかハッキリしませんが・・・
子の松平広忠の代には、岡崎城が本拠となります。

1540年代、織田信秀に奪われました。

松平清康は20歳そこそこで三河統一を成し遂げるなど、とても凄い武将でした。
さらに勢力拡大を図り、西隣の尾張にも度々兵を出していました。
1530年頃には尾張北東部の品野郷や、東部の岩崎郷などを奪っています。
しかし、1535年に守山城を攻めた際、家臣に斬殺されて26歳でこの世を去りました。
俗に「守山崩れ」と呼ばれ、以後しばらく松平氏は苦しい時期がありました。
織田信秀は松平清康の死後、東へ勢力を拡大して三河に攻め込んで来ました。
小豆坂の戦いなど数度の戦により安祥城は陥落し、織田方の城となりました。
ただ、その年次はハッキリしていません。
織田信秀は岡崎城とは川1本隔てた安祥城を押さえ、三河制圧まであと1歩の所まで迫りました。

松平清康の跡を継いだ広忠は、勢力を取り戻そうと四苦八苦しました。
父が没した時の広忠は10歳弱で、一時は叔父の松平信定に岡崎城を奪われました。
家臣団に支えられ、今川義元の力を借りて何とか岡崎城を奪還しました。
ただ、松平家中は急速に求心力を失い、織田や今川に仕える者が少なからずいました。

1545年、松平広忠は織田方となっていた安祥城を取り戻そうと、無謀な戦を仕掛けました。
反対する家臣を振り切って起こした戦は案の定大敗し、没落は決定的となりました。

1549年、今川義元が奪い返しました。

1549年、そんな事もあってか、岡崎城内で父と同じく家臣により斬殺されてしまいました。
これを受けて素早く動いたのが、駿河の今川義元でした。
早速、今川家臣を三河各地に配置し、太原雪斎に2万の軍勢で安祥城を攻略させました。
すぐには陥落しませんでしたが、半年後に攻略して城主・織田信広を生け捕りにしました。
この時、織田信広と竹千代(徳川家康)が交換され、竹千代は尾張から駿府へ移されました。
安祥城には今川義元の家臣・天野景泰、井伊直盛らが城代として置かれました。
岡崎城も今川義元の家臣・山田景隆が城主となり、三河を領国化しました。

1551か52年、織田信秀が没しました。
これにより、三河と尾張の国境地帯では、今川義元に寝返る者が続出しました。

1555年頃から、織田信長が反撃に転じました。
今川義元に寝返っていた山口教継や戸部政直などを、謀略で排除しています。
また、今川方の鳴海城や大高城などを、多数の砦を築いて包囲するようになりました。

1560年、桶狭間の戦で今川義元が討ち取られました。

今川義元が織田信長を攻めましたが、桶狭間で奇襲に遭い討ち取られました。
今川軍は大将を失って駿河へ逃れ、松平元康は岡崎城を奪って独立しました。

1562年、廃城となりました。

その後、しばらくの間は織田信長との間で小競り合いが続きましたが・・・
1562年に松平元康と織田信長は清洲同盟を結び、役割を終えた安祥城は廃城となりました。


所在地:愛知県安城市安城町

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。