大草城/愛知県知多市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

知多の大草城は公園になっています。訪問日は2014年8月4日です。

知多大草城①外側から見た水堀
▲外側から見た水堀

どういう経緯なのかサッパリ覚えていませんが、大草城へは北東から入りました。そこの入口がココです。薄暗いジャングルに伸びる階段のように見えますが、下の水たまりは水堀ですw

知多大草城②水堀
▲水堀

木々が鬱蒼と繁る中にあるので、まるでジャングルの中のようです。ここを攻める兵士だったら、この中に入るのは嫌ですね。だって、色々体にまとわりついて来そうですから・・・

知多大草城③土塁
▲土塁上の遊歩道

水堀の内側は、結構高い土塁で囲まれています。さすがは織田信長の弟が築いただけのことはあります。かなりの規模です!

知多大草城④土塁
▲内側から見た土塁

土塁の内側から見たところです。かなりの高さの土塁で囲まれています。外からは全く見えないですね!防御力もかなり高そうです。

知多大草城⑤模擬天守
▲模擬天守

城跡は公園となっており、模擬天守もあります。ちょっと残念な感じの見た目ですがあせる周りはご覧の通りでグラウンドになっていますが・・・それでもかなり遺構が残っており、見所は多々あります。


◆歴史◆

1574年、織田長益により築かれました。

知多西部を治めていた佐治信方が、伊勢長島の一向一揆で討死しました。佐治氏は水軍を率いており、伊勢湾の海上権を握る有力な一族でした。桶狭間の戦以後は織田信長に仕えており、織田信長の妹・犬の方を娶っていました。それ以来織田一門の扱いを受けていましたが・・・佐治信方の嫡男・一成がまだ幼少のため、織田信長の弟・長益が補佐のためやって来ました。実質的には乗っ取りでしょうけど・・・織田長益は後の「有楽斎」と書いた方が分かりやすいかもしれません。はじめは佐治氏の本拠・大野城に入ったそうですが、水はけが悪いため新たに城を築きました。

1584年、廃城となりました。

その織田有楽斎が摂津へ移ったため、未完成のまま廃城となりました。この時期は小牧・長久手の戦があり、織田有楽斎が活躍したためと思われます。同時期に、大野城の佐治一成が羽柴秀吉の勘気を被って追放されています。以後の西知多は、織田信雄の領地となったようです。


所在地:愛知県知多市大草(大草公園)

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示