赤池城/愛知県日進市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

赤池城も城址碑だけのお城です。
訪問日は2014年8月4日です。

赤池城①南から
▲南から見たところ

赤池城の跡地は変電施設となっていて、遺構は全くありません。昭和40年代までは土塁が残っていたそうですが、破壊されてしまったそうです。さて、その城址碑を求めて彷徨った挙句、やっと見つけました。なので、今回も周囲の写真を載せておきます。

赤池城②北から
▲北から見たところ

南から見たときは木々&藪に埋もれて見えませんでしたが、北からはバッチリ見えています。道の両側が盛り上がった感じになっていますが、堀跡ではありませんよね?・・・と、平成の大発見に向け、虚しい布石を打っておきますw

赤池城③城址碑
▲城址碑

赤池城の城址碑です。これもオリジナリティーがあっていいですよね合格世界にたった1つしかない、貴重な石碑ですwww


◆歴史◆

天文年間(1532~54年の間)に築かれました。

初代城主は丹羽十郎右衛門だそうです。地図を見ていると、すぐ東に梅森城があります。そちらの歴史を調べてみると、松平氏が城主となり、すぐに居なくなっています。その時期が1530年代なので、尾張侵攻→守山崩れに連動したように見受けられます。そちらの城主が出家して城地にお寺を築いたのが1538年とされています。丹羽氏清が岩崎城に入ったのもこの年とされており、無関係ではないと思います。それに、赤池城の最初の城主様の名前が「十郎」ということは、長子ではないですよね。ってことで推測すると、松平氏撤退後、勢力の西端に丹羽氏清が子か弟を置いたのでしょうね。

1574年、廃城となりました。

歴代の城主様の名前は出てきますが、彼らの事跡がサッパリわからず。岩崎城の丹羽氏当主との関係もまったくわかりませんでした。わかった事は、3代めの城主・丹羽秀信が1573年に龍淵寺を開基した事くらいです。その翌年に丹羽秀信は没し、自ら開基した龍淵寺に葬られました。城主が居なくなった城は廃城となりました。


所在地:愛知県日進市赤池町

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示