南外山城/愛知県小牧市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

南外山城(みなみとやまじょう)は八幡神社に城址碑と説明板があります。
訪問日は2014年8月3日です。

南外山城/①八幡神社鳥居
▲八幡神社の鳥居

妙楽寺の西隣にこんな感じの立派な鳥居があります。ここが城跡とされる南外山八幡宮の入口です。

南外山城/②参道
▲八幡神社の参道

鳥居から奥を見ると、真っ直ぐな参道が伸びています。その先に見える建物が神社の社殿です。明るく写っていますが、夜明け直後なのでまだ電灯がついていますw

南外山城/③城址碑と説明板
▲城址碑と説明板

この参道の途中に城址碑と説明板があります。説明板には発掘調査で見つかった堀の写真が載っています。城址碑は北外山城のヤツとおそろいな感じです。


◆歴史◆

堀尾孫助の居城でした。

正中年間(1324~25年)には既に八幡社があったそうで、それ以前ということになります。この頃は鎌倉時代末期なので、本格的なお城というよりも居館だったのでしょう。手がかりはこれしか無いのですが、これで終わっちゃぁ城キチの名が廃ります。ってことで、少しだけ悪あがきしました。

堀尾氏は尾張国丹羽郡御供所を領地とする土豪でした。現在の丹羽郡大口町御供所には、その名も「堀尾跡」があり、堀尾氏の屋敷跡とされます。御供所は堀尾吉晴の出身地であり、一族の堀尾金助が1590年まで居ました。ということで、南外山の方が時代が早いでしょうか?

さらに堀尾氏を遡ってみると・・・堀尾氏は天武天皇の孫・長屋王の子孫である高階(たかしな)氏の末裔です。高階氏は宮廷に仕え、中には天皇の母親になった娘もいました。足利尊氏の執事を務めた高師直も本姓は高階氏だそうです。堀尾孫助は高師直より前の時代の人物なので、この頃には既に家系が分かれていそうです。

高階氏が御供所を所領としたのは、高階邦経の頃からと思われます。高階邦経は修理大夫であり、娘が後伏見天皇の後宮となっています。後伏見天皇は1288年生まれで、1298~1301年に天皇として在位しています。・・・堀尾孫助のちょっと前くらいの年代ですね?

高階邦経の子孫が堀尾氏を称するのは孫・忠明のさらに孫・忠泰からです。ってことで、「堀尾」だからと堀尾吉晴のご先祖様かと思いましたが、違うようですあせるただ、堀尾吉晴の別名が堀尾茂助なので、何となく名乗りは似ていますよね?そこの所がどうしても引っ掛かります。

堀尾忠泰は斯波義重に仕えた人物です。この人物についての事跡はサッパリわかりませんが・・・斯波義重が尾張守護になったのは1400年頃の事です。斯波氏の本拠はそれまでは越前でしたが、守護代である朝倉氏に乗っ取られていました。斯波義重は将軍に働きかけ戦もしたのですが、結局越前を取り戻すことが出来ませんでした。そのせいもあってか、尾張を新たな本拠と定め、国内の土豪達を自らの家臣としています。

だた、それまでは数年で守護が別の氏族に交代していたせいか、従わない土豪も居ました。織田常松は斯波義重と同時に尾張に入り、3年後に守護代となりました。その織田氏が尾張各地を支配している事から、かなりの土豪が制圧されたものと思われます。ということで推測ですが・・・わかりますよね?

斯波義重に従って転戦した高階忠泰が、堀尾氏の所領と名跡を継いだのかもしれません。高階氏の系図を見ていると、堀尾氏に連なる高階忠明は高階氏の嫡流ではありません。じゃぁ、高階氏嫡流はどうなったんだ?って、知りませんけどwww

堀尾忠泰以前の堀尾氏は、平安時代から室町時代まで別氏族として既に尾張に居たようです。平安時代の『兵範記』には、尾張国丹羽郡堀尾荘という地名が記載されています。また、鎌倉時代の『九条家文書』では、1295年に堀尾三郎朝綱の名が登場します。堀尾荘がどこなのかは謎ですが、堀尾朝綱は丹羽郡小弓荘の地を巡って原高国と争っています。丹羽郡小弓荘は現在の犬山市に比定されていますので、堀尾荘は隣接する地域と思われます。そして、同時期にここに堀尾氏が城を構えていたということは、小牧一帯という事でしょうか?この系統の堀尾氏の祖先は藤原吉国と考えられています。

・・・妄想は膨らむばかりですw

ということで、結局のところ堀尾孫助についてのあれこれはわからずじまいですあせる

1584年、小牧・長久手の戦で砦として再利用されました。

小牧山に本陣を構えた徳川家康が、南外山城跡を整備して砦としました。南外山八幡宮の社殿北側には、堀跡とされる窪みが残っており、この時のものと思われます。私自身は城址碑の所でUターンしてしまったので、堀跡は見ていないのですがあせるGoogle Mapのストリートビューで見ましたが、何となく雰囲気がわかります。


所在地:愛知県小牧市南外山(南外山八幡宮)

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示